スマホを使うと2時間の学習効果が消える!?

スマホを使えば使うほど学力が破壊されてしまう――。東北大学川島隆太教授は、仙台市の中学生の生活・学習状況調査から、そうした警告を発している。川島教授によれば、家で2時間以上勉強しても、携帯やスマホを3時間以上触っていると、その学習効果がムダになってしまうほどだという。子供たちの「脳」に、なにが起きているのか――。

リンク)より
スマホを使うと2時間の学習効果が消える!?

スマホが子どもたちの学力を破壊している。それも、想像されているよりも遥かに悪い影響が学習に及ぼされている。この衝撃の事実に最初に気付いたのは、平成25年度に標準学力検査と生活・学習状況調査の結果を目にした瞬間でした。

携帯・スマホの使用時間が長い子どもの学力が低いと聞くと、教育関係者を含む多くの人は、それは自宅で勉強しないで携帯・スマホを操作しているのだから低くて当たり前だと考えます。しかし、自宅で勉強をしている生徒も、していない生徒も、等しく成績が低下しています。すなわち、家庭学習時間の減少が学力低下の直接の原因である可能性は低いと考えることができるのです。

私が特に深刻にとらえたのは、家でほとんど勉強をしない生徒たちのデータです。家で勉強をしない生徒たちは、当たり前のことですが、学校でしか勉強していませんから、学校の授業を受けた時に作られた知識・記憶によって、テストの成績が決まります。

時間も自宅で勉強して、知識や記憶が増えたはずなのに、4時間以上携帯・スマホを使うと、自宅学習の分はおろか、学校で学んだことまで相殺されてしまっているのだとしたら、これは由々しき事態ではないでしょうか。

この結果から想定される最悪の仮説は、携帯・スマホを長時間使うことで、学校での学習に悪影響を与える何かが生徒の「脳」に生じたのではないかというものです。
・可能性(1)は、学校の授業で脳の中に入ったはずの学習の記憶が消えてしまった。
・可能性(2)は、脳の学習機能に何らかの異常をきたして学校での学習がうまく成立しなかった。

どちらが正しいかはわかりませんが、ただ事ではないことは間違いありません。総括すると、教科を問わず、携帯・スマホの使用時間が長い群は学力が低く、それは自宅学習時間の短縮とは関係がなさそうであることがわかります。

 

 

柏木悠斗