子どもを褒めない親は「見る目」がなさすぎる

子供を「褒めて育てる」ということは一般によく言われることだが、
では実際どう褒めれば効果的なのか?
そのヒントとなる着眼ポイントに「部分」を褒めるというものがある。
そうすることで何か良い点はないか見つけようという視点が働くようになってくる。
子育てにおいては何につけても肯定視が必要なのだと思う。


====================
以下引用
何事でもそうですが、全体を漠然と見ていたのでは褒められません。つねに「部分」に注目すれば褒められる部分が必ず見つかります。
たとえば、子どもの宿題の書き取り帳に乱雑な字が並んでいたとします。そのとき、すぐ「もっとしっかり書かなきゃダメでしょ。書き直しなさい」と言ってしまうと、「イヤだもん」「書き直しなさい」「イヤ」「ご飯抜きだよ」などのバトルに発展してしまいます。ところが、部分に注目して、まず褒めるようにすると、これよりはるかに望ましい展開が可能になります。
というのも、書き取り帳は1ページで80字くらいありますので、中には偶然上手に書けている字が必ずあるからです。「この『朝』という字、きれいに書けたね。『飛ぶ』という字のバランスがいいね」というように褒めます。あるいは、もっと部分に注目して、「この『辻』という字の『しんにょう』がすごく形がいいね。この『校』という字の左払いがすっきりきれいだわ」と褒めることもできます。
このように毎日部分に注目して10個くらい褒めていれば、日ごとにノートの字はしっかりしたものになります。どうしても直させたい字があるときは、たくさん褒めてから、最後に「じゃあ、これとこれだけ直そうか」と言えば、喜んで直してくれます。つまり、順番も大事なわけで、まず最初に褒めることが大切なのです。
算数の宿題を見たときも同じです。「これバツ。これもバツ。もっとちゃんと考えてやらなきゃダメでしょ。ほら、間違ったところをやり直しなさい」などといきなり言ってしまいがちですが、これでは子どもが反発したくなるのも当然です。まずは、しっかりできた部分を見つけて、「これマル。これもマル。これもマル」と褒めます。マルではないところも、褒められる部分を見つけて、「ああ、これ惜しい。式は合ってるよ。計算ミスが惜しかったね」「図を描いて考えたね。いいことだね」と褒めます。そして、最後に「じゃあ、これとこれ、もう一度やってみようか」と言えば喜んでやってくれます。

中略


この「まず褒める。部分を褒める」方法は、子どもだけでなく、あらゆる相手・状況において効果的です。以前、何かの雑誌で読んだのですが、優秀なデパートの店員は、近くを歩いているお客さんに向かって、「そのバッグ、すてきですね」などと話しかけるそうです。自分のバッグが褒められた客は、店員に対してよい感情を持ち、心がオープンになります。そして、よい雰囲気で会話を続けるうちに、だんだん自分の売りたい商品にいざなっていくそうです。確かに、見ず知らずの客に、いきなり「うちの商品はいいですよ。安いですよ」などと話しかけても売れるはずがありません。まずは、その客の褒められる部分を見つけ出して褒めることで、望ましい展開が可能になるのです。
夫婦の間でも同じです。夕食を目の前にして、夫が「今日の夕食はギョーザしかないのか」などと言えば、奥さんは強く反発するでしょう。でも、「いつもありがとう。今日のギョーザも隠し味のオイスターソースが効いていて、おいしいね」などの言葉が先にあって、その後で「野菜サラダもお願い」と言えば、奥さんも素直に受け入れやすくなります。
職場でも同じです。いきなり「なんだこれは! こんな企画書では具体的な進め方がまったくわからないじゃないか」と言ってしまう上司では、部下のやる気を引き出すことはできません。そうではなく、「いいアイデアだね。これは思いつかなかったよ。あとは関連部署と具体的な進め方を詰めるだけだな」というように、まずは褒めてから言いたいことを言うようにすることが大切です。
「この人は何の取り柄もない」と思う相手がいるかもしれません。でも、それはあなたの見る目がないだけなのです。つねに部分に注目して、少しでもよい部分を見つけたら、そこを心の拡大鏡でよく見てください。そして、褒めてあげてください。「よい部分を見つけ出すぞ」という意識さえあれば、必ず見つけられます。そして、だんだんそれが自然にできるようになります。すると、どんな人についても、さらには、どんな物事についても、よいところに目がいくようになります。人や物事の見方自体がプラス思考になってくるのです。

====================


参考: リンク

 

 

 

ABC豆