子供の才能を伸ばす幼児教育「モンテッソーリ・メソッド」の3つの基本 1/2

リンク

子育てをしている方であれば、「モンテッソーリ・メソッド」という名称を聞いたことはあるのではないでしょうか? Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグAmazonジェフ・ベゾス、日本だと将棋の藤井聡太六段などが幼少時に受けていたとされる幼児教育のメソッドです。

しかし実際のところ、「それがどのようなものかよくわからない」という方もいらっしゃるかもしれません。そこできょうは、『子どもの才能を伸ばす最高の方法モンテッソーリ・メソッド』(堀田はるな著、堀田和子監修)をご紹介したいと思います。

著者は、45年もの歴史を持つという幼児教育施設「モンテッソーリ・メソッド原宿子供の家」で教師を務めている人物。そして監修者は、同施設の開設者です。

まず印象的なのは、著者が学びを得ていくなかで、「もしもモンテッソーリ・メソッドに子どものころであっていたなら、社会に出てからも大きく役に立ったことだろう」と感じたという事実。社会に出てからも自分に足りないものを探してきた著者にとって、それは画期的な体験だったというのです。

モンテッソーリ・メソッドがもたらしてくれたもの、それは、生きるうえで必要な基本的な知識をしっかり体得することでした。 どんなに知識を得ても、土台がしっかりしていなければ、それを十分に活用することはできません。私は子どもと活動をするなかで、子どもを教えながらも、自分自身の知識があらためて整理され、頭の中にある棚に整然と収められていくさまを何度も実感をもって、体験しました。(「はじめに」より)

モンテッソーリ・メソッドの特徴は、子ども一人ひとりの個性を大切にする点。従来の日本の教育においては、ひとつの教育プログラムに子どもたちを合わせていくスタイルだったわけですが、それぞれの子どもをよく観察し、その子に合った教育プログラムを提供していくというものだということです。

その点を踏まえたうえで、第2章「子どもの才能を伸ばすモンテッソーリ・メソッドとは」のなかで紹介されている、「モンテッソーリ・メソッドの3つの基本」をピックアップしてみたいと思います。



モンテッソーリ・メソッドの基本は、子どもが自分自身を成長させようとするとき、大人がそれを最大限サポートすることです。 それは大人が子どものかわりにやってあげることとは違います。あくまでも子どもが自分でできるように「環境を整える」ことが重要です。(50ページより)

そのひとつは、子どもが使いやすいサイズの机や椅子、ハサミやのりなど、「子どもがいま必要としている道具」を用意すること。そして次に、子どもがいまちょうどやりたいと思っている活動のための材料、たとえばハサミを使いはじめた子なら、好きに切っていい紙を、その子の手にちょうど収まるようなサイズにそろえておき、子どもが望むときにすぐ使える場所に置いておくということ。

あるいは、子どもが「もう少しでできそうななにか」に取り組んでいるとき、手を出さずに見守ってあげること。そして、子どもの挑戦が限界を迎えたときには、ちょうどいいタイミングを見計らって「お手伝いしようか?」と声をかけること。

もちろん、その「お手伝い」とは教師がさっさとやってあげるという意味ではなく、相手が2~3歳であれば、子どもの手を取って一緒に行うということ。子どもが手の動かし方をじっくり見られるよう、ゆっくりやってみせるという方法です。

とはいえ、教師がひとりの子どもにつきっきりになるわけにはいきませんし、子どもの側も、必ずしもそういうことを求めているわけではないでしょう。活動に没頭したい子は、ときには近くにいる教師に「あっちへ行っていて」と言ったり、手伝おうとする手を振り払ったりすることもあるわけです。

それは、「自分でやりたいから、手を出さないでほしい」という自立心の表れ。だからこそ、「ちょうどよい距離感」が必要だということです。


なお、活動中の子どもはできる限り自分でやろうと努力しますが、どうしても助けが必要なときには教師に声をかけてくるもの。教師もなるべく早く子どもの声に応えようとするわけですが、他の子どもの手伝いをしている場合も考えられます。

そんなときに教師は、「これが終わったらあなたのところへ行くから、それまで自分でやっていてね」と明確に伝え、自分で試行錯誤を繰り返しながら待つように促すべきだと著者は言います。とはいえ、次に待っている子がいるからといって、いま向き合っている子をおろそかにするのはNG。「どの子にもまんべんなく」ではなく、「助けが必要な子にしっかり時間をかける」ことが大切だというわけです。

そのぶん次の子が長く待つこともあるので、かわいそうな気もしますが、長く待った子は次の機会に優先してあげればいいだけ。また、待っている間に試行錯誤を続け、自分で解決してしまうことも少なくないはずです。

兄弟のいないひとりっ子など、家では必要なときにお母さんが来てくれるという経験をしている子どもは、はじめのうち「待つ」という行為に慣れていないもの。しかし教師が必要なときにしっかり関わることでだんだん「待つ」ことを覚えて行くそうです。(50ページより)

続く

 

 

 

 


吉 四六