子どもの領分

子供たちの追求力を上げるため、大人ができること。
それは、子供たちの邪魔をしないこと。=子どもの領分を侵さないこと
以下、リンク より
===============================================================
>いろいろな「子どもの領分」
1.集中
「子どもの領分」としてまず挙げられるのが、「子どもが集中している時間」です。熱心にミニカーを並べる、お人形さんのお世話をする、本を読む、などは「いかにも集中しています」と分かりやすいケースですよね。その他にも、親戚から送られてきたお下がりの服を片っ端から試着する、ひたすらビニールひもを裂く、などの一見不思議な場面も、子どもにとっては全く同じ“集中している時間”です。

そこで起きていることは、大きく分けて2つ。ひとつは、見ての通り「集中力が養われている」。そしてもうひとつが「自分の中から湧き上がる興味・関心・好奇心を堪能している」です。

「好奇心を堪能」と言っても分かりにくいので、別の説明をします。次の2つの属性を対比して捉えてみてください。

片方が、
何をするにも、親の期待を先に考えてしまう小学生何にも興味が持てない高校生就職活動を始めたものの、自分のやりたいことが分からない大学生仕事のやりがい・モチベーションまで会社から与えてもらわないと働く意欲が持てない新入社員
などの属性。

もう片方が、その対極にある
自分の中から興味・関心・好奇心が湧き上がって、いろいろなことに意欲を持ち、実践・行動して満足感・充実感を感じられる人間
との属性。

子どもが集中する時間=領分を邪魔しないことは、後者の属性を育むことにつながると私は考えているのです(もっと正確に言えば、人間は誰でも後者の属性を持って生まれていると私は信じています。しかし、親がその芽を潰し続ける接し方をしてしまった時に前者の属性が生み出されてしまうのだと思っています)。

この第一の「子どもの領分=子どもが集中している時間」において、親ができることは、とってもシンプル。
「そっと見守る」
声をかけず、ジャマせず、参加しようとしない。欲を言えば、可能な範囲で夕食やお風呂の時間も融通を利かせてあげられれば、子どもにとっては充分な“支え”となるはずです。

2.子ども同士
「子どもの領分」として次に挙げられるのが、「子ども同士で過ごす時間」です。
>同年代の仲良しのお友だちとは、本音をぶつけ合ったり、ケンカと仲直りを繰り返したりしながら、自分や相手の言葉・態度がどのように伝わるかを体験しています。また、自分と年齢や性格などが異なる子との係わり合いからは、本当に多くの点について、好き/嫌い・できる/できないなど、ひとりひとりに“違い”があること(加えて「みんな違っていて、いい」も)を発見しているのだと思います。

子どもがそんな“領分”にいる時の親の心得は、
「コミュニケーションを助けない」
です。「助ける」と言えば聞こえは良いですが、「わが子はお友だちと一緒にちゃんと遊べる」という“親の満足感・安心感”のために、子どもが自分で言うべき言葉を親が代わりに言ってしまう、という事態(=親の自己満足のために子どもが犠牲にされる)になりやすいので、注意が必要です。
どうしても助けが必要と判断した場合も、初めに少し見本を見せる程度に留めるべきでしょう(何度も言われなくても子どもは理解します。すぐに行動に移せないのはその見本を消化・吸収する時間が必要だからです)。
また、子ども同士の間では、ケンカもひとつのコミュニケーションの形です。子ども同士が子どもの領分でケンカをしている時は、仲裁も必要ありません。
泣いたり泣かせたり、不満が残ったり、後味の悪い思いをしたり、みな貴重な経験です。何年か後に「相手の気持ちになって考える」というスキルが身に付いた時、これらの経験は大きな大きな“思いやり”の力となって開花するのです(ただし、相手方の親に「仲裁が必要ない」と理解してもらうことができるかどうかは別問題です…そっちの方が大変そうですが…苦笑)。

3.親と離れて過ごす
次に挙げられるのは、「親と離れて過ごす時間・場所」です。主に該当するのは、保育園・幼稚園での時間。

子どもは、親とは違う考え方やコミュニケーションスタイルに触れて、多様な価値観の存在(正しいことは1つじゃない)に気がついたり、同じことを伝えるにも様々な方法があることを学んだりしています。また、集団の中の1人として、自分の話ばかり聞いてもらえない・自分のやりたいことだけをやっているわけにはいかない・譲れないことはハッキリ言わないと通じない、などの家庭とは違う境遇も、大切な体験です。これらの体験からは、協調性を身につけたり、自己主張の重要さに気づいたりするのでしょう。

この「領分」には前述の2つと異なる点があります。それは、いつでも自由に「子どもの領分」を出て「親の懐」に戻ってくることができない、というところ。そのため、子どもはいくらかの緊張感を心に残しながら、次々に訪れる事件・発見・体験・経験を一生懸命に受け取ることになります。

ここにおいて親ができる支援は、
「聞けども訊かない」
です。子どもが自分から話してくる時は、しっかり向き合って、ただ“聞いて”あげましょう。子どもが自分の経験を消化・吸収して前に進むことの助けになります。

ただし、親の側から「今日は何をしたの?」と“訊く”ことは極力控えた方が良さそうです。親から園(=子どもの領分)での様子を尋ねられる経験を何度かすると、子どもの中には「親は関心を持っている、尋ねられたら答えられるようにしたい」という意識が、知らず知らずのうちに芽生えます。そしてその意識は、日々園で過ごす間も、心の一部を占め続けることになります。

しかし一方で、前述の通り、子どもは自分のキャパシティをフル稼働して日々過ごしています。そこに別の意識を割り込ませることは、子どもの学び・成長を支える観点からは、不適切と言えそうです(どうしても園での様子が気になるのであれば、お迎えの時に聞いたりノートを活用するなどして、大人同士で対処できる方法のご検討を!)。

 

 

 

望月宏洋