赤ちゃんの目で見える大人と違う世界

下記リンクより抜粋


-----------------------------------------------------------------
 
 連続講座「赤ちゃん学入門講座~ヒトのはじまりを科学で探る~」(同志社大学主催)の内容を紹介する連載第4回のテーマは、「赤ちゃんの『見る』」です。赤ちゃんの見ている世界と大人が見ている世界はどう違うのでしょうか。日本赤ちゃん学会事務局長でもある山口真美中央大学文学部教授が、最新の脳科学の研究を紹介しながら、視覚の発達過程や赤ちゃんの見方に寄り添ったコミュニケーションのポイントなどについて解説します。 

赤ちゃんははっきりとした色やメリハリのついた物が好き 

 中央大学で赤ちゃんの研究を始めて10年以上たちます。この間、毎年のべ約700人の赤ちゃんに来てもらい、主に生後9カ月までの赤ちゃんを対象に「見ること」の発達に関する研究をしています。米国で生後4カ月ごろの赤ちゃんにさまざまな色を見せ、どの色を好むか調べた研究がありますが、何色が好きだったと思いますか? 結果は青、赤、紫でした。日本では赤ちゃん向けの製品にピンクや茶色のものも多いですが、これらの色の好みは低かったのです。また、何となく柔らかい色のものが多いですよね。お母さんに安心感を与える効果はあるかもしれませんが、赤ちゃんには見えないのです。むしろ赤ちゃんは青、紫、赤など“ビビッドカラー”が好きで、白と黒だけのメリハリのついたものも好きです。こうした赤ちゃんの好みを踏まえ、企業の絵本やおもちゃ作りに協力しています。 

 赤ちゃんの視力はどのくらいでしょうか。実は、生まれた時は0.02くらいです。生後6カ月ごろで0.3くらい、大人と同じように見えるようになるのは小学校1年生くらいですから、赤ちゃんの視力は時間をかけて発達していきます。よく「赤ちゃんは視力が悪いので、近づいて見てあげよう」と言われますが、これは間違いです。残念ながら、赤ちゃんの物の見え方は近づいても遠ざかってもぼんやりとしています。目から入ってきた情報は脳にいきますが、脳が未発達で大人のようにその情報を処理できないので「よく見えない」のです。ですから、近づいてあげれば見えるわけではありません。 

注視をコントロールできるようになるのは6~8カ月 

 見ることは月齢によってどのような違いがあるのか説明しましょう。同じ赤ちゃんが3カ月と8カ月の時に、お母さんの膝の上で女性の顔が映ったモニターをしばらく見てもらいます。赤ちゃんは人の顔を見るのが好きで、何かをしゃべりながら喜んで見ていますが、だんだん飽きてきます。8カ月にもなると、学習が早くなる分、飽きるのも早くなりますから、膝の上で体を動かし「もう嫌だ」という意思表示のような行動を示します。しかし、3カ月の赤ちゃんはじっと見ています。3カ月の赤ちゃんは飽きていないのでしょうか? よく観察すると分かるのですが、少しモゾモゾして、ズルズルと下に落ちていこうとするタイミングがあります。このくらいの微妙な変化だと、お母さんは気付かないこともあるでしょう。3カ月の子は、嫌になっても視線を動かして避けることが自由にできません。たとえばテレビ番組をおとなしくずっと見ている時、「この番組が好きなんだ」と思うかもしれませんが、そういうわけではないのです。6~8カ月になると自分の注視をコントロールし、意思表示もできますが、その前の月齢ではそれができないことを頭に入れておいてほしいと思います。 

脳の発達と視覚の関係 

 このように、月齢が上がるにつれて見ることの能力は少しずつ発達していきます。それを支えているのが脳の「第一次視覚野」という部位で、目から入った情報が送られ、最初に活動するところです。 

 私たちは感覚の多くを視覚から受け取っています。そのため、視覚は複雑な脳の使い方をし、ものを見る時に複数の経路を使い分けています。脳の一番後方が第一次視覚野で、そこから上に行く経路は動きの処理に関わり、横に行く経路は形の処理に関わります。私たちは頭頂で空間、頭の横で形、右耳の奥付近で顔を見て、それらの情報をうまく連携させながら知覚しているのです。 

 3カ月の赤ちゃんの見え方(写真参照)を体験してもらいましょう。赤ちゃんから見ると、どれだけ近づいてもこのくらいぼやけています。ぼやけてはいても、この人が笑っているのが分かりませんか? 視力が悪くても、表情、特に笑っている顔はよく分かります。つまり、目の前に映っている映像が粗いからこそ、むしろ相手の表情に敏感になるのです。3カ月の赤ちゃんの見方を実感してもらうと、赤ちゃんにとって何が重要か分かってもらえるのではないでしょうか。 

5カ月児と接するときは正面を向いて 

 顔を見る時は、大人は耳の後ろにある右STS(上側頭溝=表情や視線・顔の識別に関わる脳の側頭葉にあるシワの一つ)という部分が活動し、右半球が優位になります。生後5~8カ月の赤ちゃんも顔を見ると大人と同じように脳が活動するかどうかを調べました。すると、女性の正立顔を見た時に、大人と同じように右脳が活性化しました。 

 新生児の時から顔らしきものを好むという報告もあります。ただし、正面の顔だけです。では横顔はいつ理解するのでしょうか。5カ月児と8カ月児に正面の顔と横向きの顔を見せ、同じ方法で脳の活動量を計測してみたところ、8カ月児は正面、横向きのどちらも活動しました。ところが5カ月児では、正面の顔では活動しましたが、横顔では変化がありませんでした。5カ月児は横顔を顔と認識できないので、接する時に正面を向いてあげなければいけません。 

<中略>

 生後9カ月ごろまでは、大人のように立ち歩いたり、言葉をしゃべったりしない赤ちゃんですが、こんな劇的な変化を内に秘めているのです。気をつけてほしいのは、生後半年くらいまでの赤ちゃんの視力は未発達のままということ。その代わり、動いている物はよく分かるという特徴があります。目の前で動いてあげる、声をかけてあげる、表情を作ってあげる--。赤ちゃんと接する時はこうしたことを心がけてみてください。

 

 

 

 

匿名希望