娘とうまくいかない父親に共通する思い込み

娘とうまくいかない父親に共通する思い込みリンクより引用です。 ********** ■「父親の存在は薄い」は大きな誤算幼い頃は、「パパ!パパ!」と無邪気な笑顔で慕っていた娘も、やがて小学校高学年、中学生となり思春期を迎え、ろくに口さえきいてく…

子どものうちに体験したい!ケガから得られる4つの学び

子どものうちに体験したい!ケガから得られる4つの学びリンク 以下引用________________________「子どもがしょっちゅうケガをするので、危なっかしくて目が離せないんです」「危ないよ、そっち行っちゃだめだよといっても聞いてく…

スキンシップが多いほど色々なことに挑戦できる!?

以下リンク より転載 ********** 生まれたばかりの人の赤ちゃんは母親から栄養(母乳やミルク)を与えられ愛情のこもった世話(おむつを替える、あやすなど)を受け、幼児になれば後追いや駄々こねなども含めて、母親との接触を喜びます。一方母親は赤…

赤ちゃんは生後2カ月で「ユーモア」を理解し11カ月で自己生成する

赤ちゃんにとって両親は最初のコメディアンなようです。英国ブリストル大学(UB)で行われた研究によれば、赤ちゃんは生後2カ月で「いないいないばぁっ!」などの「変顔」「変声」に代表されるユーモアを理解しはじめ、11カ月になると自分からユーモアを生み…

男と女の脳のつくりは違う。それをふまえて子育てする。

男と女で何故こんなにも違う?!子育て中のママさんたちは、男女の違いによる対応に、日々苦悩しています。しかしながら、「男の子育て、女の子育て ~男と女で子育ては全く違う!違って当たり前~」リンクの通り、生物的には、そもそも哺乳類のオスとメスは…

「中学受験に没頭する親」が間違う大切な優先順位

リンク より転載 ******************** 「どうしたら思い通りになりますか?」 石田 勝紀(いしだ かつのり)/教育デザインラボ代表理事、教育評論家。1968年横浜生まれ。20歳で起業し、学習塾を創業。4000人以上の生徒に直接指導。講演会やセミナーを含め、…

好奇心旺盛なのは脳によい影響が。男の子を育てる上で重要なポイント

幼少期の好奇心は脳の発達の点でも非常に重要。特に男の子にとって好奇心を満たしていくことが充足となってるようです。だとすれば母親があれもこれもと口を出しすぎることは、子供の発達機会を奪っているのと同義。男と女の生物的な性の特徴を受け止めると…

挑戦できない子が増えている?その原因と挑戦できる子の育て方

自らやりきるから本当の経験になり、失敗も成功も次へ繋げていけるのではないのでしょうか。 リンク以下引用 -------------------------- 好奇心が旺盛な子どもは、本来であればなんでも「やってみたい!」「挑戦してみたい!」と思うはずです。しかし、やる…

子育てひと段落で喪失感?「空の巣症候群」

子育てひと段落で喪失感?「空の巣症候群」になりやすい人と治療法を解説リンク 以下引用 ______________________ 「長い子育てを終えて、やっとひとりの時間ができる」 「子育て中はできなかったことを、たくさん楽しもう!」 そんな風に、子育てを終えた解…

「へその緒を切る前に1分待つだけで赤ちゃんの死亡率と障がい発生率を格段に引き下げられる」という研究結果

赤ん坊を育む胎盤は、出産するとすぐに医療処置のためにへその緒を切られるらしい(初めて知った)。けれど、そのへその緒の切断を遅らせると将来の病気リスクがへるらしいとのこと。 胎盤は赤ん坊の呼吸、食事、排泄、有害物質からの防御といった重要な役割…

反抗期の子を絶望させる「親たちの最悪な対応」 その2

引き続き、リンク (東洋経済オンライン)より、引用します。 ***** ◆人格を否定する言葉は、ずっと消えない(5)反抗期の子の言動にイラッとしても、言ってはいけないことは言わないように気をつけてください。特に人格を否定するような言葉は、絶対に…

反抗期の子を絶望させる「親たちの最悪な対応」 その1

ズバリ、同一視・共感がない対応なんですね!対子供と思うからうまくいかない。仕事仲間かクライアントと同様に扱う感じではないでしょうか。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・リンク (東洋経済オンライン)より、引用します。 子ども…

赤ちゃんの泣き声を無視できないのは「うるさいから」ではない

赤ちゃんの泣き声を無視することができない理由は、その泣き方の「予測不可能性」だという。 Newsweek リンク より以下転載。-----------------------------------------------------------------赤ちゃんの泣き声を無視できないのは「うるさいから」ではな…

厳しい「しつけ」で子どものやる気を奪う親の盲点~「しつけ」と「押しつけ」の決定的な違い~

しつけと押し付けの違い。微妙な違いだが、大きくかわる 以下引用(リンク)--------------------------------人によって基準が異なる「しつけ」と「押しつけ」 子育てにおける「しつけ」と「押しつけ」、その違いを区別することは難しいですね。親が「しつ…

女の子を育てる母親の悩みって?~女同士だからこそ悩むし、女同士だからこそ高め合える~

女の子の子育てにおいて、母親が難しいと感じる、悩むことって意外とあると思います。女の子って意外と器用で、外から見たら上手く育っているように見えると思うのですが、実は同性だからこそ上手くいっていないのでは?!と悩む点も多いと思います。 そんな…

子育ての何が私を満たすのか

クリスマスが近づく=子どものプレゼント準備期間。浮足立つ子供たちは、四六時中「○○にしよっかな」「いや、やっぱりあれもいいな」と相談している。 ジィジ、バァバも「欲しい物言って」と甘やかしてくれるので、時には実家と子どもたちの間に入って話をま…

親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

胎内にいる段階から、母親の言葉(リズムや周波数に)同化しているらしい。生まれる前から皮膚感覚に続き聴覚においても一体化を促進し脳を活性化させているということか。 以下引用親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響するリンク -------…

小学校1年生の男の子の友達トラブルは成長の通過点。

小学校1年生の男の子の友達トラブルは成長の通過点。口を出す前に知っておきたい原因と対策。リンク (以下引用)_______________________________「F君が嫌なこと言ってきた」 小学校から戻ってきた長男が夕食時にポツリと…

新型コロナウイルスと人口減少・・コロナ=マスクは子供の知能発達を阻害 やばいですね!

長年、少子化が問題になっています。そこにコロナが更に影響を与えている。この対策として国は日本政府は2014年、10年間で200万人の外国人労働者受け入れを検討すると発表しています。しかし、日本は海外からみて働きたくなる魅力のある国ではなくなっている…

「ありがとう」の言葉よりも先に、なぜ感謝するのかを考えさせる

「ありがとう」の言葉だけではなく、子どもが心から感謝の気持ちを抱くために、親はどう接すればよいのでしょうか。この感謝≒恩返しの力を育むことで、未来を切り開く子供に育てていきたい。 学びの場.comより引用リンク ********** ■「ありがとう…

思春期は子育ての答えが出る時 その2

親から羽ばたくための、ココロの貯金とは? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ リンク 子育て心理学協会より引用します。 ◆ココロ貯金の五つの法則 その2 今から貯金しておかないと…子どもが小さな頃からココロ貯金をためておかな…

思春期は子育ての答えが出る時 その1

親の庇護のもとから羽ばたいていく前に、「もっとほめてくれないと大人になれません」「私のことを認めてほしい」「関心を寄せてほしい」というサインが、中高生の反抗期だったのですね! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ リンク …

天才を育てる方法とは?

子どもの「やりたい!」という気持ちにあまり親が干渉するのも考えものですね。子供にとってはどんなことも未知だからこそ、頭をフルに使って考える訓練になるのではないでしょうか。 リンク以下引用----------------------------------------- 「天才の育て…

生き抜く力は、幼少期の外遊びから身につけていく

・日本の子供の死因、その一位が自殺、こんな国は世界に無い。2020年度の児童生徒(小中校生)の自殺者数が前年より140人増えて、過去最多の479人となっている。この数字も氷山の一角かもしれない。日本の子供の死因の一位が自殺などとは、人類史をふり返って…

「厳しい教育」が子どもの脳を縮小させると明らかに

ついつい言ってしまう一言。その一言が子どもの脳を縮小させているかもしれません。 リンクより引用 ***************** 〇厳しい教育は「虐待」と同じ悪影響を生む子どもへの虐待やネグレクト、さらに施設への入所などは、その後の人生における不安や抑うつ…

子どもだけじゃない。大人の健康にとっても皮膚刺激は大切。

リンクより引用 ***** 触れることの大切さは、人から言われなくても「心地よい」「安心する」などの理由から健康に良さそうだと感覚的に分かっている人も多いと思いますが、その大切さは科学的にも証明されています。 人の触覚センサーは全身に分布し、…

親自身がどれだけつながりの中で生きているか~「調教」、「飼育」ではない、「子育て」

つなげることが親の役割。だからこそ、親自身がどれだけつながりの中で生きているか、が大事です。こちらより引用させてもらいます。リンク/////////////////////////////////////////////////////////// 私は「親の役割」を一言で言うと「つなげる」という…

かわいい子に旅をさせない親たち

リンク以下引用--------------------------------------------------- 本日は中1の息子の部活の試合だった。試合の行われた体育館が我が家から20km弱、最寄のバス停から歩いてすぐの場所だったので、私は今回は親の送り迎えはせずに、子どもだけでバス…

中国の出生率、日本と同水準の1.3台

リンク より転載 ============ 出生率が下がると若い男女が少なくなり、結婚しなくなり子供を産まなくなる 中国の出生率は1.39? 中国国家統計局は2020年の出生率を発表したが、19年の10.41から8.52に下がった。 これは人口1,000人当たりの出生数の割合で、…

子どもと向き合うとはどういうことか?子どもと向き合うにはどうすればよいか?

大人の目線よりも子供の目線の方が高かったりするって、考えたことありました? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・リンク オヤトコ発信所 より引用します。 こんにちは、AI-am(アイアム)の 吉田 晃子 です。「こどもと…