世界で一番幸せな、オランダの子どもたち

オランダの幼児教育について投稿します。
リンク

---------------------------------------

実はわたくし、声をかけられる前に、ある本を読んでいました。「世界で一番幸せな子どもたち―オランダの保育」という本です。

世界で一番幸せな子どもたち―オランダの保育

2007年度にユニセフWell‐Being調査で、世界一になったオランダ。
「なぜ、オランダだったのか?」「日本や他の国と、どこが違うのか?」そんな思いで本を手に取ったあの日。実際に行って、その目で見れるなんて、こんな幸せなチャンスはありません!

というわけで、本日はオランダの保育視察報告をお届けします。

オランダは、100の学校があれば100の教育があると言われるほど、教育熱心な国。イエナプランやピラミッドメソッドは、日本でも話題になりましたね。

今でこそ、オランダの子ども達は「世界で一番幸せな子どもたち」と言われていますが、1990年頃はいじめや問題行動が増加し、国としてこの問題解決に取り組んでいました。

そのときに開発されたのが、「ピースフルスクールプログラム」です。「みんなのみらいをつくる保育園」では、子ども同士で問題解決をするように促したり、自由に自分を表現できるような保育を実現したいと考えており、このピースフルスクールプログラムを導入しています

「なぜ起きたか」ではなく、「どうすれば解決できるか」を教える理由

さて、ここからは授業の風景を紹介します。私たちは、4歳児のクラスを見学させてもらいました。ピースフルスクールプログラムの理念は「自立」と「共生」。自分を知り他者を知る。思いやりや助け合い、小さいころからそれらを繰り返し学習していくのが特徴です。そして、各テーマのロールプレイには、虎と猿のパペット人形を使います。

私たちが訪れたときのテーマは、"おもちゃの取り合い”。保育の中でもよくあることですね。どちらが悪いとかではなく、

「今どんな状況?」「何が起きてるの?」

と、子どもたちに、現実に起こってる事象を説明させます。
「そうね。意地悪なことを言われてるね~。」「その時の解決法はどんな方法がある?」「まず止めて(STOP)って言う」「順番に使う」

などなど。子どもたちは、それぞれの考えをいきいきと答えています。それが起こったことの原因とか、悪いのはどっちか、ということではなく、「それらを解決するにはどんな方法がいいかしら?」・・・ここがポイントなんですね。

小さな頭で、子どもたちは問題を平和的に解決するために、考えます。4、5歳の頭で、大人のような発想が出てくることもあるし、もちろん子どもらしい案も出てきます。日本での教育・保育現場では、大人(保育者)が、「こっちの子が悪い」とか「先に手を出したほうが悪い」と決め、「あなたが悪いんだから謝りなさい」と謝ることを促す……そんなことが少なからずあるのではないでしょうか。

「ごめんなさい」や「ありがとう」は、言えばいいというものではなく、心から言ってほしい言葉ですよね。言わされてるのではなく、本人が「ごめんなさい」という気持ちになって、初めて言葉にするものだと私は考えてます。

心から「ありがたい」と感じてはじめて、「ありがとう」と言葉が出る。そのように、言葉って、気持ちが乗ることで相手に伝わるものなのです。このピースフルスクールプログラムはまさにその教育を行っていました。子どもたちが考えながら、それぞれの子どもが自分に合った答えを見つける。

 

 

 

大越菜央