スキンシップで愛情ホルモンアップ!

オキシトシンは男女で分泌のされ方が違います。女の子は女性ホルモンがオキシトシンの働きを後押しするので、ちょっと触れただけでオキシトシンが分泌されます。そのため、短時間の触れ合いで満足する傾向があります。しかし、男の子は男性ホルモンがオキシトシンの働きを抑制するので、分泌される量は女の子ほど多くありません。ですから、本能的に男の子の方がスキンシップを求める傾向が強めです。

あんふぁんWeb(リンク)」より引用します。

■□■引用開始■□■
親子の絆を深める愛情ホルモン
スキンシップをとると、脳の下垂体から〝愛情ホルモン〞と呼ばれるオキシトシンが分泌されます。オキシトシンは出産のときに子宮を収縮させて分娩を促したり、母乳を出したりするホルモンですが、さらに、最近の研究では人と人とが触れ合うことで盛んに分泌され、信頼や安心感を生んだり、絆を深めることも分かってきました。


ママにも子どもにも良い影響がある
ママは子どもに触れることでオキシトシンが分泌され、リラックスした状態になります。スキンシップが、無意識のうちにストレス解消になっているのです。子どもを抱き締めたときや、子どもの肌に頬をくっつけたときなどに、ほっとした経験があるママも多いことでしょう。それは、オキシトシンの効果の一つだったのです。

一方、子どもは大好きな人に触れられることでオキシトシンが分泌されます。スキンシップをたくさん受けると、愛情が深まる、社会性が高まる、IQが高くなる、ストレス耐性が上がるなどの効果があるといわれています。低年齢なほどオキシトシンの効果が強く表れる傾向があります。


〝ちょい抱き〞でも効果は得られる
いつまでも「抱っこ!」と言っていたり、おっぱいを触るというのはママにとって悩みのタネかもしれません。でも子どもは「ママといっぱい触れ合いたい」と本能的に思うもの。幼少期に蓄積されたスキンシップの効果は一生続くといわれているので、できるだけ応えてあげましょう。「ベタベタしていると親離れできなくなるのでは」と心配する人もいますが、たくさん甘えさせる方が子どもの心が満たされ、自立を促すこともできます。

オキシトシンは5〜10分程度のスキンシップでも分泌され、その後50分程度は触れていなくても濃度が高い状態を保つことが分かっています。そこでおすすめなのが、1時間に10分くらい抱っこをする〝ちょい抱き〞。短時間でもオキシトシンを効率的に分泌させることができます。

手をつないで保育園から帰る、子どもを膝の上に乗せて話をする、添い寝をするなども日常的にできるスキンシップ。短時間でもいいので、子どもと触れ合ってみましょう。そして、スキンシップタイムには子どものことをしっかり見つめ、言葉かけなどをして濃密な時間を心掛けるようにしてください。

 

 

 

 

村田頼哉