実は国連から「子どもの人権侵害」への懸念で勧告を受けている日本

「国連からの、人権侵害に関する勧告」なんて、どこの途上国や紛争国が受けるものかと思われるかもしれません。
しかし我が国は、子どもの人権を侵害する該当国だったのです。
この事実はあまり知られていませんが、われわれ日本国民ひとりひとりが重く受け止めるべき事実ではないでしょうか。

リンク

~~~

子どもの権利条約」(児童の権利に関する条約)というのをご存知でしょうか?
大人と違って声があげづらい、子どもたちの権利や幸福を守るために、国連で想起された国際条約です。我が国も1994年に批准をしています。
児童の権利に関する条約(外務省HPより)
リンク
五十四条からなる条文によって様々な児童・子どもたちの権利が
うたわれているわけですが、こと社会的養護・児童養護の分野について言えば、「すべての子どもたちは家庭環境を得られるべき」である旨が明記されています。

さらには国連の「児童の代替的養護(=社会的養護)に関する指針」
リンク
の中でも、再三にわたって
「児童たちは原則、家庭環境が与えられること」
「施設養護は段階的に廃止、脱施設化を進めていくこと」
「施設への入所は、必要に応じたごく限られたケースのみとすること」
が述べられています。

もちろん、施設がまったく不必要だとは書いておりませんし、
施設で働く方々や育つ子どもたちを否定するものではありません。
(施設のような環境が必要な児童も一定数、必ず存在します)
しかし我が国では、こうした国際社会からの要請に眼をつむり、
今に至るまで施設養護・集団養護の政策を推し進めてきました。
進めたというより、家庭養護を無視してきたという方が正しいでしょう。

「子どもは3歳までは親元で愛情いっぱいで育てられるべき」なんて言いながら、「集団養育には、個別養育にも勝る多くの利点がある」
などという政策提言を受け入れて、乳児院や大規模施設の存続に手を貸し続けてきたのが日本の政治の実態です。

我が国では、「子どもは親の従属物」という社会通念から、親権=大人の権利を重視するあまり、子どもの権利や意志がないがしろにされてきました。
子どもの権利条約に批准しながら、いまだに親権者の意思を第一とし、
それを理由に施設措置を進める日本は国際条約に違反している状態と言えます。
そのような状況ですから、実は我が国は2010年、「国連子どもの権利委員会」から公式な報告書内で勧告を受けています。

子どもの権利委員会 第三回日本政府報告書審査 最終見解
(2010年6月20日の勧告)
52(親の養護のない児童)委員会は,親の養護のない児童を対象とする家族基盤型の代替的児童養護についての政策の不足,
家族による養護から引き離された児童数の増加,
小規模で家族型の養護を提供する取組にかかわらず多くの施設の不十分な基準,
代替児童養護施設において広く虐待が行われているとの報告に懸念を有する。

家族基盤型の代替的児童養護、つまり里親措置や特別養子縁組の取組みが著しく遅れていることを筆頭として、児童の権利を充分に担保するための政策が行われていないことが直接的に指摘されています。

「国連からの、人権侵害に関する勧告」
なんて、どこの途上国や紛争国が受けるものかと思われるかもしれません。
しかし我が国は、子どもの人権を侵害する該当国だったのです。
この事実はあまり知られていませんが、われわれ日本国民ひとりひとりが重く受け止めるべき事実ではないでしょうか。

 

 

 

匿名希望

子どもたちの「やってみたい」「好き」のサインを大人が見逃さず、自由にチャレンジさせてあげること

1つのことを極めることが大切。
私が子供のときは、これが美学だと教えられてきました。

果たしてそれがすべてか。
この記事を読んで、子供の「楽しい」を極める。
その先にも可能性が見える気がします
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(子どもたちの「やってみたい」「好き」のサインを大人が見逃さず、自由にチャレンジさせてあげることリンク
より引用)

とにかく長時間サッカーをすること、一つのスポーツにひたすら打ち込むこと。

それが成長につながると信じている大人がたくさんいます。


でも、本当にそうだろうか。


先日、ある少年がそう思わせてくれました。

近所のバドミントンをしている小学生。


「始めて間もないのに、長くやっている子よりいい動きをするんだよね」

と保護者の間でとても評判です。

見ていると、その子は、シャトルが飛んでくるまでの一瞬の間に、相手の位置をみて、打つ場所を確認しているようです。
小学生くらいのバドミントンの選手は、シャトルの動きだけに目を奪われることがほとんどだそうです。そのため、周りを見ることができるその少年に他の保護者は驚いています。

なんでそんなことができるのかな、と思って話を聞くと、その子はバドミントンのほかにサッカーもしているとのこと。
「サッカーでボールを受ける前にパスする相手や敵の位置を確認するから、バドミントンでも自然とまわりを見るんだろう」
とバドミントンのコーチが話していました。

まだどちらのスポーツをメインに決めるかは迷っているそうですが、保護者もどちらかに強制することなく、したいことをすればいいと見守っているようです。

きっと、バドミントンでの経験がサッカーでも生き、サッカーの経験がバドミントンでも生かされ、どちらを選んだとしても素晴らしい選手になるんだろうな。

先日ご紹介した、為末大さんの著書「遊ぶが勝ち」にもこんなふうに書かれていました。

日本人のスポーツ選手は、大学までは順調に伸びていくけど、そこから成長が止まってしまうタイプが多い。その原因の一つは、それまで多彩な身体経験をしてこなかったからかもしれない。

早い時点で一つの競技に絞りこんで、それだけをやってきている選手が多いのも日本の特徴だ。たとえばアメリカの選手は、多種多様なスポーツを体験してきてアスリートになっていく。ロシアでは体操が基幹スポーツなのでみんなが経験するが、そこから枝葉があちこちに伸びていき、まったく違う競技に取り組んでいくパターンになっている。そういう自由度や広がりは、貴重な体験になっているだろう。

子どもたちの「やってみたい」「好き」のサインを大人が見逃さず、自由にチャレンジをさせてあげること。

色んなチャレンジをさせることを大人が恐れず、子どもの可能性と成長を信じてあげられれば、日本の子どもたちはもっと輝けるのかもしれないな、と思います。

「絶対に」子育てを成功させる秘訣 その3

赤ちゃんがあなたに笑いかけるのはあなたを助けたいからです。
ペンを持って紙をはみ出しながらいろんなものを描いて見せようとするのはあなたを助けたいからです。
 砂やら石やら葉っぱやらをポケットに入れて持ち帰ってくるのは、あなたを助けたいからです。
ティッシュペーパーを部屋中に出しまくるのは、あなたを助けたいからです。
あなたが出かける時に、履かない靴を持ってくるのはあなたを助けたいからです。
あなたが料理している足元で、ザルや鍋を頭にかぶるのは、あなたを助けたいからです。
 自分の服の裾を掴んで、あちこち拭いて歩くのは、あなたを助けたいからです。
 掃除機をかけている時にまとわりついてくるのは、あなたを助けたいからです。

あなたがその気持ちを、子どものその「助けたい」という意図どおりに受け取っていかないと、子どもは妨げられ続けます。
そして、さんざん助けることを妨げたあげくに、10歳くらいになったある時、「なんでこの子はお手伝いもしないの?」「ちょっとはお母さんを助けなさい!」などと信じられないことを言われるのです。
そのような状況を作ってきたのは、まぎれもないあなたです。

あなたがほかの人から助けられたら、当然助け返したいと思うのと同じくらい子どもはそう思っています。
ですから助けさせてあげてください。
 助けることができたら、人は無力にはなりません。
 助けることができたら、人は反抗的にはなりません。
 助けることができたら、人は自分が有能だと感じられます。
 助けることができたら、人は自分は必要とされていることがわかります。
 助けることができる限り、人は社会のために働きます。

こうやって、子どもの自己肯定感を育てます。
しっかりと親を助けさせるのです。
これ以外にはありません。

社会では自己肯定感を高めるように、自己否定をなくすように、いろんなことが言われますが、これ以外にはありません。
 自己肯定感が低く、周りに対して批判的な人は間違いなく「助けを妨げられてきた」か、「助けそこねてきた」のです。

ですから、子どもには「助けさせること」。
しかも、大量にです。
なぜならあなたが大量に子どもを助けているからです。
 本当に、助けさせてあげてください。心からお願いしますよ、お母さん・・・

ちなみに、子どもに強制的に「これを助けなさい」「あれをやりなさい」と無理やりにやらせるというのは残念ながら良い方法ではありません。
 子どもが、「親に対して何が一番の助けになるのか?」というのを自分で見つけ出させることです。そうして子どもの意欲が保たれます。そうして人の気持ちが分かる子になるのです。

やってみてください。きっとうまくいきます。

リンクから転

 

 

 
姜ヨセフ

「絶対に」子育てを成功させる秘訣 その2

 
次にあなたがやるべきことは

子どもに「助けさせること」です。

なぜ助けさせないといけないのか?
 理由は簡単です。
あなたが生まれた時から子どもをものすごく助けているからです。

ちょっと考えてみてほしいのですが
 あなたがある人からものすごく助けられたとします。
 長い間、その人は、何から何まで面倒を見てくれました。
 衣食住すべてです。
あなたはお金を持っていません。その人に頼るしかありません。
でもその人は、そのことが当たり前のことのように
 なんでも買って与えてくれ、ずっとずっとあなたを世話して、助けてきてくれました。

きっとあなたは、何かの折にその人を助けてお返ししよう、とタイミングを見計らうことでしょう。
そして、あるとき、その人を助けられそうな何かを見つけてそうしました。
もしかしたらそれは
 その人が出かけようとしていたのでドアを開けてあげるとか、お料理をしようとしていたのでテーブルに先に食器を並べるとか、ホコリが積もっているところがあったので拭いたりだとか、そういった、ちょっとしたことだったのかもしれません。

そして、やっとの思いでそれをやったとき、その人は言いました。
 「もー!違う違う!」
 「いまそれやらなくていいから!」

どうしましょう。
お返しできませんでした。
あまりにも助けられているため、あなたはこれで終わるわけにはいきません。助け返さないといられません。

またあなたはいろいろなことを考え、それをやります。
しかしまた
「あなたは何もしなくていいの!」
 「余計忙しくなるからやめて!」

・・・・どうですか?

そういうことを繰り返していくと、何が起こるでしょうか。
お返しできないのに、衣食住を含めた「モノ」や「世話」だけは、際限なく与えられるのです。
しかも、あなたはそこから逃げ出すことができません。

まずあなたはお返しできないことに不安を感じていくでしょう。
 助けさせてくれないことに不信感、あるいは怒りを感じ始めるかもしれません。
もっと助けさせてくれないと、もっとあなたは反抗的になっていくでしょう。
しかし何をどうあがいても、あなたはその大量の「モノ」に依存して生きているため、完全には反抗しきれないでしょう。
だんだんとその人に対して自分は無力だと思うようになるでしょう。
あまりにも助けることを妨げられると、自分はそうすることができない、無能な人間なのだとすら感じるようになるかもしれません。
いつしかそういった状態が当たり前になるでしょう。
すなわち、何も与えることをしなくても、有能にならなくても、自分は何かを得ることができるという考えを持つようになるということです。
そうするとどうなりますか?
 何かを得ることができなかった場合、それがなぜかを考える前にキレ始めることでしょう。
そんなことを繰り返していると、しまいには、助ける意欲すら失っていくでしょう。
 助けなくてもなんだって得られるんですからね。

・・・これが子どもたちに起こっていることなのです。
 人が誰かから助けられて、その人にお返ししたいと思うのは自然の衝動です。それを妨げるということは、非常に残酷なことです。
 子どもがあなたを助けようとする衝動は、赤ちゃんの頃から始まっています。行動としてまともに表現できない頃から始まっているのです。子どもは体が小さいだけで、中身は大人と同じですからね。

リンクから転載

 

 

 

姜ヨセフ

自分で考えて行動できる子ども

リンクより

*********************************************

小林正観さんの心に響く言葉より…

一般的に「よい子」とは、「先生や親の言うことをよく聞く子ども」のことであり、「悪い子」とは、「先生や親の言うことを聞かない子ども」のことです。

では、今まさに死にかけている親の立場から、子どもを考えてみます。
「悪い子」は、親にとって不満だったかもしれませんが、親は「安心して死んでいく」ことができます。
なぜなら、悪い子は、親のいいなりにならず、「自分の価値観」や「自分の考え方」に従って生きてきた子どもだからです。

一方で、「よい子」は、親の言うことをすべて聞き入れてきた子どもです。
親がいなくなってしまったら、はたして自分の考えで生きていけるだろうか、そう思うと、親は不安になるかもしれません。

つまり、「悪い子」のほうが、親は安心して死んでいけることになります(ここでいう「悪い子」とは、「人に迷惑をかける」といった意味ではありません。「先生や親の言うことを聞かない」という意味です)。

先日、次のような相談を受けました。
「大学4年の息子がいるのですが、『大学を卒業したら、就職はしないで、半年くらい世界の国々を旅したい』と言い出しました。

私は、『普通に就職して、普通に働いて、普通に暮らしてほしい』と思っているのに、どうしてこんな子どもになってしまったのでしょうか。

どうしたらこの子を直すことができるでしょうか」

私はこの相談に、次のように答えました。
「大変すばらしい教育をしたと思います。
すばらしいお子さんに育てられましたね」
 
私は教育の専門家ではありませんが、教育とは、「みんなと同じことをする子ども」に育てることではなく、「自分で物事を考え、その結果、自分で自分の行動や生活、生き方を組み立てていけるようにすること」であると思います。

ということは、「普通に就職をするのは嫌だ。世界を周遊したい」という子どもを育てた母親は、すばらしい教育をしたということにほかなりません。
しかもこの息子は「旅費はすべてアルバイトをして稼ぐから、好きにやらせてほしい」と申し出たそうです。
 
家に帰った母親が、私から聞いたことを息子に話したところ、彼は「お母さんが考え方を変えるのは大変だろうから、今までどおり、何も変わらなくていいよ。自分は自分の生き方でやっていくから」と言ったそうです。
この母親は、本当にすばらしい子育てをしたと思います。

日本は、明治以降、重工業や工業の非常に高いレベルの生産工場をつくるため、「高学歴の人材をたくさんつくる」ことを目指してきました。
一方で、「個性的で、自分の考えを自分の中に確立できる子ども」をつくらないようにしてきたように思います。
そのため、親は「没個性的で同質的なものが正しい」、「個性的なものは間違いである」と信じ込んできたのではないでしょうか。

「悪い子」とは、今の社会に対して、「もっと改善の余地がある」と思い、いつも分析をし、自分なりに物事を考え、提案している、そういう人間のことです。

「平均的」で「一般的」な子どもを育てることではなく、「自分の価値観で生きていく子ども」をつくることであり、そのように子どもたちを教え育んでいくことが、教育の本質だと思います。

『ありがとうの神様』ダイヤモンド社

2020年の教育改革について山下慎也氏はこう語る。
『2020年に学校の勉強が大きく変わります。
今回の変化は「脱ゆとり」どころの騒ぎではなく「教育の明治維新」と言われるくらいの大きな変化ですが、まだまだほとんどの保護者の方にとっては「教科書が変わるだけでしょ」程度にしか思われていません。

今回の変更の一番のポイントは、これまでの「どれだけ知っているかという知識重視の学習」から「どう考えるかという思考力重視の学習」に変わるということです。』

明治以来の富国強兵をもとにした日本の教育制度がようやく変わろうとしている。
これは、ITやAIによって大変革を迫られているビジネス界からの要請もあったという。
しかしながら、未だに親や教師の世代には、旧来の価値観を是とする人たちが多くいる。
一流企業に内定したのを蹴(け)って、まだ小さなベンチャーに入ろうとする子どもを止めるのは、たいてい親だからだ。

「20分より先の未来を考えるなど時間の無駄だ」(ジェフ・ベゾス

一寸先も分からないようなこの大変化の時代は、前例踏襲が得意な「記憶再生能力」の高いだけの旧来型の官僚タイプの人たちが役に立つわけがない。

自分の頭で考え、発想し、その場で即応できる自律型の「行動できる人」でなければ、これからの大変化の時代を生き抜くことはできない。

自分で考えて行動できる子どもを多く輩出(はいしゅつ)する国でありたい。

*****************************************

 

 

 

原てふ子

水泳は、「口呼吸になり」、「かかとが弱くなり体の軸がずれていく」

習い事で当たり前のように水泳を習わせている親は多い。その理由として体が鍛えられる、風邪をひかなくなるなどを挙げる親もいるが、何となくという親も多い。
しかし、水泳にはメリットだけでなく、明確なデメッリットもあるとすると「からだ塾」リンクでは指摘しているので、要約して紹介したい

筆者が指摘する水泳のデメリットは二点。
それは「口呼吸になる」「かかとが弱くなり体の軸がずれていく」である

【口呼吸の問題】
人間は陸上では鼻から息を吸い口から吐く、「鼻呼吸」である。
しかし水泳では必然的に「口呼吸」になる。水泳は、如何に力まず水中で伸びる動作を持続的に行えるかが競技能力向上のポイントになるが、口で呼吸すると関節は曲る。
つまり、口呼吸で関節が曲がるのを、泳ぐ動作で伸ばしていくのが水泳。

口呼吸になると次のようなデメリットがある

「虫歯・歯周病等の原因になる」
口の中には唾液が常に出ている状態が正常だが、この唾液はお口の中の細菌をやっつけたり、汚れを洗い流したりなど様々な働きがある。口呼吸をすると、口の中が乾燥してしまい、唾液がうまくまわらずに虫歯や歯周病の原因菌が繁殖し放題になってしまう。

「歯並びが悪くなる」
歯の並びは〈内側からの舌による圧力〉と〈外側からの唇や頬の筋肉からの圧力〉の均衡が取れる位置に自然に並ぶようになっている。
そのため、慢性的な口呼吸だと〈外側からの圧力〉がかからず、出っ歯や受け口などの原因になる。特に子供の場合は骨格にも影響が出やすい。
 
「風邪やアレルギーになりやすい」
鼻から呼吸する場合、外気を取り込む際に一緒に入ってきた細菌やウイルスなどを排除する機構が備わっているため、風邪をひきにくかったり、ウイルスに感染しにくいという特徴がある。、鼻呼吸の場合は冷たく乾いた空気を吸い込んでも副鼻腔の働きにより加温・加湿された状態で気道に空気を届けるなどの機能も働く。
一方、口には鼻のような外気に対する機能が備わっていないため、直接細菌やウイルス、塵などを取り込んでしまうことになる。

「口呼吸では前頭葉の活動が休まらず、慢性的な疲労状態に陥りやすくなり、注意力が低下し学習能力や仕事の効率が低下する。」
口呼吸は酸素を上手に吸えない、だから脳に酸素が届かず脳の機能が正常に働かないということ。

【水泳はかかとを弱くし、体軸がずれる】
水泳は地面を蹴ることが基本的に無いスポーツである。あるいは浮力が働くので体軸に正常な圧力が働かない。だから踵が弱くなる。
これが問題なのは人間の体軸が踵にあるからである。つまり踵が弱くなる=体軸がぶれるということ。
また、骨を形成していく上でも踵と地面が接触する時に起こる衝撃が必要になるが、水泳はその衝撃が少ないので子供たちの骨がもろくなってしまう。
軸がぶれた状態で運動したり日常生活を送ったりすると、間違いなく怪我をしたり体調不良をおこす。
だでさえ外遊びの時間が減っている現代の子供たちは、発育の大事な時期に水泳ばかりをしていたら、どうなるかは明らか。

「うちの子は外遊びはしないけど、水泳はやっているから大丈夫!」 とは到底言えない。

確かに、今の子供たちは「踵」ではなく「つま先」で立っており、軸が前側にぶれている子を多く見かける。
また歩く時、走る時も、つま先だけで地面を蹴っている子が多い。

確かに昔の川遊びや海遊びは、ただひたすら泳いでいただけではない。
筆者の見解は今まで聞いたことがなかったが、人間は基本的に陸上に適応して生きてきたわけで、考えてみると頷ける内容が多い。

 

 

 

北村浩司

「子どもが嫌がる勉強」を続けさせる親の大問題

子どもを苦しめている一番の要因は「親」。
親はそれに気づいているだろうか。

以下、リンク より
>子どもが嫌がることを続けさせる親の心理とは
勉強量に関する相談は全国からたくさんいただきます。その多くは、勉強量が少なくて困っているというものです。その代表的なものは「うちの子勉強しないんですけど、どうしたらいいのでしょうか」というもので、子どもが勉強しないことに対する親の不安を代表するフレーズです。その結果、学校や塾に「もっと宿題を出してください」という人も少なくないようです。

一方で、学校や塾の宿題の量が多いとか、プリント学習の量が多くて困っているという進藤さんのような相談もあります。単純に量をこなせば学力が上がると考える先生は、さすがにいないと思いますが、子どもの学力水準と出される勉強量が合っていないことで、子どものキャパシティーを超えてしまうことがあります。

このように考えていくと、進藤さんがおっしゃる「嫌になった原因は塾のやり方にもある」ということを肯定することになりそうですが、実は今回の問題の本質はそこにあるとは思いません。単純に、塾に問題があると考えてしまうと、重要な視点を見失ってしまうことになります。

では、問題の本質とは何か? それは次のことです。

「子どもが嫌がり続けているのに、親はなぜそれをまだ続けさせているのか?」

今回のご相談は学校での話ではなく、塾での話です。塾であれば、親には選択権があります。合わないならやめさせるという選択もあるわけです。つまり、問題の本質は、塾の問題ではなく、親の問題ということになるのです。さらに親のある心理状態が問題の根本であると考えられるのです。

>「子どもが嫌がっているのに、親が継続させようとするのはなぜでしょうか?」と聞くとおそらく次のような回答が返ってくることでしょう。

「根気強い子にならないのではないか心配だから」
「勉強ができなくなるのが心配だから」
「子どもの将来が不安だから」

しかし、これらは本当の理由ではなく、次のことが本音の理由だったりします。

「子どもがやるべきことをやらない人間になっていくと、親である自分が困るから」

実は子どものためではなく、親が自分の心を安定させたいからということが背景にある可能性があるのです。このように言われて、かなり心にグサリとくるかもしれませんが、残念ながらそれが実像、ということが少なくありません。

空回りしている自分に気づくのが大切
ですから、自分がこのパラドックスに早く気づかないといけないのです。それは、自分の心の安定は、子どもを使うのではなく、自分で自分を安定させていくほうがよいということを。

しかしながら親の毎日の忙しさは想像を絶します。毎日、ご飯作り、掃除洗濯に加え、子育てという自分の思うようにならない人育てを365日24時間体制で20年近く行います。

さらに仕事も持っていたら、まさに超人です。このような状態で、ストレスフリーとか、心を満たすなんて通常ではありえないのです。子どもが思いどおりに動いてくれないことに、イライラするのも当たり前です。

そこで、ちょっと考えてみるのです。一生懸命になればなるほど、空回りしている自分がいることを。すると、正しい判断ができるようになります。

つまり、今回のケースでいえば、塾の先生に相談して、子どもに合ったプリントの量に変更してもらうとか、塾をやめて、別の手段で学んでみるという方法が考えられるはずです。間違っても、今の状態で子どものやる気を出させようとは思わないことです。

>これまで親がやってきたこと(過去)は、いったんリセットしてしまいましょう。そうしないと、親の罪悪感が出てきます。「私がもっとしっかりしていたら、娘はこんな状態にならなくて済んだのに」という罪悪感が出てくる可能性があるのです。

これまでやってきたこともそれなりにプロセスとして必要であり、それなりに意味のあることでした。考えなければならないことは「今後どうするか」だけなのです。そこで、最後に1つだけ、人が伸びていく原則をお話ししておきます。

勉強量は増やさず、好きな科目に時間を使う
「人財」育成の原則と呼んでいますが、それは「いい部分をさらに伸ばしていく」というものです。

進藤さんは次のようなことをしてみてください。

国語、算数、英語の3つを均等にやるのではなく、いちばん好きな科目である国語に多くの時間を使い、算数は量を減らして、できる問題中心型にします。英語は書く量を減らして音読型にしましょう。これらは通常されるアドバイスとはまったく違うと思われることでしょう。

通常は、苦手科目に時間を使いなさいと言います。今の状態でそれをやると、娘さんの勉強に対するイメージがさらに悪化する可能性があるのです。ですから、好きな科目に時間を使うという方法を取ることで、いったん、娘さんの勉強に対する心の状態を安定させるようにします。

それを続けていれば、算数、英語で自信を取り戻して、徐々にできない領域を自己修正させていくようになります。間違っても「苦手な部分をたくさんやらせる」ことから入らないようにしてください。

まだ小1ですから、勉強量を増やすのではなく、「やっていて楽しい」「面白い」と思える心を作っていくことのほうがはるかに大切です。その点を念頭において進めてみてください。

 

 

 

望月宏洋