東大生の幼児期"テレビは観ず、すぐ寝る"

東大生は赤ちゃん時代にどのような子育てを受けてきたのか。現役東大生の母親60人に聞いたところ、一般家庭に比べ、就寝時間が早く、本の読み聞かせが多く、テレビを観る時間が少ないことがわかった。この違いにはどういう意味があるのか――。
「21時半以降に就寝」東大生家庭18.4%、一般家庭47%
「母学アカデミー」を主宰している河口京子さんは独自の教育法で3人の子供を育てた。長男は東京大、次男は京都大に進学し、長女はイギリスに留学中だ。その河村さんに、プレジデントファミリー編集部が現役東大生の母親60人に実施した「就学前の子育て」についてアンケート結果(※1)を見てもらった。

※1:プレジデントファミリー編集部では2019年2~3月に現役東大生と大学院生の母親60人に「就学前の子育て」についてアンケートを実施。その結果を『プレジデントベイビー 0歳からの知育大百科 2019完全保存版』で紹介している。

河村さんが、最初に注目したのは就寝時間の早さだ。

東大生家庭で、かつて未就学児だった子供が20時以前に寝ていたのは28.4%。一般家庭(※2)では10%なので、約18ポイントも高かった。一方、21時半以降に就寝という回答は東大生家庭で18.4%に対して、一般家庭で47%だった。

※2:一般家庭へのアンケート結果は、ベネッセコーポレーションが2015年に実施した「第5回 幼児の生活アンケート」(対象は1歳6カ月から未就学までの幼児をもつ首都圏の保護者約4000人)による。なお無答・不明などは省略した。


画像=『プレジデントベイビー 0歳からの知育大百科 2019完全保存版』より
「寝る時間が早いことから親の教育意識の高さがうかがえます。睡眠中に成長ホルモンが出ますし睡眠は記憶の定着にもいいといわれています。昔から寝る子は育つといわれていますし、睡眠が子どもの能力を伸ばすことをわかっているのでしょう」

河村さんもお子さんが幼稚園時代は19時30分に、小学校時代は20時には必ず寝かせるように意識していたとのこと。

では、東大生家庭では就学前に通っていたのは幼稚園か保育園か。調査では約9割が幼稚園と圧倒的だった。しかし河村さんは、幼稚園も保育園もあまり変わらないと話す。

「うちには、幼稚園に通った子も保育園に通った子もいますが、どちらかが能力が高くなったということはなかったです」

リンク より

 

 

 

森浩平