スキンシップによる皮膚への刺激が、こどもの関係力に大きく影響する。

こどものころの母親とのスキンシップがその後の成長に大きく影響するとのこと。スキンシップによるオキシトシンの分泌によって、挑戦する意欲や、集中力、関係力の高いこどもになるといわれている。


以下サイトより転載
リンク

皮膚は「露出した脳」!?
みなさんは、子どもの頃に親から抱きしめられたり、頭をなでられたりしたことを覚えていますか? あまり覚えていないという人も多いかもしれません。ですが、肌に触れられた記憶というものは、私たちが思っている以上にしっかりと脳や心に刻み込まれているようです。

桜美林大学リベラルアーツ学群教授で臨床発達心理士の山口創先生は、著書『子供の「脳」は肌にある』(光文社新書)のなかで、「幼いころの肌の接触は、単に見たり読んだりした経験に比べると、その後の人生にとってははるかに大きな意味をもつ。そして、知らず知らずのうちに、私たちの生き方や人間関係に大きな影響を与えているのである」と述べています。

山口先生は「皮膚は『露出した脳』であり、皮膚に直接刺激を与えることで脳が育つ」と言います。なぜ「露出した脳」なのかというと、皮膚と脳は同じ「外胚葉(がいはいよう)」という細胞からつくられているそう。そのため皮膚からの情報は、視覚情報や聴覚情報とは違い、ダイレクトに脳へと伝わり、脳を大いに刺激することがわかっているのです。

そして重要なのが、一見「脳」からかけ離れている「肌」という体の末端部への快い刺激こそが、子どもたちの心を豊かに育むことにつながっているということ。山口先生は、親との触れ合い経験が不足している子どもは、愛情の形成が不十分になり、のちに人間関係にさまざまな問題が出てくると指摘します。

例えば、幼児期に母親から添い寝などを通じて肌にたくさん触れられて育った子どもは、成長してからも情緒が安定しており、社交性が高く、他人を攻撃する傾向も低い。反対に母親とのスキンシップが少なかった子どもは、人間不信や自閉的傾向が高く、自尊感情も低いことなどがわかりました。

このように、肌の触れ合いは、子どもたちの人生に大きな影響を与えるのです。


愛情ホルモン「オキシトシン」のすごい効果
なぜ肌に触れることで子どもの心が満たされるのでしょうか? それには、「愛情ホルモン」と呼ばれる「オキシトシン」が大きく関わっています。

先ほどもお伝えしたように、じつは密接につながっている皮膚と脳。人間の脳はスキンシップにより、いわゆる「愛情ホルモン」と呼ばれる神経伝達物質オキシトシンを分泌する働きがあります。このオキシトシンこそが、ストレスへの反応を和らげたり、他人への信頼を強めたり、安心感をもたらして幸せを感じさせたりする効果を生み出すのです。

では、親子のスキンシップによってオキシトシンが分泌されると、具体的にどのような効果が表れるのでしょうか。

オキシトシン効果1:挑戦する力が育つ
普段からスキンシップをしているということは、親子関係が安定している証拠。それゆえに子どもの心は常に落ち着いており、新しいことに挑戦しようという気持ちの余裕がもてるようになります。また、オキシトシン効果で不安な気持ちを抱え込みにくくなり、なんにでも臆することなくチャレンジできるように。

オキシトシン効果2:集中力が高まる
不安や心配事に心がとらわれていると、集中力が下がるのは周知のとおり。日常的に触れ合うことによってオキシトシンが出やすくなると、心身のリラックス効果がもたらされます。目の前のことに集中し、結果を出したいと思っているのなら、まずはスキンシップを!

オキシトシン効果3:コミュニケーション能力がアップする
オキシトシンは人を信頼し、人との絆を強める働きをしてくれるホルモンでもあります。「友だちとうまく遊べない」「衝動的になることが多くトラブルを起こしやすい」という悩みを抱えている子の多くは、家で親に甘えられなかったり、スキンシップが極端に少なかったりする傾向があるそうです。

東京慈恵会医科大学名誉教授の前川喜平先生は、「身体的接触は、安心感と親密さを増し、信頼関係を築きやすくなる」と述べています。実際に、スウェーデンの保育園や学校で子どもたちにマッサージを受けてもらったところ、落ち着きが出て、他者との関わり方が穏やかになっていったそう。なかでも、乱暴な言動で困らせていた男の子は、タッチケアによって攻撃的な振る舞いが減少したと言います。

また、乳幼児期に母親とのスキンシップが不足していた子どもは、高校生になったときに衝動的に他者を攻撃する、すなわち「キレやすい」傾向があることも判明。それは「皮膚レベルの欲求が満たされていない」ことが原因であり、「皮膚の欲求不満が、生まれてからずっと続いていたに違いない」と山口先生は指摘しています。

スキンシップを増やして不満を解消することで、問題行動が軽減された実例もたくさんあることから、子どもの心の問題は親とのスキンシップと密接に関わっていることがうかがえるでしょう。

 

(真田俊彦)

江戸時代、村の娘たちの自治組織だった「娘組」について

江戸時代、村落共同体には、子供~大人まで、複層的に村落自治のための組織と役割があった。
7~15歳の男女で「子供組」、15~35歳の男性で「若者組」が構成され、それぞれ祭りの運営や火事・地震津波・風水害・海難事故・急病人の発生等非常事態への対応など、重要な役割を担った。
子供たちが村の一員として立派に成長するのに、そうした子供たちの自治組織が果たした役割は大きい。(リンク
同じように、村の12,3歳以上の娘たちの組織として「娘組」があった。その内容についてまとめてみる。


■若者組同様、娘組も共同生活で自治が基本であり、その中で一人前に成長した
 伝統的に村落共同体の若い男女が自家を離れて一定の規制のもと、集団的訓練を受ける共同の寝室を寝宿といった。
 それは、遊び宿、寝部屋とも称され、性行為や夜這いの指南などを含む、婚姻の媒介機関としての役目を担った。
 通常、男女別々に宿があったが同宿のものもあった。
 青年たちが集うのが若衆組ならば、村の娘たちの組織は「娘組」である。
 娘組は娘仲間、おなご組ともいい、共同作業したり、寝泊りしたりできる「娘宿」も存在した。
 宿を提供した家の主人や主婦が宿親として娘をしつけ、相談役人もなり、配偶者選びの助言者にもなった。宿の主婦をツボネなどといい、娘たちのよき相談係であり、監督者であった。そして、嫁入りの際は第二の母として媒酌人となったようである。


■共同で生産活動も担っていた
 夕食をすませると娘たちが集合して、縄をなったり、草履を作ったり、苧績み(布に織るために麻を細く裂いてつなぎ合わせて糸にする)や、裁縫などの針仕事を、共同で作業するなど、夜なべ仕事をする。


■若者組との交流の場でもあった
 娘宿は若い男女の交際の場であった。例えば、ムスメアソビといって、同じムラの若者たちが連れ立って娘宿を訪れ、娘たちの仕事を手伝いながら談笑した。その中で一組のカップルが自他ともに認められると、宿親が話をつけて正式な婚姻関係に発達したという。
 そうしたことは若者が何の規律もなく勝手する放恣では決してなく、仲間同士内の相互規制が働いていたようだ。

■若者組との交流も、完全に自治に任せられていた
青森県下北郡東通村尻屋における「若者連中規約」には以下のようにある。この村では、若者の下部組織として娘組が位置付けられていたようだ。
一、若者連中は一週間に一回平均なる集合に会合する事。
一、15歳以上の女を以て、「めらし組合」を組織し、これは若者連中に附属し、凡ての行動は若者連中の指揮を受くるものとす、随って保護を受くるものなり。
一、「めらし外泊」は、若者連中の許可なくして出来ざる事。
一、尚連中の若者に非ざれば、肌を接する能わざる事。
一、家族は一切娘そのものには、何も構えもせず、一切若者連中に預け、若者の自由に任せること。

■なぜ消滅したのか?
 特に明治後期から大正期にかけて、各地に青年会(青年団)や処女(しょじょ)会が発足した。これは品行方正な若者を育成することを目的とし、かつての娘組については、きわめて批判的であった。
 当時の社会で貞操観念の欠如などが問題となり、娘宿がその温床とされたからであるが、批判的な資料の例をあげてみると、いくつかある。
 1911(明治44)年、三重県志摩郡畔名村(現志摩市)処女会が郡長より表彰を受けたが、会の決議実行事業には「寝屋ニ行カサルコト」という項目が見られる(「志摩郡公報」)。また、同県越賀村でも、大正時代まで娘宿が存在したが、名古屋の新聞により貞操観念がないと非難されたことを機に、青年団長の指導でアソビヤが廃止されたという報告もある。
 さらに、18年(大正7)年、同県船越村の処女会の第17回幹部会での会長の修養講話においても、会員に寝屋に泊まらず、自宅で起臥するよう自覚を促している。
 なお、娘宿の廃止について抵抗があったことも事実で、前述した有滝ではワカヤの存廃をめぐって青年団内部が二分したが、結局は消滅していったという。


【参考】
青年団の活動で消滅-若者の男女交際の場「娘宿」
リンク

「農村・漁村にあった「寝宿」が消滅したのはなぜか」
リンク

 

(小川泰文)

兄弟の仲が悪くならないために、下の子がお腹にいるとき&生まれてきたときにできること

1人の子育てでも大変ですが、やっぱり弟・妹も・・・と考えて、ようやく命が宿った時に考えてあげたいことが書かれていたので紹介します。

リンク
****************

第2子の妊娠・出産では、上の子が赤ちゃん返りをしたり、「自分が一番」と考えてしまって、下の子に悪さをしたりする場合があります。
ママにとっては「困ったことになった」と感じるかもしれません。

でも、上の子にとっては「ママを取られる!」と強く感じ、不安に陥ってしまうくらいの事態なのです。
ですから、上の子の不安を取り除いてあげることが必要です。

〇兄弟仲を良くするために、「妊娠中」にできることは?
・上の子を優先する
ママの妊娠で、上の子は「ママが取られる」と無意識のうちに感じ取ってしまうことがあるようです。この時期は、お腹の赤ちゃんも大事ですが、上の子を第一に見てあげてください。そうすれば、自然と気持ちが安定してきます。

・赤ちゃんのことをポジティブに伝える
安定してきたら、お腹にいる赤ちゃんからのメッセージであるかのように、言葉を伝えてあげましょう。わかりやすい言葉で話すことで、上の子も理解しやすいはずです。

たとえば、次のように語りかけるのもいいですね。
「赤ちゃんが ”早くお兄ちゃん(お姉ちゃん)と遊びたい” って言ってるよ」
「お兄ちゃん(お姉ちゃん)に会いたがっているよ」
「赤ちゃんと一緒に○○できるようになると楽しいね」 など

一方、NGなのは、叱るときに赤ちゃんのことを持ち出すことです。
赤ちゃんはまだ産まれていないのですから、上の子がしたことだけを叱るようにしましょう。

〇兄弟仲を良くするために、「出産後」にできることは?
出産した後、上の子の目には、赤ちゃんが実際に触れることのできる存在として映るため、嫉妬や寂しさから「赤ちゃん返り」をしてしまう場合があります。そんなときも、上の子を第一として構ってあげることが大切です。

自分が愛されて大切にされていると感じて理解できると、人にも優しくなれます。小さくても、その思いは同じです。

次のような声かけをしてあげましょう。

「お兄ちゃん(お姉ちゃん)になってかっこよくなったね」
「やっぱり頼りになるなぁ。ありがとう!」
「○○(赤ちゃん)は、お兄ちゃん(お姉ちゃん)といるとうれしそうだね」 など

こんなふうに言われると、自分は役に立っているという気持ちが大きくなります。ママのため、赤ちゃんのためにと、動ける子になるでしょう。

できたら、とにかく大げさにほめてあげるがポイントです。ほめてあげられるということは、「その子のことをしっかり見ているよ」というサインでもあります。
それを上の子がしっかりキャッチできることが大切です。


上の子に、絶対言ってはいけない言葉はこれ!
どんなにほめてあげても、この一言を言うと台無しになってしまいます。
(続きはリンクから)

 

(じゃがじゃがじゃーが)

子どもの活力は、集団の中でこそ上昇していく

学校の強制圧力、習い事や親の管理圧力。現代において、ほとんどの子どもたちが当てはまる環境ですが、そこから彼らを解放するにはどうする?
その導きとして、江戸、縄文における子育て、それを取り巻く環境を探索しています。そこから見えてきたことは、

1.生産集団の中で子どもを育むこと
・現代では母親と子供の1対1になる場面が極めて多いですが、それでは、親は親と位置付けられ、子どもは子どもに位置づけられる。管理する・与える側と管理される・与えられる側の関係が明快で、ほぼ固定的です。核家族の家庭はほぼ例外なく当てはまる構造です。
・よって、家族を超え出た集団の中で子どもを育むこと。さらに、生殖集団としての単位(家族・ママ友繋がり)ではなく、「生産課題を担う集団」であることが重要です。生産課題の圧力下で初めて、大人も子どもも真っ当に育っていくからです。これは、江戸時代の商家における子育ても同様で生産単位が家族という位置づけです。

2.役割期待がある
・次に、大人も子どもも「相互に期待がある」ということに注目しています。人類にとって、相手の期待に応えることが何よりもの充足源(共認充足)であるため、子育てにおいても不可欠なものです。そして、この充足を得るための(期待に応えるための)課題が重要です。
・生産集団であれば、常に生産課題があるため、これにどう応えていくか・担っていくかという役割期待があります。子どもたちにとっても、この役割期待は活力源を上げるために非常に重要です。
・まわりの仲間からの「生産課題を担う一員になってほしい。」という期待は、子供たちの活力を上昇させていきます。縄文時代においても、7、8歳にもなれば、狩り・採集・小さな子の子守も担うため立派な成員の一員です。

次なる追求ポイントは、「子どもたちの活力を上昇させるような課題とそれを生みだす場とは?」です。先端的な取り組み事例から、学んでいきたいと思います。

 

小林健太)

不妊治療の増加~血のつながりは本当に重要なの?

実現塾で哺乳類の集団形成過程を学ぶ中で、血縁関係よりも、親和関係(特にメス同士)が集団の基盤であることが見えてきた。

>ここで注目すべきは、血縁関係があるかどうかは二の次であるという事。母子は集団の原点ではあるが、血縁があっても親和蓄積がなければモグラのように集団化できないということ。リンク

一方、日本における不妊治療は増加の一方で、2019年には45万件の体外受精が行われている。ただネット上では「先が見えないので辛い」、うつになったetcの声も多い。

不妊治療増加の原因としては、不妊そのものの増加(精子半減etc)や技術の進歩が挙げられるけれど、「血のつながった子」「自分の子」への幻想(ひっくり返せば、血が繋がっていないと愛せないのではないか?といった不安)、遺伝子絶対信仰も拍車をかけているように思われる。血のつながりが大事という思い込み観念こそが、いろんなことをおかしくしているのではないか。

生命原理・自然の摂理に鑑みれば、哺乳類の集団形成においての基盤は、何をおいても親和充足である。養子縁組等をされる方は、自ら集団(家族)を創るという覚悟(主体意識)が強く、親和を大事にされるだろう。とすれば、里親や特別養子縁組等は大きな可能性(充足先)だ。
 
現に、血が繋がっていても親和関係の希薄な親子関係は、毒親や精神欠陥児の温床にしかなっていない><。

愛情不足の赤ちゃんにもたらす影響

以下 リンク より引用
アカゲザルの実験
1950年代アメリカのウィスコンシン大学で、心理学者のハリー・ハーロウによって行われた有名な実験があります。生まれて間もないアカゲザルの赤ちゃんを檻に入れて、母親代わりの哺乳瓶付き針金人形と毛布の人形を並べておきました。

この実験には、ミルクをくれる母親とミルクはくれないが肌のぬくもりをくれる母親のどちらを必要としているかを観察する意図がありました。赤ちゃん猿は、ミルクを飲むときは針金人形に向かい、満腹になると毛布の人形に向かいました。

しかし、生身の母親と触れ合うことができなかった赤ちゃん猿は、成長後も群れに上手く馴染むことができませんでした。この実験は、愛着実験やアカゲザルの実験と呼ばれ、愛着の形成には授乳といった飢えを満たす行為だけでなく、皮膚の接触、つまりスキンシップが重要であるということを証明しています。

■フリードリヒ2世の実験
6つの言語を会得したフリードリヒ2世は、人間の言語能力は生得的なものであり、「誰しもが生まれつきの言葉を持っている」と考えていました。「言葉を教わらずに育った赤ちゃんは、どんな言葉を話すのか」に興味をもっており、50人の赤ちゃんを集めて、実験をすることにした。

フリードリヒ2世は、赤ちゃんへの人間的なコミュニケーションを禁じて、目を見てはいけない、笑いかけてもいけない、語りかけてもいけない、触れ合いを一切してはいけないと命じた。

集められた赤ちゃんは、乳母や看護師から十分なミルクを与えられたにも関わらず、全員死んでしまった。

■心理学者ルネ・スピッツの実験
フリードリヒ2世と同様に心理学者のルネ・スピッツは、戦争の孤児55人を集めて、人間的スキンシップを一切行わない実験をした。

55人中27人が2年以内に死亡して、残った子供も17人が成人前に死んでしまった。11人は成人後も生き残ったが、知的障害や情調障害による後遺症が確認された。

■20世紀初頭の欧米の孤児院での状況
20世紀初頭の欧米の孤児院でも、赤ちゃんの死亡率は高かったようです。その頃の最新の教育方法は、赤ちゃんに理性的な能力を与えるために、あまり触れないことが推奨されていました。

従来通り赤ちゃんをあやしたりしていた貧乏な孤児院よりも、裕福で最新の研究方法を取り入れた孤児院のほうが死亡率が高かったと言われています。

■愛情ホルモンの効果
愛情ホルモンであるオキシトシンには、ストレスの抑制、恐怖心の緩和、好奇心の向上、記憶力の向上、心臓機能の向上、免疫力の向上といった効果があります。子供のオキシトシン分泌を促進させるためには、会話や抱擁をしてスキンシップをとることが推奨されています。幸福感や感情のコントロールとも関連しており、オキシトシンの分泌量や感受性は1歳6ヶ月頃までに決定されるという研究結果もあります。

高校生163人とその母親を調査では、乳幼児期のスキンシップが不足していた子供は、衝動的に他人を攻撃する傾向が強かったそうです。また、生まれてから3歳までの間に母親が子供の相手をする時間が、毎日4時間より少なくなると脳が正常に機能しなくなるという説もあります。オキシトシンの不足によるストレスが睡眠不足の原因になれば、成長ホルモンの分泌まで阻害することになりかねません。

赤ちゃんの頃は周りに「抱き癖がつくから抱かないほうがいい」と言われますが、それは昔の農家の人が仕事を優先するために作った言葉なので、気にする必要性はありません。
―――――――――――――
以上複数の実験が示しているように、スキンシップの重要性は想像以上。
スキンシップを受けていない子どもはサル、人類問わず、身体に大きな影響を与える。
コロナ禍で接触が危険視されているが、非接触の方が危険だということを十分に周知させたい。

 

(匿名希望)

「会社で子育てを!」、旭山動物園園長の提言

動物の適応戦略を観察してきた方の意見。なるほどです。
特に哺乳類の適応戦略、子育ての仕組みから人間が学び直すことは多そうです。
---------------------------
「会社で子育てを!」、旭山動物園園長の提言
リンク

血縁関係を軸に、生活の基盤を共有する家族制度を、日本人は長い歴史を通じて保持してきた。だが、時代の趨勢とともに、その仕組みに綻びが出始めている。なぜ人間の家族は壊れてしまったのか。これまであらゆる動物とのかかわりを通じて人間社会を見つめてきた、旭山動物園園長の坂東元氏に聞いた。

やっぱり、人間ってすごく特殊な生き物ですよね。自分を変えない。つまり、周りの環境を変える、作り変えるということをずっと続けて生きてきた。例えば南極のような人間が住めない場所でも資材や食料を持ち込み、太陽熱暖房なんか作っちゃったりして住んでしまう。姿かたちは変えずに、いろんな技術やモノを使って環境を自分たちに合わせようとする。その発想というか、思考回路が動物と根本的に違いますよね。だから、自分たちが今与えられている環境の一部として「生きる」感覚がないんです。もちろん、太古の昔、今のような技術がない頃は、環境とともに生きるということがあったのかもしれないけど。環境を変え続けてきた結果、「生きる」という感覚がどんどん生物本来のものからかい離してしまっていると思います。動物にとって「生きる」とは、食べることそのものです。自分が生きるためには誰かを食べなきゃならない。その食べる生き物も誰かを食べなきゃならない。(中略)

家族というのも、そもそもは動物が過酷な自然環境の中で生き残るための1つの共同体、ユニットでした。時代の移り変わりとともに、その形態は変わってきたはずです。人間だってこういう一夫一婦になったのはほんの数千年、数百年前の話です。今だって場所によってはハーレム型のところなど、一部ありますからね。しかし、どの動物もそうなんですけど、基本的には生まれた子供の生存確率を高めるために、共同体や社会が作られるものなんです。大人のために作っているんじゃないんですね。まず子供の生存率をいかに高めるかが前提にあって、その上にいろんな社会、いろんな生き方が構築される。これが本来あるべき社会の姿です。だって、自分だけ生きて、自分だけ幸せになろうとして、命がつながらなかったら、その生物は絶滅してしまうでしょう。(中略)

人間に近い霊長類のオランウータンは雌単独で子育てをします。これは近くで見ていても本当に強い。たくましいなと思います。人間はそこまで強くない。サルやチンパンジーのように、子育てにちょっと疲れたら隣のサルに預ける、みたいな集団やコミュニティーの中でないとやっていけないと思います。ところが今はそれがない。その結果、子どもたちは自分が大きくなるまでに、自分の両親や学校の先生くらいしか大人を知らないで育ってしまう。子供の未来にとって、これってすごく不利益でかわいそうなことだと思います。親からものすごく影響を受けてしまうから。「うちのお母ちゃん、ちょっと普通の大人と違うなぁ」とか客観的に思うきっかけすらありません。親と子が異常なまでに一体化してしまうという問題も起こってきます。(中略)

極端な話、会社をもっとうまく使えばいいんじゃないかなと思っています。会社は、地域社会とは違ってまだ組織としてのコミュニティーが機能しています。働く女性が子供をおんぶして出社してきたら、10分ずつ交代で周囲の男性社員に子守をさせるとか、そういうのがあってもいいのではないでしょうか。だって、8時間なり9時間、1分も休まずに働いている人なんていないでしょう。皆で子守をしながら働く会社があってもいいはずです。このアイディアは実現できると思いますよ。子供がいろんなタイプの大人と触れ合えるメリットもありますし、働いている側もギスギスしないのではないですか。今、自分がいる地域の中やマンションの中で、コミュニティーを作り直しましょうなんて、無理でしょう。だったら、まだコミュニティーが残っている会社の方がいい。価値観を変える余地はあると思います。人間は一人で全部完結できるほど、強い生き物ではありません。特に子育てというのは、何か支えがあってというか、いろんなかかわりがある中ではじめてできることだと思います。それにきっと、人と様々なかかわりを持つ過程で自分にとって関係ないものや、共存できない存在も出てくるでしょう。それに価値を見出したり、認め合う感性を育むことが、「個の時代」から抜け出すために必要不可欠な要素です。今の社会は、どんどんお互いを認め合えなくなってきている。(中略)
------------------------------

 

(匿名希望)