英名門校、岩手県に中高一貫校開設。革新的なカリキュラムとは?

2022年8月開校には、イギリス名門中高一貫校が岩手県安比高原に開校する。カリキュラムには、室内での勉強以外に屋外へでて自分の肌で体感しながら学ぶメニューも豊富に用意されている。学びの在り方も変わってきている。


以下引用------------------------------

ハロウインターナショナルスクールリンク

 「ハロウスクール」の名前をご存知の方はどのくらいいるだろうか。イギリスの学校が日本に開校すること自体、初めて聞く方も多いのではないだろうか。

イギリスにあるハロウスクールは、創立450年を迎える伝統的なパブリッシュスクールだ。学齢で言うと、日本の中学・高等学校に相当する。イギリスの元首相ウィストン・チャーチルらを輩出し、ウィリアム王子、ヘンリー王子の母校であるイートン校とともに名門9校のひとつに数えられている。

 そんなハロウスクールが2022年夏、岩手県安比高原ハロウインターナショナルスクール安比ジャパン(以下、ハロウ安比校)を開校を計画している。ハロウスクールは本校のほかに、タイ・バンコクや中国・上海、北京などアジアを中心にすでに8校のインターナショナルスクールを開校している。2021年1月30日、オンラインにてハロウ安比校のローンチイベントが開催された。日本での開校の経緯や教育内容について聞いた。

(中略)

「ハロウスクールでは、すべてのスクールが同じ教育理念に則って教育を行っています。その教育理念とは『Educational Excellence for Life and Leadership』。この言葉には、優秀な成績や突出した才能を育てるためだけの教育でなく、生涯役立つ価値観と学び続ける姿勢を身に付けること、国際社会で活躍できる人材になってほしいという意味が込められています」(マロウィック氏)。

(中略)

「自然と育む、卓越された教育」ハロウ安比

 日本初のハロウスクールであるハロウ安比校は、11歳から18歳の生徒を対象にした全寮制の学校だ。「自然と育む、卓越された教育」というキャッチフレーズのとおり、世界最高水準と言われるイギリス式の教育を導入した日本初のインターナショナルスクールとなる。その最大の特徴は、恵まれた立地だ。校舎が位置するのは、世界有数のスキーの聖地とも言われる岩手県安比高原。当校で展開される3つのカリキュラムはすべてこの魅力的な環境で行われる。

 カリキュラムの中で中心となるのが「コア・カリキュラム(Core Curriculum)」。単に教科書で勉強するのではなく、屋外に出て学ぶことも予定されている。たとえば校舎内の実験室で生物の授業を受けることと合わせて、実際に大自然の中で生物や植物と触れ合い、自分の肌で体感しながら学ぶことで、学びの豊かさを経験していく。

 そして、イギリスのカリキュラムをベースに、日本・中国の言語と文化を取り入れ、少人数制でひとりひとりをケアしながら授業を進めるという。四季を通しての自然の変化を感じることで、これからの時代を担うリーダーにとって必要な自然との共生やサスティナビリティについて考える機会を提供する。

ハロウ安比校ローンチイベントに登壇したAISLハロウグループ・オペレーション・ディレクターのマイケル・ファリー氏ローンチイベントで話すAISLハロウグループ・オペレーション・ディレクターのマイケル・ファリー氏

 次に「スーパー・カリキュラム(Super Curriculum)」。直訳すれば「特別授業」になるが、当校では授業の枠を超えた貴重な学びを指す。たとえば天文学の授業をする際、ほとんどの学校は教室内で映像を見るなどして学ぶが、ハロウ安比校では、満天の星空の下で、本物の夜空を見ながら学ぶことを想定している。大自然の中から学ぶ、STAEM教育にも注力するという。

 最後に「コーカリキュラム(Co-Curriculum)」。日本語では「正課併行プログラム」と説明される。課外活動として生徒が自由に参加の有無を選べるものを指すこともあるが、ハロウ安比校では教育プログラムとして組み込まれ、授業と並行して行われる。冬にはスキーやスノーボード、夏には近郊のゴルフコースでのゴルフやマウンテンバイクなど、大自然の中で季節ごとに異なるプログラムが用意されている。

 「大自然は学術的な知識だけではなく、将来、国際的に活躍する人材となるために必要な見識や心身を育てることができるのです」とAISLハロウのグループ・オペレーションのディレクターのマイケル・ファーリー氏は語る。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(引用おわり)

(東田清華)

1週間後に病気で死んでしまう子供が騒いでいたら親はイライラするのか?

フレーミングという言葉を聞いたことがあるでしょうか?
聞いたことない、なにそれ?
と思う方が大半かもれないですね。

人間は脳の動かし方によって、身体状態にも精神状態にも大きく影響を与えます。
交感神経を使うのか、副交感神経を使うのかで健康状態が変わるのです。


育児にも役立つ内容なので、
子育て中のお母様には特に読んでほしい内容です!リンク

_________________________________________________________

■ 考え方でホルモンが変わる!出来事を「問題」と捉えるか?別の考えかたをするか?
何かを見たときに、何かが起こった時にそれを「問題」と捉えるのか、
「これは問題ではない」「将来の私の幸せにつながっている」と現実を肯定的にとらえるか、
その現実をどう認識するかで脳の働きが変わっていきます。
 
 私たちの健康のカギは自律神経が握っています。
自律神経とは、「交感神経」と「副交感神経」のことで
二つのスイッチを入れ替えホルモンを調整しています。
 
交感神経が優位だとアドレナリンやコルチゾンといったホルモンが分泌され、
血流が悪くなり、その結果免疫力も低下します。
反対に副交感神経が優位だと、エンドルフィンやドーパミンが分泌され血流が臓器にまわります。
また、これらのホルモンは報酬系ホルモンと言われ、
愛されている・楽しい・幸せという感覚をもたらします。

なので同じことをしていてもどちらの神経を働かせているかによって全く違ってくるのです。

■ 一つのことを別の角度から見てみると捉え方が変わる、”リフレーミング
問題と捉えていたものを、違う見方から認識することをリフレーミングと言います。

○怖がりな子
一人でトイレに行けない。暗闇を怖がる。「怖がり」な子がいたとします。
親はその怖がりな子を心配します。
この子はこんなに怖がりで大丈夫だろうか?
なぜこんなに怖がるのだろうか?
でも、見方を変えると、
”感受性が強い。”つまり、”センスがよく、美しいものや良いものを見せたらよく吸収しそう。”
”アーティストになるかもしれない。”
 となります。

○乱暴なこの場合
おもちゃを投げたり、壊したり。他の子を叩いたりする「乱暴」な子がいます。 
親は子供が乱暴なので心配します。
でも見方を変えると、
”元気がある。”
”体力がある。” ”体力が有り余っている。”
 となります。

■ 子育てに重要な考え方。1週間後に病気で死んでしまう子供が騒いでいたら親はイライラするのか?
産婦人科医で、人間の持つ生まれる前の記憶を研究されている
胎内記憶研究者の池川明先生というかたがいらっしゃいます。

池川先生の講演会を聞きにいったことがあるのですが、
その中のお話でリフレーミングに似たお話をされていました。

子育てにイライラしないために、一つの方法として
「この子は将来素晴らしい人間になる、と信じること。」というのがありました。

講演会の会場で席に座らず走り周っているお子さんを見て、「静かにしなさい。」と親は怒ります。

しかし、もしその子が1週間後に病気になり命を失うことになったら、
その時に親は「あの時のように元気に走り回って欲しい。」と思います。

結局、子供にイライラするのは親の問題なのだと。

会場で静かにしなきゃいけない、と思っているのは親の価値観であり、
親がそう言われて育ってきたからそう信じているのだと。

子育てにイライラするのは世界共通みたいです。
でも、「この子は将来素晴らしい人間になる。きっと素晴らしい大人になる。」
と信じていれば、何をしてもイライラしなくなるといいます。

今、会場を走り回っていたとしても将来素晴らしい大人になると分かっているのなら、
静かに座っていないことに対して確かにそんなにイライラしなくなります。

物事の捉え方を変えるという意味で、
「この子は素晴らしい大人になる。」と常に思ってお子さんに接することで、
自動的に脳の認識の仕方が変わってきます。

これもまた脳の使い方を変える一つの手です。

_________________________________________________________

(源 浩司)

利き手って何?!② ~人類の進化から『学び』の本質を解明する~

◎〝手〟の動きは〝脳〟の動きと密接に関係がある
先日(2022年5月末)に、NHKで放送された『チコちゃん』シリーズでも、何故、人類の9割が右利きなのか?が扱われていました。現在では約70億が右利きだ、ということになりますが…
どうやら『言葉』を使う・話す様になってから、人類は「右利き化した」ということです。
…古代まで遡っても、遠い昔、約180~240万年前のタンザニアに住んでいたとされる古代人「ホモ・ハビリス」の右利きの割合は「6割程度」だった。しかし、約2500年前の古代人の「右利きはほぼ9割まで」増えていた。
この2つの古代人の大きな違いは、「言葉を使っていたか」だという。人類は狩りを集団で行うようになっていくと、言葉を使うようになった。言葉を司る言語野があるのが左脳であるということで、左脳が進化。その結果右利きの人が増えたという。

さて…、
★重要なことは、利き〝手〟の動きや機能は、〝脳〟のはたらきと密接に関係している、ということです。
もっと云うと、『学習する』ことと密接に結びついていて、人類としての『学び』を象徴する〝何か〟がある「はず」です。


総じて…まず改めて云えることは、『学び』・『学習』能力は、先天的に決まるものではなく、後天的に獲得されるものである、ということ。しかも、驚異的なことに、ほぼ「確定」してしまった能力さえも、塗り替えられ、転換可能である、ということ。
そして、考えてみてください…。
もはや大人であっても、いや、むしろ、大人になればなるほど、『利き手』を替(変)える、という転換・克服は、かなり根気の要る、しんどい営みです。
※そもそも自然なものを矯正する(*強制ではない)ことに賛否両論ありますが…、今回の主旨ではないので一旦、棚上げにします。

冒頭の…四つ葉のクローバーも然りです。植物ですが、同じ生き物として、たとえ1枚の葉を引きちぎられても、環境に適応して、生き続けるでしょう。たとえ、三つ葉に「戻った」としても…。

ここで最後におさえておきたい『本質』が、あります。
★まず、ある特殊なエラーは、発育発達における何らかの能力や才覚の発露と密接に結びついている、ということ。
(そして、より凄まじいことには…)
★生き物、とりわけ人類は、自然に決まっていくもの・決まってしまったと思われている様な能力さえも、〝生きる〟必要に応じて、塗り替えてきた=進化してきた、ということです。

…このことは、字が汚い、にはじまり、いわゆる苦手科目をどうする?や、なかなかモノを覚えることができない、数字を扱うのが苦手…あるいはここ数年急速にオープンになってきたいわゆる「発達障害」の問題や、果ては社会に出てから職場で使える・使えない人材問題への、捉え方や向き合い方を変えるだけでなく、人類としての実質的な能力開発に結びつけ、〝活かす〟ことができます。

そして…それこそが本質的な意味での〝多様性〟です。


…では、そもそも何故、とりわけ人類は本能を克服するほどの能力や機能を塗り替えられるようになったのか?! また、如何なる進化過程において〝そう〟なったのか?!…について深掘りしたい方は、是非とも下の関連ブログも、ご参照下さい。
↓↓
リンク
(観念機能の形成過程29)
リンク
(人間の赤ちゃんが哺乳類に比べて未熟児で生まれてくるのはなぜ?)

------------------

(亀尾充啓)

利き手って何?!① ~人類の進化から『学び』の本質を解明する~

「四つ葉のクローバー」を見つけたことがありますか?
一説では、5,000本に1本、他説では、10000本に1本の割合…だとか。

〇そもそも「利き手」って何?
ところで…周りに「左利き」の人はいますか?
統計(リンクによると、人の利き手の人口比は、右利きが90%、左利きが10%の割合の様です。
利き手自体は、遺伝的な要因+環境的な要因によって決まります。
※因みに…「利き手」は英語ではdominant handです。

また、次のようなデータもあります。
・右利き同士の親から生まれた子供の左利きの比率は9.5%で、右利きと左利きの親の組み合わせの場合は19.5%、左利き同士の親の場合は26.1%。
・そして、左利きに憧れたことがある人の割合は30.6%も。しかも、育った時代背景もあってか、何故か30~40代に多い。
(リンク
・さらに、卓球や野球が顕著だが、一般的には10%程度なのに、スポーツ界でしかも一流選手レベルの左利きは、各分野で3~4割を占める。
(リンク


つい最近、塾講師をしている友人から、こんな話を聴きました。
ある小学4年生の男の話です。塾の授業時間前に早目に来て、自習室で学校の宿題である漢字ドリルの書写をやっていて、担当である友人の講師が何気にふと覗きに行った時のことです。
その生徒さんは、字が乱雑でなかなか形が整わなかったのですが、その日は〝いつもより〟筆圧も濃く、形もしっかりめだった〝変化〟を見て、すかさず褒めたそうです。すると、その後残り半分くらいも、さらに集中して見違える様な字を書いたそうです。生徒本人も嬉しそうに「今年で1番いい字が書けた」と言っていたそうです。(…これだけなら、褒めれば伸びる子どもの成長あるあるですが…。)

★ところが…よくよく訊いてみると、その生徒さんは、元々、先天的?!には「左利き」だったそうですが、1年ほど前に、親御さんの意向で、右利きに転換した(しようとしている)最中だったのです。
〝ちょっとした〟エピソード…かもしれませんが、何か『学ぶ』こと、学習することの深いヒントがある気がしました。

調べてみると…『利き手』は、先天的に決まるものではなく、文字通り後天的に、しかも〝緩やかに〟決まるそうです。本当に『利き手』として、肉体的に確定されるのは「8歳」あたりだそうです。(…意外にも、かなり中長期的に決まっている?!)
※因みに、『利き手』以外にも、知られている様に「利き足」はもちろん「利き目」も同様に、後天的に決まっています。いわゆる「目利き」とは異なる根幹能力的な意味で。そうなってくると…もしかしたら無自覚なだけで、二つ同じ器官がある「利き鼻」や「利き耳」や「利き乳」なんてのも、あるかもしれませんね(…いや、おそらくあるでしょう)。

※②に続く…

-----------------

(亀尾充啓)

子育てで知っておきたい「男女の違い」

-----------------------

子どもにも、性別によって発達の特徴があります。その特徴を知って、能力を伸ばすサポートが親には必要になります。人間の脳には、右脳と左脳があります。

右脳は主にイメージの認識や空間の把握、直感やひらめき、想像力をつかさどる役割を担っています。左脳は主に言語表現や論理的思考をつかさどり、分析的な役割を担っています。

脳の発達でみると、男の子の方が女の子より脳の成熟が遅いことがわかっています。これは男性ホルモンの影響によるものです。

■女の子は左脳の成長が早くなります。
男の子は女の子に比べ左脳の発達が遅いですが、その分右脳が発達していきます。特徴としては、女の子は言語能力に優れ、器用でさまざまなことを同時にこなせる要領の良さがあります。
男の子は一つのことに集中して取り組み、図形や空間認識が得意な傾向になります。

得意・不得意は個人差によるものが大きいですが、これらの発達の違いをきちんと知っておくことが、子どもを伸ばす上ではとても大切なものになります。

■男の子とはたくさん話す
先ほども述べた通り、男の子は左脳の発達が女の子に比べて遅いです。だから話しかけても、一言返事なんてことも多いですよね。これは発達の面では自然なことです。

でも、もっと話してほしいな〜と思うこともありますよね。そんな時は質問をして、子どもにたくさんしゃべらせましょう。大人は聞き役に徹すると良いですよ。

発達の違いはありますが、子どもの話す経験は必ず必要なものです。途中で話を遮らず、子どもが最後まで話ができる環境を整えることで、男の子でも左脳の発達が進んでいきますよ。

■女の子は自信がつくように
女の子は左右の脳のバランスがよく発達するので、さまざまなことを同時に器用にこなすことが得意です。その一方で、失敗を避け、周囲の期待を裏切らないようにしようとする傾向があります。

ですから女の子は、家庭でなんでも話せる安心できる環境にすること、そして成功体験をたくさん積ませることが大切です。自信がつくと、心のリミッターが外れ、柔軟で型破りな発想も生まれてくるようになります。

■固定概念は取り払う
「男の子は強く、女の子は優しく」こんな話を私が子どもの時には聞いたように感じます。今ではこういった固定概念は取り払われつつありますよね。今の社会に関わらず、男女の先入観なく考えることは大切なようです。

男女別学の方が共学よりも成績が良いだけでなく、「やればできる」という自信を持つ自己効力感にも大きな影響があることが世界各国の調査でわかっているそうです。

理由は、先入観が押し付けられないこと、異性の目を気にせず好きな学問や趣味に没頭できることなどのようにです。

発達のスピードに男女の差はありますが、それは小さいうちのことです。ある程度成長してきたら、「男の子だから…」ではなく、子どもの個性をきちんと考えて成長を見守っていくことが大切ですね。

リンク

-----------------------

(姜ヨセフ)

ひきこもり17年、7年半かけ大学卒業 夢は「障害者の相談員」

ひきこもりが17年間続いたあと、婚活するまでの意欲を取り戻した理由は知りたいところ。ひきこもりが悪いとは思わないが、もし自分の身近で起こった場合、どうやって接していくか、毎回気になるところ。

リンク引用

---------------------

京都府宮津市須津の糸井博明さん(48)が9月25日、郵便局で働きながら7年半かかって佛教大社会福祉学部社会福祉学科(通信制)を卒業した。17年間自宅にひきこもり、閉鎖病棟で治療を受けたこともある。こうした経験を生かし、障害者やその保護者のための相談員になることを目指し、就職活動を開始した。卒業証書を手にしながら「支えてくれた全ての人に感謝します。障害者の声なき声を代弁し、心から信頼される相談員になりたい」と笑顔で語った。

中2から自室出ず、閉鎖病棟入院も
 糸井さんは中学2年生から31歳まで自宅にひきこもった。その間ほとんど自室を出ず、テレビを見続けた。昼夜逆転の生活を送り、歯がぼろぼろに。ひきこもった理由については「自分でもよくわからない。学力不足、家庭内の不和、友達との関係などいろいろあった」と振り返る。

 統合失調症と診断され、一時は精神科の閉鎖病棟で治療を受けた。それでも2006年に退院した後は、弁当箱折りの仕事に就いた。リサイクルショップ、弁当づくり、豆腐製造などの仕事を続け、12年からは9年間、宮津郵便局で働いた。

「学ぶのは自尊心を取り戻すため」
 この間、通信制の京都美山高で学び、15年に佛教大入学。「自分には語彙(ごい)力と体験が圧倒的に不足していると思った。このままでは、前に進むことができないので『自己表現をしたい、自尊心を取り戻したい』と願い、勉強を続けた」と進学した理由を語る。

 7年半に及んだ大学生活は「楽しかった。一つずつ単位を取ることに集中した。郵便局の仕事は時間厳守で気が張り、勉強が気晴らしになった」という。

 現在は障害者や保護者のための相談員を目指している。地元の福祉会などを訪ね、自分の希望を伝え、相談に乗ってもらうとともに求人情報を集め始めた。「相談員になりたいと思ったのには、最初に出会った相談員がとても良い方だったから。とことん話を聞いてもらえて、何でも話すことができた。生きる意欲がわき、相談員に食らいついていった。あこがれの存在だった」と話す。

 「婚活」への意欲も十分で、母綾子さん(83)が元気なうちに孫の顔を見せたいという。「何でも前向きに考え、生きていきたい。福祉の仕事で世の中のために役立ちたい。障害者を支える仕事で頑張りたいと思う」と語った。【塩田敏夫】

---------------------

(匿名希望)

子どものスマホ依存ってほんと?~「本当はスマホじゃない」息子の声から考えること~

1歳と3歳の男の子のママでもある私。
ママ友同士のおしゃべりの話題でもよく出る「こどもにスマホ見せる?」。
主人の帰りが遅く、両親も遠方にいることから夜のごはんの支度中や下の子の寝かしつけの時、電車移動の間など、スマホに頼る場面が増えているのが正直なところ。
これって「私だけ?」と思って調べてみると、
0歳赤ちゃんの23%がスマホをよく見ているということも…→リンク

だからって「みんなやってるから良い」ってことにもならないし、何とかしたいけどなぁ…と思う中での出来事。


下の子の発熱で連日看病で手をとられ、上の子には「これ見て待ってて」という場面が多かった中で、スマホの動画に夢中になって時には声を出して笑ってたり、「もっと観たい!」とゴネる時もあるから「息子も満足できているだろうな」なんて思っていました。

ようやく下の子が回復してぐっすり眠れるようになってきた数日後、寝かしつけが早く終わり、スマホを観てる息子のもとにいくとスマホを観ながら笑っている姿の上の子。
いつもならそのまま残った家事もしちゃうんだけど、この日は「ねぇねぇ、寝る前にちょっと一緒に遊ばない?」と誘ってみました。
きっと「スマホ観る!」っていうかな~とも思っていたけど、息子は目をキラキラさせて「え!?なにするの?」と嬉しそうな返答。
自分から「スマホはもうおしまいだね!」とスイッチOFF。
約30分くらい、リビングで一緒に風船でキャッチボールをしたりお店屋さんごっこをしたり…

寝る時間になって「あ、もうこんな時間」というと「もう寝よっか」「また明日もしよう!」とスムーズにお布団に。(名残惜しいのか、ちょっと片付けする手がゆっくりだったけど(笑))

そしてお布団に入った息子から一言、「ぼくね、スマホはいいんだ。ぼくねちょっと寂しくて楽しかったんだ」と。
「それって今まで寂しかったけど、今日楽しかったってこと?と聞き返すと「そうなの。スマホはもういいんだ」と。

スマホがいいんじゃなくて、スマホで何とかごまかしてるだけ。


子どものスマホ依存って、核家族の環境下で、母親都合のものに変わりはないし、スマホを制限すれば、ママに「見せないで」としたら解決するものじゃないんだと思う。
けど、我が子の言葉はホンモノなんだろうし、流しちゃいけないと強く感じています。

 

(奥野紗千)