親の敷いたレールを逸脱する

リンクより********************************習志野台幼稚園理事長、いぬかい良成氏の心に響く言葉より…これからの時代は、AI(人工知能)のロボットが、今まで人がしていた仕事を担っていくといわれています。親の言う通りに勉強して、単に知識をたくさん…

RE>子育てを巡る欧米と日本の違い

子育てを巡る欧米と日本の違い 343351は、確かにあると思います。日本人の子育ては、親子ともどもの関係性において心豊かに繋がる関係であり、子供は可愛らしく愛おしい存在。アメリカの物語で描かれている子供は、みな生意気で、どちらかといえば邪悪。で、…

たったこれだけ!「将来の夢が叶う子」の親がしている、簡単な声かけ

リンクより引用します。(以下引用)(前略)子どもが勉強や習い事に積極的に取り組み、「サッカー選手になる!」「ダンスの大会で優勝する!」「〇〇中学に合格する!」と、夢や目標を口に出す姿は微笑ましいですよね。できるだけ支えてあげたいと思うのが…

「天気のいい日に外遊び」があらゆる習い事よりも優れている理由

「天気のいい日に外遊び」があらゆる習い事よりも優れている理由(リンク)より転載*****************************■どうする?習い事子どもがある程度大きくなってくると、習い事……なんて話も出てくることがあるでしょう。・友…

モンスター保育園・幼稚園の恐怖事例

安心して子どもを預けられるはずの保育園や幼稚園。そこに問題のある保育士や幼稚園教諭がいたら……。今回、20~40代男女が、「担任になってほしくない」「関わりづらい」と感じているモンスター保育士・幼稚園教諭の事例を集めた。まずは、モンスター度・初…

発覚!おぞましい「ブラック保育園」の実態

保育園の実態についてリンク神奈川県にある認可保育園の園長だったみつこさん(仮名)は2016年、同保育園の運営会社を訴えた。みつこさんは2015年春にA社から採用され、園長として園の立ち上げから勤務していた。そのわずか1年後の提訴。いったい、何があっ…

仕事は苦役ではなく、“社会で誰かの役に立つ”」ことだと子供達は心の深い所で知っている!

子供の成長に関する気になる記事があったので投稿します。週間:事実報道 2019年1月31日 弟197号から引用します。>市民記者投稿子供は親を通じて 「会社や社会との向き合い方」学ぶ子供は、親が気にする以上に親を見ているといいます。それは、親を通じて世…

天才児を生む! 2歳までの「睡眠習慣」で脳を育てる方法

囲碁の天才少女、仲邑菫さんが話題になっているが、10歳(小学4年生)でプロデビューをすることが決まったというのは史上最年少だろう。プロフィールを調べると、3歳で囲碁を覚え、3歳7ヶ月で囲碁大会に出場したというのというのだから驚きである。脳回路の…

シェアハウスMiraie~正解のない時代の子育て実践中。学びはリビングでの交流から①~

リンクより引用働き方、住まい方……あらゆるものが速いスピードで変化していく世の中にあって、子育て・教育だけが従来通りでいいとは思えない。ではどうすれば? 次の正解は何? そもそも正解を探すこと自体が間違っているのだとすれば、私たち大人は子供に…

シェアハウスMiraie~正解のない時代の子育て実践中。学びはリビングでの交流から②~

342839①の続き---ぼくの知る限りでは確かに、先生に言われた通り、楽譜の通りに弾く練習が多い気がします。ヨウさん それでは楽器の扱いは上手くなるかもしれないけれど、文字通り音を楽しんだり、自分を表現する力は身につかないと思うんです。ショックだっ…

10歳でプロ棋士!!天才囲碁少女の脳回路=「囲碁の専門回路」はどのように育まれたのか?考察

4月に史上最年少10歳で囲碁のプロ棋士となる仲邑菫さん。1月23日には韓国・ソウルで行われた女流世界トップの崔精(チェ・ジョン)九段との記念対局があり、定先(最少のハンディ)で挑み惜しくも敗れはしたが、攻める姿勢を崩さず、能力の高さを示したと…

「うちの子、天才!」と思う“親バカ”の方が、子どもが賢くなる理由

リンクより引用します(以下引用)自分の子どもに『前向きな期待』を持てていますか?親に「うちの子、スゴイ!」と思われている子どもは、実際に大きい成果を得られるようです。一方、「うちの子は何をやってもダメ」と思っていると、本当にその通りになる…

子供を叱ると怒るの違いとは

子供の育て方についてリンク-----------------------------------------------------------“叱る”と“怒る”の違いこの2つの違いは、感情の入り方にあります。“叱る”は、感情的にならず冷静な言葉で注意をすることです。“怒る”は、相手に対して激しい感情のま…

「考える力」を鍛える方法とは?

「何も考えずに物事を鵜呑みにしてしまう」ってこと、多くないですか?気にしていないだけで、あらゆる場面でそうなってしまっています。学校教育の弊害ですが、どうすれば脱却して考える力を養うことができるのでしょうか?『普段の勉強や生活の中でできる…

子どものやる気を伸ばしたいなら、「楽しい」と感じる瞬間をたくさん用意しよう

(リンク)『家でできる「自信が持てる子」の育て方』(沼田晶弘著、あさ出版)の著者は、国立大学法人東京学芸大学附属世田谷小学校教諭。児童の自主性や自立性を引き出す斬新でユニークな授業が、アクティブ・ラーニングの先駆けとして評価され、数多くのテ…

子どもの成績を上げる親の上手な「すきま時間」の使い方

リンク開成・麻布・筑波大駒場・渋谷幕張…。東京・吉祥寺の進学塾VAMOSは、「入塾テストなし・先着順」で生徒を選抜しないのに有名難関校に続々合格させると話題の塾だ。男女別カリキュラムを取り入れたロジカルで科学的な学習法は、保護者から圧倒的な支持…

頭のいい子を育てる"ハグ"の正しいやり方~ただ抱きしめればいいわけじゃない

以下リンクより「待つ、褒める、肯定する」が子供の学力を高める筆者の元には、日々、子育ての相談が数多く押し寄せるが、母親を中心とする相談者の話をよくよく聞いてみると、結局のところ「頭のいい子に育てたい」という願望が見え隠れする。これは親なれ…

【男の子】子育ての悩みは「聞く力」を育てることで9割解決!つけておきたい家庭での習慣①

リンクより引用します。以下引用(前略)○男の子を育てるのが大変なのはある意味当然だった?まず、おさえておきたいのは、男の子の子育てが女の子よりも大変なのにはちゃんとした理由があるということです。女の子に比べて、男の子はもともと、「脳の聞く力…

【男の子】子育ての悩みは「聞く力」を育てることで9割解決!つけておきたい家庭での習慣②

リンクより引用します。(以下引用)○子どもの聞く力は親が伸ばせる!子どもが聞ける脳になるかどうかのカギは、家庭にある、と加藤先生。えっとひるんでしまいそうですが、大丈夫、特別な能力を身につける必要はないんです。子どもになにか伝えたら、すぐに…

子ども時代に虐待や育児放棄を受けた人の成人後の自殺リスクが「最大で5倍」

英国マンチェスター大学などによる研究で、その内容は、「子どもの頃に虐待を受けていた人たちは、大人になってからの自殺企図のリスクが非常に高くなる」ということがはっきりとわかった。最近した明らかになった「虐待を受けた子どもの細胞は、DNAレベルで…

より速く適切に学べる人、その理由:ほめ方の研究

リンクまずは、最初の生徒たちにまた別のテストを2種類与え、生徒たち自身にどちらか好きなほうを選ばせた。ひとつは最初のものより難しいパズルだが、やればとても勉強になると説明された。もうひとつは、最初のものと同様の簡単なテストだ。努力をほめられ…

「ご褒美を約束」して子どもに良いことをさせてはいけない理由

「ご褒美を約束」して子どもに良いことをさせてはいけない理由(リンク)より転載*******************************■「良い子」とは少し外れたところにいる本当の良い子良いことをした結果としてご褒美をあげるというのは、悪…

幼児教育の「全面無償化」よりも大切なこと

リンク より引用します。全面無償化したら、待機児童はどうなる?「日本で良質な幼児教育を増やしていこうと思ったら、何をすべきでしょうか?」という私の問いに対する轟氏の第一声は、「日本は質の議論どころではない、量が圧倒的に足りていない」というも…

どんな家庭に生まれるかによって子供は「運命の分かれ道」に直面する

子供が将来どんな人間になるかは、乳幼児期にどんな家庭で育つかが大きく影響するそうです。ということは、すなわち、親の影響を強く受けるということです。親は、そのまた親の影響を強く受けているのでしょうが、子供の将来のことを考えるのなら、子供を良…

「外遊び」は有能感や自己肯定感を伸ばす――でも、効果のほどは「親次第」

家に引きこもっている子どもより、自然のなかを元気いっぱいに駆けまわっている子どものほうが心身ともに健全に育つということは、子育ての専門家でなくとも想像できます。事実、「自然体験が子どもの発達に及ぼす影響」を研究テーマにする心理学者・石?一記…

親として大切なこと、子どもをすべて受け入れる寛容の心。

・この夏に母が105歳の天寿を全うして逝った。延命行為は何もしてはならない、自分が死んだら紫の内掛けをそっとかけてくれるだけで何もしなくてよいと、母が書き残した遺書を尊重し安らかな終末を迎えてもらった。逝ってしまえば、生前にもっと話を聞いてお…

「0歳児からスマホの時代」~23%の乳児がスマホに触れる生活を送っている!

今や0歳児の4人に1人が日常的にスマホに“子育て”されており、1歳児にもなれば自分でタッチパネルを操作できるようになってしまう時代になってしまった。面と面で母親が子育てする風景は過去のものになってしまうのだろうか。リンク***「0歳児からスマ…

赤ちゃんの好奇心が広がる!? 抱っことはちょっと違う”おんぶのいいところ”とは?

昔の人にとっては働きながら子育てをする上で、便利だったおんぶですが、思っていたよりも、様々な効用があるようです☆リンクより引用おうちの中でも外出時でも、多くの人が、赤ちゃんと大人が向き合う前抱きで抱っこをしているのが現状です。でも最近、少し…

子どもを追いつめる、親たちの「願望と正論」

以下(リンク)子供に対する相談を石田さんが受けての言葉です。-----------------------------------------いただいた文章から察するに、お子さんは、とてもエネルギーが有り余っており、良い意味で子どもらしさを持ったお子さんのようですね。山本さんも「…

親子でプラス思考を育ていていくための方法

東京大学受験をテーマにした漫画「ドラゴン桜」の指南役としても知られる親野智可等さんが、なりたい自分を実現するためのイメージトレーニング法を紹介しています。(リンク)・・・・・以下引用・・・・・人間は「自己イメージ」という自分の設計図を持っ…