5000人の天才児を45年間追跡してわかった、親が知るべき「8ヵ条」

赤ん坊は天才。元々人には誰にでも天才になれるポテンシャルがあるということを裏付ける研究がある。

いかに今までの教育が、強制圧力によって、その可能性を摘んできたかを考えさせられる。旧い観念を塗り替えさえすれば、その可能性は開かれる。紹介記事でも、親が知るべきポイントは、強制ではなく、いかに元々子どもがもっている活力、能力を育てるかがポイントとなっている。

親や教師、周りの大人たちの考え方、接し方しだいで、子どもたちの能力は全然違ってくる。未来の教育を考えるうえで、重要な示唆を与えてくれると思う。


>「生まれか育ちか」論争に意味はなく、親が適切な教育を施すことで子供の才能を伸ばすことができる
>「誰にでも天才になるポテンシャルはある」

>米国には、群を抜いて優秀な子供たち5000人の人生を45年にわたって追跡してきた「SMPY」(「早熟な数学的才能を示す児童の研究」の略語)という研究がある。この研究も、「『賢い子』を『育てる』ことができる」という議論の助けになるという。

>英国の科学誌「ネイチャー」に掲載された「天才児の育て方」という記事、ベンボウは、親の心がけとして以下の8ヵ条を推奨している。

【1】子供に多種多様な経験をさせる。

【2】子供が強い興味や才能を示したとき、それを伸ばすチャンスを与える。

【3】知的な欲求と心の欲求の両方をサポートする。

【4】子供をほめるときは、能力ではなく努力をほめる。つねに自分を高める努力をするような心構えを子供に身につけさせる。

【5】子供が知的リスクをおかすことを奨励する。子供が失敗することに否定的にならず、失敗から学べるようにする。

【6】レッテル貼りに気をつける。子供に「天才児」のレッテルを貼ると、それが子供の心の負担になりかねない。

【7】教師と協力して、子供の欲求を満たせるようにする。頭のいい生徒は、「レベルの高い課題」「特別な学習支援」「自分のペースで学習する自由」を必要としている。

【8】子供に知能テストを受けさせる。テストの成績が良ければ、子供にレベルの高い勉強をさせたいと申し出るときの根拠となる。また、テストを受けることで、失読症ADHD、社会性や心の問題が明らかになることもある。

リンク>より引用

 

 

雪竹恭一