学ぶこと と 遊ぶこと

リンクより

 何かを学ぶ、というのはどういうことでしょうか。文字を習う、九九を覚える、歴史の年号や科学の法則を暗記する……。一般的な学びのイメージは人を「容器」のようなものに見立て、その中にひとつひとつ知識を詰め込んでいく、というものではないでしょうか。「容器」に入れるべき知識は「大人」によってあらかじめ選別され、ちゃんと入っているかどうかを時折テストで確認される。それを上手にこなした子は「いい学校」に行き、「いい会社」に入って、「いい人生」を送ることができる。だから、しっかりと学ばなければならない、というわけです。

 発達心理学から見た学びは、これとはかなり異なります。それは、ひとことで言うなら、ひとりひとりが世界に意味を構成することです。私たちは生まれた瞬間から、必ず何かに接触して生きています。その「何か」と自分との間に「意味=つながり」を構成していくこと、それが学びです。お母さんに抱っこされると嬉しい、ハイハイする床がつめたい、お日さまがまぶしい、花からはいい匂いがする、土は床よりもやわらかい……。そのように考えると、学びの機会がない場所というのは、世界中のどこにもありません。子どもたちは「いい学校」や「いい会社」のために学ぶのだと、目標に向かって仕方なくするものが学びだと思っているかもしれません。しかし、そうではなくて、むしろ私たちはどこにいても、どんな時でも、「学んでしまう」存在なのです。

 学びがこのようなものだということを、実は私たちは誰でもよく知っています。幼い頃、畳の縁を「道路」にして、おもちゃの車を走らせたことはありませんか。泥でつくった団子を葉っぱの「皿」にのせて、ままごとをしたことはないでしょうか? 私たちが、誰に教えられるでもなく、このような「ごっご遊び」をするようになるのは、私たちひとりひとりに「象徴機能」が備わっているためです。象徴機能とは、大雑把に言うと、ある物(畳の縁)を別のもの(道路)に見立てる能力のことで、これなしには言語は理解できません。これによって、私たちは新しい意味を創り出すことができます。人間にもしも象徴機能がなければ、「鳥のように」空を飛ぶ飛行機も、「人のように」考える人工知能も、そもそも、「鳥」や「人」といった文字さえもが生まれていないでしょう。遊びは真に新たな意味を作ったり、試したりする場なのです。これを学びといわずして何が学びになるのでしょうか。このように、学びと遊びとは元々ひとつのものであり、かつ、それは人間にとっては「本能」とよんでも良いほど、本質的な営みなのです。



 ではなぜ、このふたつは分離してしまったのでしょうか。現代の日本の学校教育では、子どもたちは年齢ごとに「学ぶべきこと」を設定され、国に決められた教科書に沿って、計画的かつ効率的に「学び」が進められていきます。本来であれば子どもたち自身が自ら構成し、獲得していくはずの「意味」が、標準化された「知識」、既存の「正解」として、外から一方的に与えられるのです。これでは多くの子どもが、学びは将来の目標達成のためには大切だけど楽しくないもの、遊びは楽しいけど無意味なものといった認識を持ってしまうのも無理はありません。この誤解は絶望的でさえあります。遊ぶことこそが世界を自分にとって意味あるものとして知ることであり、知の構築なのです。だから、しっかりと遊ぶことは実は楽なものではありません。むしろ時には自分を追い詰め、苦しめることさえあるでしょう。科学者が真理を追求して実験を繰り返す時、絵描きがキャンバスに向かって頭を掻きむしる時、その「遊び」は痛みや悲しみさえ伴うものとなるでしょう。しかし、そうした過程こそが人生の素晴らしさを教えてくれるものではないでしょうか。

 イタリアのレッジョ・エミリアという都市では、この「学び=遊び」と同じような考え方に基づいた幼児教育が行われています。そこでは、まさに、子どもは世界と接することで、世界、他者、そして自分を知っていくと考えます。たとえば、海が青いのは空の色が映っているからだ、という「発見」をした子がいるとします。大人はそれを否定するのではなく、「じゃあ、くもりの日はどうかな?」と言って、いっしょに海を見に行く。そこでこの子は何かに気づくはずです。自然の中にある事実を知るのです。そして、新たな意味を構成しようとするのです。

 世界に意味を見つける、構成する(そこではそれを「探索」と呼びます)のは、どの子にも自然に起こることです。大人の役割はそれを自分が信じる「正解」に導くことではなく、その子がいま世界をどのように見ているのか、どんな意味を創り出しているのかを大人の方こそが学び、その子の発達のための環境を準備することです。それは既存の答えを教えるよりもはるかに大変で、何倍も時間がかかることです。しかし、子どもたちにそのような「学び=遊び」を保障するのは、その子らの人生を尊重することであり、同時に、その子らを自らの意志を持った「市民」に育てることだとレッジョ・エミリアでは考えられているのです。



結果を予期しない挑戦、それが学ぶことであり、遊ぶことです。幼い時に誰でももっている、そうした探究心がいつまでも、そして、誰に対しても大切にされる社会、それが私たちには必要です。挑戦が避けられる社会は安心や信頼がない社会です。失敗を許さない社会、変更をよしとしない社会、それでは遊ぶことも、学ぶことも出来なくなります。今までないモノやコトを想像する力、それが「遊び=学び」の中で培われます。それを通して、真に楽しむ自分に気づき、自らを称えながら生きていくのです

 

 

 

池谷菜奈子

 

まず、自分が太陽になること

リンクより

************************************************

小林正観さんの心に響く言葉より…

相談される人に重要なことですが、すべての相談者の悩みに同化して浸り込んでいったら、多分大変だと思います。
私は、年間3万人ほどの人とお会いしますから、どんなに大変な悩みを抱えている人が現れても、淡々と「で、何が問題なんですか?」と言えないと、ノイローゼになってしまうでしょう。
皆さんも、人から相談を受けることがあると思いますが、ひとつ覚えておいていただきたいことがあります。

仏教には、大乗仏教小乗仏教上座部仏教)があります。
大乗仏教というのは、大きな乗り物を意味し、困っている人、苦しんでいる人を救済して、たくさんの人を乗せて彼岸へ行きましょう、という考え方です。
一方、小乗仏教は、小さな乗り物ということですから、自分が悟ればそれでよし、と考えます。
タイ、ビルマ、インドは、小乗仏教の国で、もともと釈迦は小乗仏教的な考えをしたと思われますが、釈迦が死んで500~600年経つと、大乗仏教といううねりが起き、それが中国に伝わり、のちに日本に伝わって、日本は大乗仏教国になりました。
大乗仏教の広く救うという考えが浸透した結果、私たちは目の前に問題を抱えた人がいたり、辛そうな人が現れると「解決してあげなくっちゃ」と思い込むようになってしまったようです。

こうした傾向は、人生相談を受けるとき、確かによく表れていて、相談者の98%が自分以外のことで悩んでいます。
自分がこういう状態で困っている、というのは100人に2人ぐらいで、あとは「夫がこうだ」「妻がこうだ」「子どもがこうだ」という、自分の外側にいる人の悩みや苦しみや社会の矛盾を、あっちこっちからクマ手でかき集めているように思います。
その人たちのことを心配する結果、ご本人はまったく笑顔ではありません。
基本的なことを言いますと、私たちができるのは、まず、自分が笑顔になること、自分が太陽になることです。
その向こうにいる人の悩みは、自分のことではないのですから、解決できなくて当たり前です。

「私たちにそんな力はない」と思い切ったところから、ものすごく楽な人生が始まります。
しかし、自分が太陽ではないのに、「周りを明るくしてあげなくちゃ」という人が大半です。
まず、自分が明るく幸せな人になりましょう。
それが、私の言う“実践”です。
この提案は、小乗仏教でとどまりなさい、ということではありません。
小乗仏教的な考え方で、明るく素敵に生きている人は、長い目で見ると、結果として周りにいい影響を与える可能性があるということです。

私は、小乗仏教的に生きています。
だから、ものすごく楽に生きています。
自分は何も背負っていないし、世の中を変えようとも思っていません。
ただ《実践的に生きる》ようになっただけです。
あなたが、笑顔の素敵な《太陽さん》になって、ひたすら幸せな光を投げかけていけば、周りの氷は自然に溶けていくでしょう。
そいう溶かし方を取り入れることにしませんか。


小林正観さんは《太陽になる》というのをこう言っています。
『例えば、今まで不登校の子どものことで心配していた母親が、ある日突然、「やれ、フラダンスだ、やれ、テニスだ」と、にこやかで楽しそうな状態になったとします。
初めの1ヶ月ぐらいは、いぶかしげに見ていた子どもでも、3~4ヶ月も経ったときには、「いったい、お母さんに何が起こったのだろう」と思います。
母親が、《太陽さん》になって、心地よさそうに常に楽しそうにしていると、「お母さん、どうしたらそんなふうになれるの?」と、悩んでいる子どもほど聞いてくるでしょう。
そのとき、初めて実例見本として話せばいいわけです。
自分の心の支えとしてあるものを語ればいいんです。
いい話を聞いたからといって、すぐに伝えようとするよりも、まず、自分が実践してみましょう。
すると、子どもはそれを手本として「こういう生き方が楽しそうだな」と思うかもしれません。

子どものことを思うあまり、いつも暗い顔をして笑顔がないのでは、子どもはそんな顔を真似しようとは思わないでしょう。
暗い顔の親を見本としている、暗い顔の子どもがいるのではないですか。
本当に子どものことを考えるなら、早く自立させてあげることです。
それには、子どものことを心配して気にしている親が、まず《気にならない親になる》ことです。
ただひたすら自分の人生を幸せに生き始めること。

もともと、子どもを育てる能力など、親も先生も本来持っていないのです。
ただ《自分の生き方を、手本として、見てもらえるかどうか》だけです。
「まなぶ」の語源は「まねぶ」。
つまり、「まねをすること」でした。
子どもにとって、一番嬉しくて気持ちいいのは、母親がいつもイキイキして幸せそうにしていることでしょう。
そのとき初めて子どもは楽しい気分になるのです。
何とかしなくてはならないのは、子どもではなくて自分自身。
面白いことに、自分の心が喜ぶ生き方をしていくと、あれほど気になって心配していた子どものことも、優しい気持ちで見守れるようになっていくようです。』

心理学のカウンセラーの方は、自分が「ゴミ箱」になってしまう、という人が多い。
クライアントの愚痴や悩みをずっと聞いていると、それが澱(おり)のようにたまってしまうからだ。
負の「気」(邪気)を受けてしまうということでもある。
「人を変えることはできないが、自分を変えることはできる」という言葉がある。
心理学の基本的なスタンスだ。

どんなに何度も注意しても、怒鳴っても、怒っても、子ども(相手)は変わらない。
唯一変わるときは、本人が気づいて変わるだけ。
そして、そこに影響を与えることができるのが、生き様だけ。
笑顔で、楽しく、幸せに、感謝しながら生きているかどうか。
まず、自分が太陽になること。
笑顔で、機嫌よく、毎日を過ごしたい。
************************************************

 

 

 

原てふ子

 

 

大事なのはわが子に「すぐ正解を教えない」こと

全国のセミナーで、あるお母さんに聞きました。

「子どもが帰宅して『授業中、暴れる子がいて、うるさくて授業できへんねん』と言ってきたら、どう答えますか?」

そのお母さんは、暴れる子のことを思っているつもりで、「『そんなん言うたらあかんで』と子どもに言います」との答え。

●子どもにすぐ正解を教えてはいけない理由

これってよくある「思いやり……」という大人の正解ですよね。でも、まさに排除の論理なんです。私たち大空小学校の教師も最初はそうでした。「人を大切にする力」をつけるコツは、「親が正解を言わないこと」です。意外かもしれませんね。

親は(教師も)、正解を言わなければいけないと思っているものです。さっきの「そんなん言うたらあかんで」という言葉は、そんなこと言ってはいけません、という指示命令です。その裏には「あの子はかわいそうな子」という言葉がある。つまり、「あの子はあなたと違ってかわいそうな子、格下の子」という差別が生まれます。

「そんなん言うたらあかんで」のたった一言で、その価値観を植え付けてしまうのです。

「ねえねえ、その子って迷惑をかけようと思ってやってるの? それとも困ってるの? どっちなんやろうね」と問いかけてはどうでしょう。

ここから親子の対話が生まれます。

「そんなん言うたらあかんで」と言ってしまったら、そこで対話は終了です。「人に迷惑をかけてはいけない」という今までの教育は、これと同じことをやってきたんです。

知らず知らずのうちに子どもに、他者を排除していく価値観を植え付けていたことに、どうぞお母さん、お父さんたちは気づいてほしい。

人が人として生きていく中で、正解なんてありません。想定外の中で子どもがどう生きるか。子どもに「ああしろ、こうしろ」と指示命令をして、親の言うことを聞く子どもをつくっていたら、子どもは自分の命も隣の人の命も守れない大人になってしまうのでは、という危機感からスタートしなくてはいけないと感じます。

子どもに「人を大切にする力」をつけたかったら大人が正解を言わないこと、と言いました。それは同時に、正解がないからこそ、問い続ける必要があるということです。この正解のない問いを問い続ける力は、10年後の社会で生きて働く力になります。

正解があると、問わなくなるでしょう? まずは大人である母ちゃんが、常に「これでいいかな?」と自分に問い続けてみてください。簡単ですよ。問い続ける子どもをつくるのも簡単です。母ちゃんが「あんた、どう思う?」と聞くだけでいいのです。大人の思っている正解は正解と違います。たかが一人の大人の経験値で、未来のことなんてわからない。1分先のことさえわからないし、地球が潰れるかもしれない。

● 大事なのは「正解を問い続ける力」

正解が通用しない社会に出くわしたら、子どもは前に進めません。ついでに言うと、大人が正解を持っているのに正解を言わない努力をしているのもアウト! 大人は、自分の過去の経験値や成功体験を正解にしているだけ。「言わないだけで、やっぱり正解持ってるやん」っていう時点でアウトです。

〝正解を問い続ける力〞が、見えない学力なんです。

親自身も案外、「これって正解じゃないよね」と気づくことがありますよね。たとえば、横並び主義や同調圧力、偏差値至上主義、人に迷惑をかけない、などなど。子どもが生きづらくなるから、つい、「こうしなさい」と言いたくなる気持ちもわかります。私もそんな親でしたから。

でも親の自分も「ああ、そうか」と気づいて自分を変えていく。この正解を問い続ける親としての自分を変えていく覚悟は、お金もいらない、他者の力もいらない、自分だけでできること。この覚悟は、子どもを大きく変えていきます。

リンクより

 

 

 

匿名希望

体を動かすことで集中力も高まる

人間は本能的に、いざという時に集中力を発揮するためには、普段から体を動かしていることが必要なようです。

以下、アンデシュ・ハンセン著「スマホ脳」より引用
*******************************************************************
 不安に陥りやすい大学生を2つのグループに分け、片方にはきついトレーニング(最大心拍数×60~90%の運動強度のランニングを20分)を、もう片方には緩いトレーニン (散歩を20分)をさせた。トレーニングは週に3回、2週間で合計6回行われた。どちらも、普通の人にできるようなレベルのトレーニングだ。6回のトレーニング後、散歩組もランニング組も不安の度合いは下がったが、特に効果が顕著だったのはランニング組のほうだ。不安の軽減が運動直後だけでなく、その後2時間続いた。その効果はさらに長く統き、トレーニングプログラム終了の1週間後も、不安のレベルは依然低いままだったのだ。
 世界保健機関(WHO)によれば、現在19人に1人が不安障害を抱えている。興味深いのは、よく運動をしている人たちにはそれほど不安障害が見られないことだ。これでも、運動が不安を予防するというのをまだ信じられないだろうか。大丈夫。合計700人近くの患者を対象にした15件の研究をまとめると、こんな結果が得られる。運動やトレーニングをすることで、不安から身を守ることができる。不安障害の診断を受けていても、正常の範囲内の不安であってもだ。これまでの調査と同様、心拍数が上がる運動によって最大の効果を得られる。

 ストレスや不安を抱えた患者に、身体を動かすとそれらが軽減されると説明すると、 戸惑われることが多い。「リラックスしたほうが効果があるんじゃないの?」と思うようだ。人間は地球上での時間の99%、ストレスの大部分が「闘争か逃走か」という類の危険に結びついていた。身体のコンディションがよければ、慌てて逃げるにしても攻撃に出るにしても、その場を切り抜けられる確率が上がる。よく身体を鍛えている人はストレスのシステムを急激に作動させる必要もなく、脅威の対象から走って逃げることができた。身体をバニックのギアに入れなくてよかったのだ。
 ストレスのシステム自体はサバンナ時代から変化していないため、結果として、身体のコンディションがよい人ほどライオンから逃げるのが得意なだけでなく、現代社会のストレス源に対処するのも得意になる。普段からランニングをしている会計士が、決算前の忙しい時期にも同僚ほどストレスを受けないのには生物学的な理由がある。ストレスのシステムが「ストレスとは猛獣から走って逃げること」だった時代に形成されたからだ。身体を鍛えているおかげで、四半期報告書に目を通したりプレゼンしたりするときにも、あまりストレスシステムを作動させずにすむ。

 身体を動かすとストレスへの耐性がつくし、現代では貴重品になった集中力を与えてくれるから、デジタルな時代を生き抜く助けにもなる。ただ問題は、運動量がどんどん減っていることだ。今でも狩猟採集民として原始的な農耕社会に暮らす部族を調査すると、私たちの祖先は毎日1万4000歩から1万8000歩、歩いていたと思われる。 今の私たちは1日5000歩にも満たない。そしてその数字は10年ごとに減っている。スウェーデン人の平均的な体力は0年代から11%下がり、現在は大人の半数近くが、健康に害が及ぶほど身体のコンディションが悪い。特に悪いのは若い人たちだ。14歳の運動量は2000年頃と比べると女子で24%、男子で30%減っている。人類史上、これほど急速に減少したことはなかったはずだ。14歳の運動量が減ったいちばんの理由は? スクリーンばかり見ているせいだ。

以上

 

 

 

大嶋洋一

母親に必要なのは、常に、ただ、笑顔で在ること

親の口出ししすぎが幸せを遠ざける?!
リンク

このブログ記事を読みながら、自分の子育ても振り返ってみて、母親に共通する大きな脅迫観念が2つ出てきた。


一つは大きく触れられていた、

>関わりたいのはまちがいでない。
身の周りの世話とか過干渉でなく
大人として
家族の一員として話をしている関わりかたが大事

というところ。


もう一つは、

「子供を自立させないと」という考え方。

“○○させる”という時点で、もう成立しないのだけど。
更に言うと、
・子供が自立する過程
・送り出したい世界
ここに対する母親自身のイメージが貧弱なままでは、子どもへの接し方が大きくズレていくということ。

自立の必要を感じられるのは、みんなの中に身を置いてこそ。一つの集団の一部になって、外圧に同化し合って期待し合う中で育まれる意欲そのもの。

それを阻害するのが口を出さずにはいられない母親。その手が届かない場所で過ごすことが、何より子どもの力を伸ばす。

とは言え、どんな状況でも子供の心が繋がりたがるのも母親。
子どもが必要な時、いつも全力で受け入れることだけ。

となると母親は、いつもその態勢でいることが大切になる。
常に、ただ、笑顔で在ること。

ここを母親同士や、相手が母親でなくても、もっとイメージを描ける場の実現が世の子育てを再生する糸口だと思う。

 

 

匿名希望

子供誘拐の動機が『身代金』から変わり始めている。報道されない事件の裏側に目を向けて、本当に子供を守るには?

報道される事件、報道されない事件。マスコミは全ての事件を把握し、報道しきれるわけではない。

その中でも、子供の誘拐事件は『年間1200件程度』と年々増加しているとのこと。
これまでは、身代金=お金目的の動機がほとんどであったが、
高級車やブランドなどお金に対する執着が徐々になくなっている現代であれば、他の動機があるはず。
誘拐の目的、方法が変わっていっていることは確実である。

その一つの例が、SNSによる誘拐。被害者側から家を出たいと思い、そのまま消息を絶ってしまうケースなど。
消息を絶った後も、人質以外に利用されているのかもしれない。
(もっとも恐ろしいケースだと、アドレノクロムに利用されるなどがある。)

自分の身の回りで起きていないから関心がないが、社会では見えないところでとんでもないことが起こっているかもしれない。
そこを踏まえて、今報道されている内容からされていない内容まで視野を広げて、大切な子供を守りたいところですね。


以下、参考リンク

●【日本の行方不明者は年間8万件】日本で発生している「行方不明」の傾向と、増加する子どもの誘拐事件について
リンク

日本の行方不明者についてのポイント・ダイジェスト
1) 行方不明者数は10年間よこばいの8万件
2) 70歳以上で「認知症」等が原因の行方不明者が増加中
3) 行方不明者のうち、みつかっているのは約86%
4) 日本の子どもの誘拐が増えている アメリカでは桁違いの子どもが行方不明

●米国 子の誘拐や不明 絶えず
リンク
小学校の修了日を目前にしたある日。わが家が暮らすミシガン州ロチェスターの小中高校の情報を統括するコミュニティースクールから1通のメールが携帯電話に届いた。「URGENT―MISSING CHILD」(緊急―幼児行方不明)とある。一瞬、身震いがした。
 確認すると、顔写真や名前、年齢、身体的な特徴のほか、下校時を最後に行方不明になったとある。顔に見覚えはなく、同じメールを受信した知人と安否を心配していたが、幸いなことに2時間後、無事に発見されたとのメールが届いた。
 安堵(あんど)したと同時に、子どもの安全を確保するにはどうすればいいのか、深く考えさせられた。米国では、銃関係の事件や犠牲者が多い印象があるかもしれないが、実は誘拐事件による行方不明者も多い。ある統計によると、その数は1日当たり2千人を超えるという。信じられない数字だ。
 身代金目的も依然多いが、家族の手による誘拐も少なくない。離婚率が高い米国では、親同士や親族による子どもの奪い合いが絶えないからだ。行方不明者の多さは日常生活でも実感する。毎週受け取る広告の裏面や請求書、スーパーの掲示板などで、それらの情報を目にしない日はない。

●アドレノクロムとは
リンク
アドレノクロムとは、人間の子どもを暴行、拷問し、恐怖の絶頂の時に出るアドレナリンのこと。どうやって抽出するかというと、眼球の松果体というところに針を刺すんだそうです。

もうやっていることが人間じゃないですよね。悪魔です。だから悪魔崇拝とか言われているんでしょうかね…

これが、若返りや若さを保つために絶大な効力を発揮するんだとか。これを世界の政治家、セレブたちがこぞって欲しがっているってわけなんですって。これがもし本当だったら、子どもを犠牲にして若さを追求するなんてエゴもいいところですよ!いやもうエゴじゃないです、やっぱり悪魔ですね。

 

 

 

カニ 

自然体験活動は課題解決能力や豊かな人間性など「生きる力」を養う

「幼少期の自然体験がもたらす驚くべき教育効果! 「生きる力」はなぜ育つのか(リンク)」
-----------------------------------------------------------------
かつての子どもたちは、放課後や休日には野山を駆け回り、昆虫採集をしたり、秘密基地を作って遊んだりと、思いきり体を動かして遊んだものです。しかし、現代の子どもたちは、のびのびと遊べる場所が限られてしまったり、習い事や塾が忙しかったりで、体を動かして遊ぶ機会が減ってしまっています。

中略

信州大学の平野吉直先生が小学4〜6年生を対象に調査によると、自然体験活動をたくさんした経験した子どもには、課題解決能力や豊かな人間性など「生きる力」が備わっているのだそう。また、自然体験活動をたくさん行なったグループほど、「わからないことは、そのままにしないで調べることが多い」、「誰とでも協力してグループ活動ができる」「相手の立場になって考えることができる」などの項目に「当てはまる」と答えており、自然体験活動を行なわなかったグループほど、それらが「当てはまらない」と答えた子どもが多いという結果が出ています。

では、その「生きる力」とは、実際にはどのような力なのでしょうか。

○自然に親しみ、理解する
○環境に対する意識を持ち、生命の大切さを知る
○想像力
○発想力
○表現力
○豊かな心を持つ
○疑問を解決しようとする気持ちが生まれる
○探究心が芽生える
○自主性が芽生える
○協調性、コミュニケーション力
○健康で丈夫な体
○情緒の安定
たとえば、自然の中で見つけたおもしろい形の葉っぱでどんな遊びができるのか考えることで、発想力や想像力を養われます。また、生き物に触れることで生命の大切さを知ったり、土や水に直接触れて遊ぶことで健康で丈夫な体や情緒の安定が身についたりします。自然体験はやはり、子どもにとって良い影響があるのですね。

後略

 

 

 

 

わたっきー