「夢を持て」と強要するのも、夢を否定するのも、子どもを潰す

大人はその気がなくても強制的な言葉を発することで子供をだめにしている。本当に子供のことを思うならば、支援する言葉の発信を心掛ける必要がある。

東洋経済オンラインより リンク
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
〇「夢の押し付け」は大きなお世話
「夢」という言葉は多くの大人にとって、大切な言葉として扱われています。教育機関に従事する先生にも、子どもには夢が必要と考える方がたくさんいます。しかし、これを「夢の押し付け」になっていることが少なくありません。子ども側からすれば、「勉強しなさい」という言葉同様、「夢を持ちなさい」という命令に聞こえ、大きなお世話になってしまうこともあるでしょう。ひどい場合には、“ドリームハラスメント”に近い場合すらあります。岩隈さんは、夢のあり方、子どもへのアプローチをご理解されているので、お子さんは幸せです。まさに、岩隈さんのお考えのとおりであると筆者も思います。となると、学校が強く要求するのであれば、適当に合わせておくという方法しかないことになります。

〇夢は強制して持つのではなく自然発生的に生まれるもの
<ドリームキラーのケース>
子どもが夢らしい発言をしたときに、その子どもの夢を壊すような言動をすることがあります。夢を壊すと同時に、希望も壊してしまうという最悪のケースもあります。子どもが発言したときに、その発言に対して否定的な意見を言われた場合、その考えを否定されたのか、自分の人格を否定されたのか、子どもにはその区別がなかなかつきません。仮に子どもが人格を否定されたと受け取ると、自分自身への希望も損なわれ自己肯定感が低下します。世の中に子どもの夢や希望を意図的に壊そうと思う親はいません。しかし、無意識に壊している可能性が実に多いのです。これを一般に「ドリームキラー(夢の破壊者)」と言います。

ドリームキラーの例1)
小学生の子どもが「僕はユーチューバーになりたい」と言った場合
「そんな夢ばかり言っていないで、勉強しなさい!」
 「は?ユーチューバー?そんなんで生活なんかできると思ってるの?」と言ったようなネガティブな対応をすること。
ドリームキラーの例2)偏差値の高い中学に行きたいと言った場合
「(うんざりした感じで)模試の結果見たの?」
 「よく言うわ」
 「じゃ、ちゃんと勉強しないとね!」
これらの言葉は、言われたくない言葉の代表例です。

〇その言葉は未来につながっているか?
<ドリームサポーターのケース>
 「いいね」
 「応援するよ」
 「じゃ、今度学校見に行こうか」
 「計画を一緒に立てていこうか」
先ほどのドリームキラーの例と比べて言葉の種類として何が違うかおわかりでしょうか。ドリームサポーターとは夢を応援する支援者のことですが、これらの言葉はいずれも未来につながっている言葉です。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

 

 

蔵端敏博