茂木健一郎「学校へ行きたくない子は、脳科学的に学校へ行かせるべきではない」

学校に行くか行かないかよりも、居場所と感じられる所を見つけられるかどうかのほうが重要ってことではないでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リンク  PRESIDENT Onlineより引用します。


日本では学校に行くことが重圧となり、苦しむ子どもや不登校の子どもがいます。かつては誰もが一定の基準の教育を受けられ、学校に行けることがありがたい、という時代がありました。しかし時が流れ、時代とともに学校への価値観が変わる中、コロナ禍でさらに教育環境は激変しています。

不登校脳科学から考えてみましょう。

理屈では学校に行かなくてはいけないと思っていても、どうしても体が動かなくなってしまうことがあります。これは脳の側頭葉の内側の奥にある、感情を司っている偏桃体の反応によるもので「フリージング」と呼ばれています。

苦しいことがあっても、最初のうちは我慢して学校に行けるけれど、あるところで脳の感情の回路が無理だという結論を出してしまうのです。ですから、子どもが「学校に行けない」と言っているときは、脳がそのような答えを出しているため、親は本人が言っていることを受け止めることが不登校の第一原則なのだと思います。

◆「人生そのものが大学だ」という考え方
学校に行きたくないときは、あせらないで休むことが大切です。あせってしまうと、脳はかえって疲れてしまいますから、極端なことを言えば一年間寝ていたっていい。人間の脳は元気になればやる気が出てくるので、それを待つのがいいと思います。

でも本当は、いろいろな生き方がありますよね。発明王エジソンとか、文学者のヘルマン・ヘッセとか、偉大な天才たちが独学です。能力の高い人が、必ずしも偏差値の高い学校に行っていたというわけではないんです。

英語ではユニバーシティ・オブ・ライフという言葉があり、人生そのものが大学だといいます。いろんなことを経験して、それが学びだという考えもあり、志をともにするものが集まって学び合うという場もある。学びは人の数ほどあるのではないでしょうか。
(中略)

不登校の背後には「ありのまま」の豊穣さがある
不登校の問題は、子どもたちの「ありのまま」を受け入れるという、教育における根本思想につながります。子どもたちの個性は、もって生まれたものであると同時に、その経験を通して育まれていくものでもあります。その個性の成長の軌跡において、「今、ここ」のありようを「安全基地」としていったん受け入れてあげることが、何よりも大切なことなのです。

不登校は、個性の一つの現れ方に過ぎません。その背後には、とても豊かな「ありのまま」の豊穣ほうじょうがあります。その奥深い個性のあり方を伸ばすために、さまざまな工夫を大人たちがしてあげるべきだと思います。

それでは子どものありのままを受け入れる「安全基地」とは、どういう場所なのでしょうか。

それは自分が自分でいられる場所、つまり「居場所」です。脳科学では「セキュアベース」といって、気を張ったり、何かを演じたりしなくてもいい、リラックスできる場所を指します。

本来、家庭は子どもにとって居場所であるはずです。しかし親からの要求が強くて、親がいる間はゲームを我慢して勉強をしているふりをしなくてはいけないとなると、親がいる間は、その子にとって家に居場所がないような状況といえますね。

◆「居場所」は人間の脳を成長させる

一方で、自分が役に立つ場所というのも居場所になります。お手伝いができるとか、自分が必要とされている場所です。人間の脳には他人のために行動しようと考える思考の回路があるので、誰かのために何かしたいと本能的に思うのです。

子どものころに居場所があるかどうかで脳の発達が変わることが、科学的な研究で証明されています。

居場所をつくることは、とても創造的な行為です。子どもにとって居場所を得るということは、長い生涯全体にわたってかけがえなのない財産になり、また成長の礎いしずえになってくれるのです。

居場所をつくることは子どもだけでなく、大人を含めた社会全体にとっても大切な課題になります。

たとえば現代では、インターネット上のさまざまなプラットフォームや、ソーシャルメディアは、多くの人にとっての「居場所」になっています。テクストや動画をシェアし、おたがいにやりとりすることで自分を表現し、さまざまな「他者」に出会うことができる。そのような行き交いを通して、少しずつそれぞれの個性を活かすことができますし、さまざまな創造も生まれます。

現代において、社会や経済が発展するための基礎は、巧みな居場所づくりにこそあるといえるでしょう。その際、さまざまな個性を包摂するような仕組みが必要です。子どもの学びから大人の活動まで、「居場所づくり」は鍵となります。
居場所こそが、人間の脳を成長させるのです。

(後略)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

(がらがらどん♪)

学校から薬を勧められる「発達障害」の子どもたち

発達障害が増えている現在。そうった子どもたちに、学校側から薬を服用を進められることが増えているという。

*************************
東洋経済(リンク)より引用
引用開始

■学校から薬を勧められる「発達障害」の子どもたち

「小さいうちのほうが少量で済むから、薬を飲んだほうがいいですよ」「薬を飲んで落ち着いた子もいます」

都内の公立小学校に通う息子が小学3年生のときのこと。母親の後藤恵美さん(仮名)は、学校の面談で特別支援教室の教師から言われた言葉に戸惑った。

後藤さんの息子は、低学年の頃から授業中に教室の外に出てしまったり、同級生にちょっかいを出したりと落ち着きがなかった。これまで学校の面談では、何度も服薬を勧められた。

「学校の面談で言われている以上は何かしなきゃ」

そう思った後藤さんは、子どもの発達障害を診る近所のクリニックに息子を連れて行くと、ADHD(注意欠陥・多動性障害)と診断された。ADHDは、不注意と多動、衝動性が特徴とされる発達障害の1つだ。

学校が「薬の服用」を推奨
たしかに息子は、学校から見ると「問題行動」と言われる言動がある。同級生とトラブルがあると、学校から連絡があり、後藤さんが菓子折りを持って相手の親に謝りに行ったことは一度や二度ではない。それでも、後藤さんは今の段階で薬を飲ませたくないという。

「自分もイライラして、『薬さえあれば』と思うことがあります。でも、一度飲み始めると、いつまで続けるのかわからない。多動は成長して落ち着くこともあるので、今は薬に頼りたくありません。本人が薬を理解したら考えようと思っています」

そう話す後藤さんだが、教師や副校長に囲まれる面談が毎回憂鬱でたまらない。「医者よりも学校の先生から薬を勧められるのが、一番つらい」という。

後藤さんのように学校から促されたことをきっかけに、医療機関につながるケースは珍しくない。複数の医師によると、学校から薬の服用を推奨されて医療機関を訪れる患者がいるという。発達障害児を診療する獨協医科大学埼玉医療センター・こころの診療科の井原裕診療部長は、次のように話す。

「薬ですべてが解決すると思い、『薬を出してもらえ』と家族に命じて、患者を受診させる教師もいる。私は『魔法の薬』ではないと伝えている」

小学6年生の息子がいる別の女性は、「ちょっと問題があると発達障害を疑われる」と憤る。

「3年生のとき学級崩壊が起こり、36人中8人もの子が、担任教師から『どこか(医療機関)に相談したほうがいいんじゃないですか』『検査を受けたほうがいいのでは』と声をかけられました。でも、学年が上がり担任が変わったら、何も問題がなくなりました」。

発達障害は原因が明らかでないため、血液検査や脳波などの数値で診断されるものではない。国際的な診断基準や知能検査などの尺度はあるが、最終的にはあくまで医師の問診によって診断される。

家庭や学校での様子を家族から聞き、「落ち着きのなさ」や「衝動性」といった特性がどの程度ならば発達障害なのか、それは医師の判断にゆだねられる。

引用ここまで

*************************

 

(あおい)

反抗期がなくて安心!? 「友だち親子」に訪れる、危険な “親子共依存”

反抗期がなくて安心!? 「友だち親子」に訪れる、危険な “親子共依存
リンク

以下引用
________________________

みなさんは、お子さまといつまで手をつないで買い物に行きたいと思っていますか? 小学校高学年以降、どんな親子関係を望んでいますか?

文部科学省が公開している「子どもの育ちをめぐる現状等に関するデータ集」(2009)によると、「どういう親でありたいか」という質問に対し、約8割の母親が「なんでも話し合える友だちのような母親」と答え、約6割の父親が「なんでも話し合える友だちのような父親」と答えています。どうやら、「できるだけ子どもの自由を尊重する親でありたい」と考える保護者が増えているようです。

もちろん、家族の仲がよいのは決して悪いことではありません。しかし、親と子の距離感を間違えてしまうと、のちのち深刻な問題が生じることも……。今回は「友だち親子」の危険性と、親子の適切な距離感について考えていきます。

「友だちのような仲良し親子」がじつは危険!

「中学生、高校生になっても親と一緒にお風呂に入る」「毎日の洋服も進路も結婚も、迷ったときは親のアドバイスに従う」など、精神的距離が近すぎる親と子が増えていると、教育評論家の尾木直樹氏は述べています。

尾木氏は著書『親子共依存』のなかで、ここ数年「うちの子、反抗期がありません」という保護者の声が増えたことに言及し、次のように指摘します。

最初のうちは、このことを不審に思い、心配する親御さんも少なくありませんでしたが、いまや「うちの子は手のかからない、本当にいい子!」「とっても仲良し親子なんです」と誇らしげに言う人のほうが多数派になったようにも思います。
(引用元:尾木直樹(2015),『親子共依存』, ポプラ社.)

なかには、中学生の息子といつも一緒に買い物に行くことを嬉しそうに話す母親や、思春期の子どもと手をつないで歩く母親もいるそう。こうした現状を、「親子仲がよくてうらやましい」「ほほえましい」と肯定的に評価する風潮に対して、尾木氏は「非常に深刻な問題をはらんでいる」と苦言を呈します。

名門校である鷗友学園女子中学高等学校の名誉校長・吉野明氏も、同様の問題を指摘しています。吉野氏によると、多くの女子学生とその母親に接するなかで、近年特に気になるのが「擬似姉妹」のような母娘の関係だそう。娘の側は、「友だちといるよりも母親と遊ぶほうが楽しい」と感じており、母親は「私は娘を一人前と認めている」と思い込んでいる――。一見、いい親子関係のようですが、実際はお互いに依存し合う「共依存関係」にあるのだと言います。

そして一度、「友だち親子」のような共依存の関係に陥ってしまうと、子どもが成長するにつれてさまざまな問題が表面化するようになるようです。

(以下省略))

________________________

 

(光大)

なぜ人見知りをするのか…?

人見知りが激しい子と、そうでない子がいます。人それぞれではありますが、新しい場所に行くと、人見知りをすることが増えますよね…。
場所の変化と言えばそうなのですが、なぜ人見知りをするのでしょうか…。


リンクより以下

>>2歳を過ぎると、認識力や記憶力がさらに育まれていくため、例えば、安心できると思っていた場所に知らない人がいたりすると、今まで感じたことのないような違和感やストレスを抱えることに。それが、号泣や目をそらす、といった行動に出てくると考えられています。<<
という事例はよく聞きますね。

>>慣れない人や知らない場所だから怖いと慎重に思う一方、「どんな人なんだろう?」「ここは安心して過ごせる場所かな?」と好奇心も旺盛になっています。お子さまが自分にとって、心を許せる人・場所であるかどうか、様子を見ているとも言われています。<<という事例も!

全て、「人見知り」で済ませるのではなく、どういう場所なのか?を判断する時間でもあるということ!
人見知り=慣れていないからか…と思っていましたが、状況を見て判断している最中!というところにビックリ!

子どもたちの人見知りにはいろんな理由があるからこそ、「大丈夫!」と思えるまで、ゆっくり見守ることが大事ということですね!

***

 

(匿名希望)

子どもにとって「大切な人」や「大好きな人」こそが教科書  

物事の善悪、美醜について、子ども達はどのように学んでいくのでしょうか?
親子遊び研究家の篠 秀夫(しの ひでお)氏は、

>子どもにとっては、「自分にとって大切な人」や「大好きな人」こそが教科書

だと言います。
自分が大切にしている人の反応を羅針盤に、子ども達は学んでいく。
なので、大切な存在となれるように、また、きちんと周りの人の想いを汲み取った反応ができることが、周りの大人たちにも必要になります。

「子どもの心の成長」(つながりの中で子どもの心は育つのです)
リンク
より引用します。

********************************
(引用開始)

私たちは自分の知識や体験を基にして、「善悪」や「美醜」の判断をしています。

でも、これは大人の話であって、思春期前の子ども達は、「善悪」や「美醜」の判断をしていません。というか出来ないのです。なぜなら、「善悪」とか「美醜」を判断するためには「社会的な価値観」が身についている必要があるからです。

知識として「人をいじめてはいけない」ということを学んでも、その基になっている「社会的な価値観」自体が身についていなければ、その知識には何の意味もないのです。

大人でもその価値観が身についていない人もいますがそれは育ちのせいです。
助け合い、支え合うような人間関係の中で育った子は、善悪、美醜を判断するための「社会的な価値観」が身につきますが、孤独や混乱した人間関係の中で育った子は、正常な「社会的な価値観」を身につけることが出来なくなるため、自分の個人的な価値観だけで善悪や美醜を判断するようになるのです。
その結果、万引きやイジメのような行為にも罪悪感を感じなくなります。

思春期前の子どもは、まだ「社会」というものが理解出来ません。これは知識や体験の問題ではなく、脳の発達段階の問題ですからどんなに丁寧に説明しても理解出来ません。

そのため、「社会」によってその価値が決められている「約束」とか、「お金」とか、「時間」とか、「犯罪」とか、「社会的ルール」というものの意味もよく分かりません。

でも意味は分からなくても、子どもは「自分にとって大切な人」や「大好きな人」の行為を真似しようとしたり、「そのような人が嫌うようなこと」は避けようとするので、その人が社会的なルールを大切にしているのなら、子どもは自然と「社会的なルールに従った感じ方や、考え方や、行動」を身につけることが出来るのです。

子どもにとっては、「自分にとって大切な人」や「大好きな人」こそが教科書なんです。
そしてそれは2、3才まではお母さんやお父さんであり、4,5才頃からは一緒に遊ぶ仲間や身近な大人になっていきます。
7才頃から先生と呼ばれる人の影響も強く受けるようになります。
9才頃からは本の中の大人からも影響を受けるようになります。

そのため、幼いうちからオモチャやゲームやスマホなどで一人で遊ばされて育っている子は、社会的なルールを身につけることが出来ないままになってしまいます。

子どもの周囲に「指示や命令を与えてくる大人」はいっぱいいても、その人間関係の中に「子どもが学ぶべき社会」はありません。

最近の子は本も読みませんから、本の中の人物からも影響を受けません。そのような子どもが影響を受けるのはテレビやyoutubeなどの映像の中の大人だけです。
でも、映像の中には「社会」も「社会的な体験」もありません。

そして最近、そのような状態の中で育ったとしか思えないような大人の人が増えて来ています。そのような人は見つからなければ、または、正義を盾にすれば、何を言っても、何をやっても許されると思い込んでいます。

そのことで相手が悲しんだり、苦しんだりしても、その相手の感情に価値を感じないのです。
ですから、そういう状態の人に「相手が悲しむから、相手が苦しむから止めなさい」と言っても意味がないのです。

このような状態の子どもたちも増えてきていて、SNSなどの中でイジメなどの様々な問題を引き起こしています。でもそこに罪悪感はありません。

町を歩いていると電柱に「みんなが迷惑するので暴走行為は止めて下さい」という看板を見かけることがあるのですが、迷惑をかけることを楽しもうとしている相手にこんなこと書いても意味がないのです。

(引用ここまで)
********************************

子どもは指令や命令ではなく、「大好きな人」の真似をして学んでいるということ、心にとめておきたいです。

「一緒に」がとにかく子どもにとってやる気満々に


先日この記事を読んで、子ども(6歳♂)に実践してみました♪

今までは、「歯磨きして~!」と伝えても依然せず。
歯ブラシを渡すも歯ブラシは口に入れたまま。
「手止まってるよ~!」と言っても2秒後にはまた止まり。
そんな毎日だったのですが、こうしてみました。

「ママも歯磨きしーようっと!ママの横に立って、同じように磨いてみてよ♪」

すると「やるー!」となり、鏡ごしに私を見ながら歯ブラシを動かす動かす!歯の裏~、歯茎との間~、と言いながらやると、同じように細かなところまで磨いていました。
今まで聴いたこと無いくらいの歯ブラシの擦れるいい音!

そして何と1歳の弟(歯磨き大っ嫌いで、歯ブラシ見ただけで毎回号泣)までも「○○くんもー!」と歯ブラシを持ちたがり口に入れ歯磨き風に動かしていました!

結果3人で短時間できれいに磨くことができ、みんなニッコニコ。
「明日はママが真似してなー」と鼻息荒く上の子がアピールしていたくらいでした。

一緒にやるってこんなにも子どもにとって嬉しいことなんだと身を持って実感♪
確かに大人でも上からやれやれ言われてもやる気なんて出てこないですもんね。
「この作業はこんなに楽しいことなんだ」「できる人はこうやってしてるんだ」「僕ならこうするって逆に教えてあげよう」
そんな自ら湧き出る意欲を、まずはこっちが楽しんで思いっきり取り組んでいくことを続けていきたいなって思います♪

 

(晴葉)

知らないとヤバイ!? ママが理解しておきたい「思春期男子の実態」5つ

知らないとヤバイ!? ママが理解しておきたい「思春期男子の実態」5つ
リンク

以下引用
__________________________________
落ち着きがなくて集中力がなく、予想外の行動をする男の子のママは、心落ち着く暇がありません。

「何でそんなことをするの!」「そんなことをして何の意味があるの!」と男の子の行動はママには理解できず、女の子を育てるよりも苦労すると言います。

そんな男の子の子育て、日々振り回されているママも多いですが、ワケが分からないまま振り回されるよりも、男の子の実態を理解した方が育てやすいもの。

逆に、思春期を迎える前に男の子ママが知らないとヤバイと言われている男の子の「実態」というものがあるようです。

そこで今回は、「母親が知らないとヤバイ「男の子」の育て方」著者:柳沢幸雄を参考に、男の子ママが知らないとヤバイ男の子の実態を5つご紹介します。
ママには理解できない男の子の実態

普通に歩けば良いのに、わざわざ水たまりに足を突っ込む男の子。そんなことしなくても良いのに、わざわざ高いところへ登りそこから飛び降りようとする男の子。

幼少期の男の子の行動はママから見れば無駄な行動が多く、理解できないことが多いでしょう。
しかしこういった無駄に見える行動が実は幼少期の男の子にとっては必要で、意味がある行動だという書籍はよく目にするものです。

しかしいつまでもそのようなママには理解できない行動をしているわけではなく、幼少期と思春期とでは成長と共にまた違ったママには理解できない行動を見せるようになります。
では、思春期を迎える前に男の子ママが知っておいた方が良い男の子の実態とはどんなものでしょうか。早速見て行きましょう。

1: 「うるせぇ!」は「ねえ、お母さん!」と一緒!?
中学生くらいになると、親が介入しない世界が楽しくなり、「大人には分からない楽しい世界」が生まれます。
そういう世界を理解することなく「やめなさい!」「なにそれ!」と、的外れで批判的な言葉を放つと「うるせぇ!」となるパターンがほとんどです。
この「うるせぇ!」は単なる反抗期から来るものだと思われがちですが、息子を理解せず批判的で何もかもを知ろうとする母親がうっとうしくなり「うるせぇ!」になっている場合があることを理解するべきだと著者の柳沢さんは言います。

また思春期を迎える頃は、新しい人間関係や環境に適応していこう、母親から羽ばたこうと子どもなりに頑張る時期ですが、本心は不安で仕方ありません。
その不安が「うるせぇ!」になっていることがあることも理解すべきだと言います。
つまり「うるせぇ!」と言っているうちはまだ親を頼っている証拠。「ねえ、お母さん!」と同義語であることを知っていると、思春期の男の子の子育てが楽になるかもしれません。

2: 男の子が大きく変わるのは女性を意識する時と重なる?
幼少期の男の子はママが大好きで、ママのそばにいたいと願う時期ですが、それが小学校高学年になると先生など親以外の大人からの影響力が大きくなり、親以外の大人を尊敬するようになります。
さらに成長すると、生活の中での判断や将来に対する決断などにも先生から受ける影響は少なくなり、周りの友達や周囲の影響によるものが大きくなります。

こういった男の子の成長は女性を意識する時期とも重なるようで、小学校4年生くらいからは男女一緒に遊ぶことがなくなり、中学校3年では女性と切実に付き合いたいと思うようになり、高校生になるとたくさんの女性と知り合い実際に付き合うようになる。
つまり、家族よりも関心のあるものが見えてきた時が男の子の変化の時であるということです。

(以下省略)

__________________________________

 

(光大)