日本の親の子育て不安 29カ国で最も悲観的

日本の親「子の将来不安」 29カ国で最も悲観的
リンク 
----------------------------------------------------
 英国の教育団体「バーキー財団」は19日までに、世界29カ国で実施した子供の教育に関する親の意識調査結果を発表した。子供の将来を楽観視していると回答した日本の親は28%で、調査対象国の平均60%を大きく下回り、最低となった。

 楽観視している親の割合が最も高かったのはペルーで83%。発展途上国の順位が高い傾向にあるが、フィンランドが73%、米国が68%で平均を上回っている。フランス、韓国、ドイツ、イタリアは30%台だった。

 子供の勉強を手伝う時間について親に尋ねたところ、ゼロと答えた割合は平均23%に対し、日本は45%と突出。学習塾などの存在も一因とみられるが、手伝わない理由を複数回答可で質問すると、45%が「時間がない」と答え、40%が「教えるのに十分な知識がない」と回答した。

 学校教育の質について「良い」と評価した親の割合は、日本は61%で下から4番目。「悪い」との回答は7%で、ウガンダ(14%)、ポーランドとロシアとドイツ(8%)に次いで高かった。

 学校を選ぶ際に重視する点で「教師の質」と回答した人の割合は、日本が19%で最低。日本では「環境」や「交通の便」が重視される傾向が見られた。

 財団は2017年12月から今年1月、欧米、アジア、中南米、アフリカの2万7千人以上を対象に調査を実施した。
----------------------------------------------------

 

 

 

匿名希望