なぜエジプトの小学校で、日本式の学級会が受け入れられたのか?

仲間と協力したり、話し合ったりする活動は「共同体感覚」を育てる教育として一番であると感じる。

道徳や学級活動こそ学校の中で重要な活動である。

リンク
以下引用

エジプトで学級会

日本の「特別活動」が世界に注目されている。日直や掃除、給食当番、学級会など、日本の学校では「当たり前」に行われている活動である。これら活動がどれも世界的にはかなり珍しいことらしい。

特にエジプトでは、日本を訪問した大統領が感動し、JICAを通して導入し始めている。国家プロジェクトとしての取り組みとなっている。
宗教観の違いを乗り越えて、その価値が保護者にも認められているというのだから、驚きである。今後、国全体に広がりを続けていくのはほぼ間違いない。

他にも、日本の教育というのは、世界の関心を集めているものが多い。掃除や道徳教育もそうなのだが、仲間と協力したり、話し合ったりする活動、というのが大きな特徴である。これらはアドラー心理学でいう「共同体感覚」を育てる教育でもある。

ここを育てる上で、学級会、特にクラス会議の手法は有効である。

「学級づくりと授業づくりは学級経営の両輪」とはよくいわれることだが、授業は教科等が多岐に渡る。算数だけ、体育だけがんばればうまくいくというものではない(一つの授業の腕が転化するという面はある)。両輪ではあるが、学級づくりは汎用性が高く即効性もある、というのが持論である。

教科の研究が重視され「特別活動」に日が当たらない時期が長らく続いていたかもしれない。しかし今の時代において、はっきり言えるのは、特別活動、特に学級づくりの手法は、全てのベースになるということ。教科研究をするなら、併せて学んで欲しいところである。
特に今の時代は、価値観の多様化が進んでいる。従来型の教師主導のみ、あるいはゆとり教育時代の自由教育主義、どちらでも立ち行かない。教師がしっかりコーディネートしながら、子どもが中心となって作り上げていく学級づくりである。

 

 

 

伊達政宗