みんな、誰だって素晴らしい存在。否定されることなんて何も無い。

「自分はダメなんだ…」と思うこと、たまにありますよね。
わたしも、小さいころからそう思っていたひとりでした。
このお話を聞いて以来、自分にダメなことなんてないんだ!って思えるようになりました。
そして、仕事仲間にも、家族・子供にもこういう言葉をかけられる大人になりたいな~、と思います。

リンクより引用


-------------------------------------------------------------------

僕が3歳のとき、父が亡くなり
その後は母が女手ひとつで
僕を育ててくれた。

仕事から帰ってきた母は
疲れた顔も見せずに晩ご飯をつくり
食事の後は、内職をしていた。

毎晩遅くまでやっていた。

母が頑張ってくれていることは
よく分かっていた。
 

だけど、僕には不満もいっぱいあった。
 
 
僕が学校から帰ってきても
家には誰もいない。
 
 
夜は夜で、母は遅くまで内職。
 
 
そんなに働いているのに
わが家は少しも裕福じゃなかった。
 
 
遊園地にも連れて行ってもらえない。
 
 
ゲームセンターで遊ぶだけの
小遣いももらえない。
 
 
テレビが壊れたときも
半年間、買ってもらえなかった。
 
 
僕はいつしか母にきつく
当たるようになった。

「おい」とか「うるせー」とか
生意気な言葉を吐いた。

「ばばあ」と呼んだこともあった。
 
 
それでも母は、こんな僕のために
頑張って働いてくれた。
 
 
そして、僕にはいつも優しかった。
 
 
小学校6年のとき
初めて運動会に来てくれた。
 
 
運動神経が鈍い僕は
かけっこでビリだった。
 
 
悔しかった。
 
 
家に帰って母はこう言った。
 
「かけっこの順番なんて
 気にしなくていいよ。

 おまえは素晴らしいんだから」
 
 
だけど、僕の悔しさは
ちっともおさまらなかった。
 
 
僕は学校の勉強も苦手だった。
 
 
成績も最悪。
 
 
自分でも劣等感を感じていた。
 
 
だけど、母はテストの点や
通知表を見るたびにやっぱりこう言った。
 
 
「大丈夫、おまえは素晴らしいんだから」

僕には何の説得力も感じられなかった。

母に食ってかかったこともあった。
 
 
「何が素晴らしいんだよ!?

 どうせ俺はダメな人間だよ」
 
 
それでも母は自信満々の笑顔で言った。
 
 
「いつしか分かる時がくるよ。

 おまえは素晴らしいんだから」
 
 
僕は中学2年生になったころから
仲間たちとタバコを吸うようになった。

他の学校の生徒とケンカもした。
 
 
母は何度も学校や警察に呼び出された。
 
 
いつも頭を下げて

「ご迷惑をかけて、申し訳ありません」

と謝っていた。
 
 
ある日のこと。
 
 
僕は校内で、ちょっとした事件を起こした。
 
 
母は仕事を抜けて学校にやってきて
いつものように謝っていた。
 
 
教頭先生が言った。
 

「お子さんがこんなに

 悪い子になったのはご家庭にも

 原因があるのではないでしょうか」
 
 
その瞬間、穏やかな母の表情が変わった
 

更生は
心から信じてあげることから始まる
母は明らかに怒った眼で
教頭先生をにらみつけきっぱりと言った。
 
 
「この子は悪い子ではありません」
 
 
その迫力に驚いた教頭先生は
言葉を失った。
 
 
母は続けた。
 
 
「この子のやったことは間違っています。

 親の私にも責任があります。

 ですが、この子は悪い子ではありません」
 
 
僕は思い切りビンタを喰らったような
そんな衝撃を受けた。

僕はわいてくる涙を抑えるのに必死だった。
 
 
母はこんな僕のことを
本当に素晴らしい人間だと
思ってくれていたんだ・・・
 
 
あとで隠れて、ひとりで泣いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

匿名希望