屋内遊びが多くなってから子供のアレルギーは急増していた!腸内細菌を増やし活力を与える食事以外の意外なアプローチ法とは・・・①

リンク より

○合言葉は「腸活」
こんにちは、IN YOUオーガニックアドバイザーの佐藤ようこです。
最近、IN YOUでは、腸内環境の重要性を再確認するような記事や腸内細菌に関する記事が大人気ですよね。
腸内を元気にすると言えば、まずは、どんな食べ物が良い?悪い?というのが重要ですよね。
なぜ、腸の健康が大事か?そのタメにどうしたらいいか?

もうご存知の方も多いかもしれませんが、基本をおさらいしたい方は、まずこちらの記事をご覧くださいね。

幸せを左右するホルモンの約90%は小腸に存在している!腸内環境改善で、薬に頼らなくても鬱が改善されることをご存知ですか?(リンク
大腸癌が増える今、日本人の腸内環境が危ない。腸内環境を整えれば、脳も活性化しいいことづくめ。(リンク
「腸内環境」で検索した記事一覧です。ぜひ読んでみて!

○今回は、腸内細菌を増やし、活性化する方法を「食」以外の視点でご紹介します。

・食事以外のアプローチで腸内環境を整える
実は、腸内環境を良好にするためにぜひ心がけてほしいことが食事以外にもあるのです。
こちらの記事も参考になりますよ。

除菌・消臭スプレーは毒の霧!除菌し過ぎは免疫力を確実に低下させる。(リンク

・清潔志向が行き過ぎていませんか??
日本は、世界でも稀に見る「清潔志向大国」です。もともと、部屋には靴を脱いで上がる習慣からして「外は汚い(かもしれない)から、部屋には外の汚れを入れたくない」という気持ちが現れていますよね。

子供がいるご家庭では「外から帰ったら石鹸で手洗い、うがい薬でうがい」
「トイレから出るときも石鹸で手を洗って」
「手はちゃんとハンカチで拭きなさい」
「食べ物を触ったら、ベタベタするからウェットティッシュを使って」など・・・

「常に清潔に!」という傾向が年々強まっているように感じます。

さらには、インフルエンザを始めとするウィルス系の風邪類やO-157などの食中毒が発生すると「菌を蔓延させないように」と、清潔志向に拍車がかかります。
でも、世界中を見渡せばこれほどまでに清潔志向なのは日本くらい。
他の国では、日本ほど神経質に清潔を追い求めなくても病気が蔓延していたり菌で多くの人が亡くなっているわけではありません。

ヨーロッパやアメリカなど先進国の人々から見ても「日本はどこも清潔で素晴らしい!」と驚嘆する現状がありますがこれほどの清潔志向は本当に、私たちにとって必要なのでしょうか?

・たくさんの腸内細菌を定着させるには?
腸内細菌の数は、乳児期からどのくらい菌にさらされてきたか?によって変わります。
ですから、「子供の健康のために」と清潔志向の育児をすることは実は子供の腸内細菌を減らすことにつながってしまう可能性が高いのです。
実際に、子供を持つ1万人の親を対象にした調査で
「屋内での遊びが多くなった」
「友達同士での遊びが少なくなった」

と答えた親のうち、40パーセント前後もの子供がアレルギー症状を発症したと「日本小児アレルギー学会誌」は報告しているそうです。(参考文献 『腸内革命』 藤田絋一郎著)

「屋内での遊びが多くなった」
→泥遊びなど、家の外で様々な菌に触れることが少なくなった

「友達同士での遊びが少なくなった」
→よその家庭の子供との間で、菌の交換などがされにくくなった

ということなのでしょう。

最近では、「公園の砂場は、野良猫がフンやおしっこをするから菌が心配。遊ばせたくない」という話も聞きます。
ちなみに福島の場合には原発事故の影響があるため日本の他の地域よりも清潔(あるいは”安全”)に関して、より神経質です。
除染で土の入れ替えが終わっていても砂場はおろか、屋外で遊ばせたくないという親は震災後6年を経過していても、まだ見受けられます。
そのため、遊具を屋内において遊ぶ施設も増えましたし、そのような場所に屋内砂場を設置しているところもあります。

子供は遊びから様々なものを得ます。
想像力や対応力、バランス力や体力人を思いやる気持ちや危険察知力など人生を充実して過ごすために大切な経験値を遊びながら獲得していきます。遊びから得られるものは、心や考え方の成長、運動能力だけではありません。
遊びの中で多くの菌にさらされることで健康に過ごしていくための腸内細菌も獲得してきていたのです。

 

 

 


加藤俊治