日本人はなぜ英語が苦手なのか?

リンクリンク

①日本の英語教育に問題がある
まずはよく言われていることなので、多くの方が感じていると思われる学校教育での英語。

日本の英語教育はまったくコミュニケーション向けじゃありません。

簡単にまとめると……
勉強って意識が強すぎる
まだまだ文法中心
先生がネイティブじゃない
厳しすぎる
先生に「言語としての日本語」の知識がない
日本文化を引きずりすぎる
正しい発音をすると笑われる

こんな特徴が、日本の英語教育にあります


②日本人の「国民性」が邪魔をしている
国民性が英語習得を邪魔しているんですよね

曖昧に言いたがる
意見をガンガン言わない
恥ずかしがり(シャイ)
非言語表現が乏しい
聞き返さない

日本は察してもらう文化というのが大きな弊害になっているかもしれません。


③「カタカナ英語」の存在
そして、カタカナ英語の存在です。
「カタカナ英語」というのは、英語の単語が日本に入ってきたときに無理やりカタカナに当てはめてできます。
たとえば、「apple」を「アップル」と読んだり、「girl」を「ガール」と読んだりする発音ですね。
「カタカナ英語」って書きましたが、「英語」ではなく、これは「日本語」なんです。

④「英語」が憧れの対象で終わっている
最後に「英語」があこがれの対象で完了していること。
「あこがれているから頑張れる」と思いそうなんですが、あこがれって永遠に届かないことが前提です。

じゃあどうすればいいのかというと、「あこがれ」から「現実的にクリアするべき課題」として転化するんです。

それだけで英語の習得率はUPするはず!

 

 

 

匿名希望