2015-04-13から1日間の記事一覧

「開かれた共同体」としての類塾

> a.社会を再生したい(少子化をどうにかしたい等)→共同体企業の再生→企業内保育(105049 企業内保育の在り方) (106511 「共同保育を事業化するためになにが必要なのか?」 門奈津子 さん) 類塾では、小学生から中学生(6才~15才、コースによっては高校生…