屋内遊びが多くなってから子供のアレルギーは急増していた!腸内細菌を増やし活力を与える食事以外の意外なアプローチ法とは・・・①

リンク より○合言葉は「腸活」こんにちは、IN YOUオーガニックアドバイザーの佐藤ようこです。最近、IN YOUでは、腸内環境の重要性を再確認するような記事や腸内細菌に関する記事が大人気ですよね。腸内を元気にすると言えば、まずは、どんな食べ物が良い?…

屋内遊びが多くなってから子供のアレルギーは急増していた!腸内細菌を増やし活力を与える食事以外の意外なアプローチ法とは・・・②

リンク より・菌は敵?味方?例えば、泥の中には有害な菌が混じっていることも確かにあるかもしれません。ただ、その可能性は、多くの場合ごく小さなものです。そのごくわずかな可能性を排除するために泥遊びを避けたり砂場に「抗菌砂」を入れたりするのは子…

屋内遊びが多くなってから子供のアレルギーは急増していた!腸内細菌を増やし活力を与える食事以外の意外なアプローチ法とは・・・③

リンク より・O-157は雑菌が多いと生きていけない昨今、時々報道されるO-157による食中毒も「無菌」が関係しています。実は、O-157はとても弱い菌で、雑菌が多いところでは生きていけないのだそう。以前、大阪でカイワレダイコンから感染した例では同じO-157…

親は、ちゃんとしてなくてもいい、そのまんまでいい

親は、ちゃんとしてなくてもいい、そのまんまでいいリンク--------------------------------------------------親の役割なんぞ、果たさなくてもいい。親の役割を果たそうとがんばっていると、親子関係があんまり良くなくなるみたい。親子関係や、子どものこ…

子どもの“イヤイヤ期”は自立の第一歩! ①

先日娘の通っている保育園でクラス懇談会がありました。子どもは1歳~2歳児のクラス。今の子育ての悩みとして一番多く上がっていたのが“イヤイヤ期”でした。それに対して「早くイヤイヤ期終わってほしい」とか「相手にするのがしんどい」とか結構マイナス…

子どもの“イヤイヤ期”は自立の第一歩!②

①の続きですリンクより■反抗しないからと心配しなくていいママ友から「うちの子、ああ言えばこう、こう言えばああで大変なのよ~」と第一次反抗期のイヤイヤ期の悩みを耳にしてしまいました。でも、わが子がおとなしく親の言うことに素直に従い、そのまま3歳…

国柄探訪: 江戸の子育てに学ぶ①

リンク より幕末に来日した欧米人は、江戸の子育てに眼を見張った。■1.「子どもの天国」と「最も教育の進んだ国民」「世界中で日本ほど、子供が親切に取り扱われ、そして子供のために深い注意が払われる国はない」明治10(1877)年に来日して、大森貝塚を…

国柄探訪: 江戸の子育てに学ぶ②

リンク より■7.「随分可愛がり、愛するのがよい」石門心学の普及で中心的な役割を果たした手島堵庵(てじま・とあん)は教化対象を子供にまで広げた人物である。宝暦9(1759)年に著した『我つえ』では、あまりに厳しく育てることは良くないとして、___…

親に愛情を注がれるかどうかで、人生がほぼほぼ決まる

親の愛情を受けるか受けないかで、その子供の人格は変わり、他人との接し方も変わってきます。そして、それによってその人の人生がほぼほぼ決まります。そういう意味で、親の与える影響はかなり大きいのです。リンクより引用-------------------------------…

子どものウソは大人への第一歩

嘘をつくのは悪いこと、というイメージは誰しもあると思います。でも、発達の視点から見てみると、嘘をついてしまう子どもの気持ちや成長を感じられるそうです!ただ頭ごなしに「嘘はだめ!」と言う前に、子どもの本当の気持ちを考えてみる!それによってお…

2歳児は、イヤイヤ期じゃなくてぶらぶら期

日本では、2~3歳頃の子どもを「魔の二歳児」や「イヤイヤ期」と表現することがありますが、せっかくいろいろやりたいことが出てきた大事な時期を、こういうマイナスなイメージで捉えてしまうことに、すごく違和感がありました。かとう家のこばなし「2歳児…

親の顔色をうかがっていないか注意する

子どもは親の喜ぶ顔がみたい。親の期待に応えよう頑張る。文章は習い事の話だが、学校そのものもこの範疇に入るのだと思う。AI時代の子育て戦略(成毛眞著:SB新書)より引用します。※※※以下、引用※※※ 子どもは、親の顔色をうかがって、親が喜ぶことをしよう…

子供の才能を伸ばす幼児教育「モンテッソーリ・メソッド」の3つの基本 1/2

リンク子育てをしている方であれば、「モンテッソーリ・メソッド」という名称を聞いたことはあるのではないでしょうか? Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグやAmazonのジェフ・ベゾス、日本だと将棋の藤井聡太六段などが幼少時に受けていたとされる幼児教…

子供の才能を伸ばす幼児教育「モンテッソーリ・メソッド」の3つの基本 2/2

リンク生き方の基礎となる体験を提供するモンテッソーリ・メソッドの二つ目の特徴は、「生き方の基礎となる体験を提供すること」にあります。(66ページより)「モンテッソーリ子供の家」では、決まった勉強を教えるわけではないそうです。部屋にあるさまざまな…

娘のイライラを14才の時の自分と振り返る、江崎グリコのCMが60万人に共感

江崎グリコのCMがとても印象的だったので紹介したいと思います。(以下引用リンク)■思春期はイライラの連続芦田さんが14歳の気持ちを早口言葉のようなセリフに込めています。セリフには中学生活や思春期あるあるなイライラポイントがあげられており同世代は…

スキンシップで愛情ホルモンアップ!

オキシトシンは男女で分泌のされ方が違います。女の子は女性ホルモンがオキシトシンの働きを後押しするので、ちょっと触れただけでオキシトシンが分泌されます。そのため、短時間の触れ合いで満足する傾向があります。しかし、男の子は男性ホルモンがオキシ…

“頑張れ!”や“ちゃんとしなきゃ”に疲れたら―「適当」で「いいかげん」に生きてみよう

以下引用(リンク「今日のご飯、なに?」結婚当初、「これから帰るよ」と夫から電話があった際に聞かれたくない言葉がこれだった。正確には、聞かれると胸が苦しくなる言葉。 別にご飯を作るのが嫌なわけではない。たとえば夫が好きな献立の日は、声を大にし…

レゴなどの四角いブロックおもちゃが子どもの意識をロボット化して、創造力を奪う

日本と地球のために今できることリンクより引用--------------------------------------------------------------------アメリカで子どもの創造性や想像力を大切にしたいという親御さんの中に多いのが、「レゴなどの四角いブロックタイプのおもちゃを買い与…

早期英語教育の罠

昨今の暗記型英語学習への警鐘リンク(リンク)幼い子供たちは音声にとても敏感で吸収力が高いです。ですから、英語漬けに近い環境にいると、聞き取り力や会話力はどんどんと伸びます。ところが、リーディングは、なかなかそうはいきません。文字をしっかり…

マンガには子どもへの良い影響が盛りだくさん!

「マンガ禁止、ゲーム禁止」って、一時前はすごく言われてましたよね。でも最近はその考え方も見直されてきているようです。リンク*******************************子どもはマンガから大きな影響を受けます マンガは子どもに…

子どもの小さな嘘。実は親がやりがちな叱り方が原因かもしれない

子供が嘘をつく。何で? と思っているお母さんにリンク より○子どもが小さな嘘をたくさんつくので心配ですQ. 子どもたちは元気で良いのですが、小さな嘘をたくさんつきます。例えば、帰宅時間が遅くなった理由、忘れ物をした理由、塾を休んだ訳などです。他…

「日本人は確かに児童問題を解決している」 と、明治初期に来日したモースは言った。・・・①

リンク より■1.「日本人は確かに児童問題を解決している」■最近、親の子殺しや、いじめによる子どもの自殺といった痛ましいニュースが相次いで報道されているが、我々の先人は子育てをもっとうまくやっていたようだ。明治初期の東京大学で生物学を講じたエ…

「日本人は確かに児童問題を解決している」 と、明治初期に来日したモースは言った。・・・②

リンク より■5.母親は赤ちゃんの「安全基地」■生後半年ほどして、刷り込みが完了すると、赤ちゃんは時々、母親の膝を離れて、つかまり立ちに「挑戦」してみたり、ハイハイしながら隣の部屋に行ってみようと「冒険」を始める。挑戦や冒険をしばらく行うと、…

子育てに必要なのはしつけではなく親の愛情

あなたは正しい子育てができているでしょうか??正しいと思ってやっている子育ての方法が、実は間違った方向に子供を導いているかもしれません。子供には、ちゃんとした人間にしようと言うしつけなんかよりも、愛情もって接することが一番重要になってくる…

育児ストレスが激減!今、ここ!に集中する、マインドフルネス☆

スイッチひとつで、世界中の情報がなだれ込んでくる現代。地球の裏側の様子を瞬時に知ることもできるし、SNSをのぞけば、身近な知り合いの様子が逐一、表示される。また仕事や子育て内容も変わり、「マルチタスク」でなければ1日24時間では終わらせること…

「ヘリコプターマム」とは

アメリカを始めとする各国で近年見られる子供を過剰に管理・監視する母親を「ヘリコプターマム」という。いわば子供の”マネージャー業に従事してしまう母親のことだ。そんな彼女たちが問題につまずき臨床心理などに相談に来る時、(子供が不登校・鬱状態、成…

完璧を求め続ける親は自分の身も子供も壊す

日本だけでなくアメリカでもこの問題が起きているようだ。(リンク )-----------------------------------------------------アメリカで使われはじめ、今や日本でもしばしば目にするようになった感のある過剰な子育てスタイル、ヘリコプターマムの話をつづけ…

子どもの成功は「親のタイプ」で決まる!?

「最近の子供は!最近の若者は!」といつの時代もよく聞く話だろう。自分の子供くらいそう言われない子に育てたいものだ。子供がちゃんと成長しているか否かは親の影響が多分にあり、責任がある。親が変わらなければ子供は変わらないだろう。しかし、どのよ…

清潔な家で育った赤ん坊ほど白血病のリスクが高まると判明! キレイにしすぎはNGだった(最新研究)

「菌」全般を悪者にし、新しい商品開発を進め、世の中には抗菌商品が溢れている。改めて、菌とは共生するものという認識が重要だと思う。リンクより引用します。※※※以下、引用※※※ 大切な子供をできるだけ清潔な環境で育てたいというのは親として当然の思いだ…

シングルマザーの子育て。大切なのは外にネットワークを作ること

ひとりで子育てしていると様々なことで不安になるママが多い。そしてその不安が子どもにも直で伝わってしまう。ママが充足していれば子どもも充足する!ママ友との集まりでも不満ばかりを言い合う場でなく子育てを一緒に考えていける場になれば安心して子育…