大人にこそ必要。あなたは「あたたかい学力」を身につけてますか

誰のために、何のために学ぶのか。

引用元:リンク
----------------------------------------------------------------------
あたたかい学力は、利他的であるといえる。世に貢献する学力である。

冷たい学力。それは、冷たく凝り固まった学力である。応用が利かない。決められたテストに対し、機械的に決められたように答える学力である。公式の丸暗記などもこれに当てはまるだろう。

逆に言えば、あたたかい学力は、応用が利く学力である。模範解答の存在しない問題に対し、立ち向かっていける学力である。要は、あたたかい学力とは、クラス会議でつけようと目指す力そのものである。他に貢献し、仲間と協力しながら、自分たちで答えを求め、新たな問題を発見していく。これからの時代に必要な学力である。

子どもにつける学力の話のようで、これは大人にこそ必要である。凝り固まった思考をしていないか。身の回りにある様々な問題に対し「仕方ない」「そういうもの」と諦めていないか。いや、そもそも問題を問題と捉えていないことこそ、最大の問題点である。

子どもに「あたたかい学力」をつけられるよう、自分自身にその力をつけたい。

 

 

 

土偶