①子供の生きる力が育つ「原体験」とは? 学び&体験場所も紹介!

以下リンクより抜粋
------------------------------------------------------------------



さわる、におう、味わう体験を重視する「原体験」を幼少期に行うことは、「生きる力」を育むためにとても大切だと言われています。とはいえ、その原体験をどこでどうすれば経験できるのか、気になるパパママも多いはず。そこで、原体験教育研究会で活躍している泉伸一さんに、「原体験」とはどのような体験で、どこで体験できるのかを教えてもらいました。


原体験って何?


そもそも、「原体験」とは、具体的にどのような体験を指すのでしょうか。

「五感のうち、触覚、嗅覚、味覚を意識的に体験させることで、具体的には火、石、土、水、木、草、動物の7つの自然物を五感で直接体験することです。さらに、恐怖感、空腹感、感動などの感覚を『ゼロ体験』として、7つの自然物にゼロ体験を加えた体験を原体験と考えています」

自然物でモノを作ったり、遊んだり、集めたりする体験を「原体験」と呼び、その体験が子どもの「生きる力」を育むそう。


「たとえば、テレビで焚き火の様子を見ていても、炎の熱さや煙の臭い、触ると火傷をすること、火傷がどれくらい痛いのかを知ることはできません。実際に焚き火をすれば、それらを体感することができます」

「このような経験をすることで、子どもたちの知恵を育み、危険の回避やアイデアを生むきっかけになっていきます。また、成長とともに『なぜ、そうなるのか』という科学的な思考につながることもあります」

8つの原体験で学べること

火、石、土、水、木、草、動物、ゼロ体験の8つには、それぞれどんな学びがあるのでしょうか。

「火」の体験

体験:火をつける、消す、煙が目にしみる、熱さを感じるなど。
学び:火のありがたみや怖さ、人類だけが火を使えることなど。
体験できる場所:キャンプ場、バーベキュー場など。


「土」の体験

体験:土や砂に触る、掘る、こねるなど。
学び:土の手触りや匂い、虫が出てくるなど。
体験できる場所:砂場、公園、海岸、寺や神社、牧場など。


「石」の体験

体験:石を触る、見る、投げる、積み上げるなど。
学び:形や重さ、色、模様の違いなど。
体験できる場所:河原、海岸、寺や神社(石造物)など。


「水」の体験

体験:水に触れる、泳ぐ、飛び込むなど。
学び:水の温度やしぶきの勢い、泳ぐ感覚、足がつかなくなる怖さなど。
体験できる場所:海、プール、河原など。


「木」の体験

体験:木に登る、触る、匂いを嗅ぐ、葉や幹を見るなど。
学び:自然の生命力や新緑・紅葉の美しさ、実がなる、素材としての木目、年輪の意味。
体験できる場所:公園、キャンプ場、アスレチック、森林、寺や神社、牧場、スキー場など。


「草」の体験

体験:匂いを嗅ぐ、笹舟や笹笛を作るなど。
学び:草の手触り、形や模様の違い、服に付くと汚れが取れない、肌を傷つけることがある、自然の生命力など。
体験できる場所:公園、河原、森林、寺や神社、牧場、夏のスキー場など。


「動物」の体験

体験:触る、エサをあげる、鳴き声を聞く、匂いを嗅ぐ、飼育するなど。
学び:命の尊さ(死があること)、生命力、愛情、思いやり、死(悲しみ)を乗り越えるなど。
体験できる場所:牧場、動物ふれあい施設、動物園、水族館、スキー場(雪の上の動物の足跡)、河原などのほか、ペットを飼育するなど。


「ゼロ」の体験

体験:雨、風などの自然・暗闇の怖さや空腹を感じる、美しいものを見るなど。
学び:自然の脅威やありがたみ、電気、ガスなど科学技術のありがたみを知る、美しい、寂しい、怖い、空腹、渇き、暑さ、寒さといった感覚を知るなど。
体験できる場所:自然のある場所。

〈続く〉

 

 

 

匿名希望