「あなた以外の人がほめられたとしても、あなたの価値は下がらないよ」ということを子供に教えた結果、スゴイことになった。

人間関係を相対評価でとらえてしまうと、「誰かのポイントアップ」が即「自分のポイントダウン」に結び付いてしまう。

別に、「誰かがすごい」ということは「自分がすごくない」ということを意味しないのに、人に対する「すごい」という言葉を「自分の価値の毀損」として捉えてしまう。

そうなると、「人の長所を認める」ことも多分出来ない。

認めてしまうと、相手の価値がその分上がって、自分の価値がその分毀損されてしまうことになる。

ただこれ、出来たらちょっとずつでも、違う観方もあるんだよ、違う考え方もあるんだよってことを教えてあげるとよいのではないか。

つまり、「人を褒めた、あるいは人が褒められたからといって、自分の価値が減るわけではない」という捉え方。

そして、「人を褒めることが出来る」「人の長所を認めることが出来る」ということの価値です。

それを考えさせてくれる記事の紹介です。

リンク


*****

以前から何度か書いている通り、しんざき家には3人子どもがいます。

長男が小学6年生。長女と次女が小学2年生の双子。最近長女次女も結構宿題を持って帰ってくるようになって、あの手この手で宿題をやる気にさせる方法を試行錯誤しているんですが、まあそれはその内別途書きます。

で、前からちょっと気になっていたこととして、例えば私やしんざき奥様が長女を褒めると、次女がちょっと怒った感じで「(自分の名前)ちゃんは!?」と言ってくることがあったのです。

長女に「〇〇出来てすごいねー」って言うと、横から「次女ちゃんはすごくないのー!?」とか言ったりする。

つまり、「長女が褒められた時、自分も褒めて欲しいと要求する」及び「長女が褒められるのがあんまり面白くない」っていう傾向がみられるなあ、と思っていたんですよ。

前提として、私と奥様はどちらも「ことあるごとに褒める」方でして、何か褒める機会があるごとに、長男にせよ長女にせよ次女にせよなるべく具体的に褒めているので、別段「次女に比べて長女の方をたくさん褒めている」「次女をあまり褒めていない」ということはないんです。

むしろ、お行儀が良くて片付けが上手な次女の方が、褒めるタイミングは長女より多いかも知れない。

それでも、長女が褒められると次女は面白くないし、自分も褒めてもらいたくなっちゃうわけです。

***


ある時、長女が褒められて次女がいつも通り「ねえ、次女ちゃんはー!?」と言った後、丁度いい機会だったので、ちょっと次女と上のようなことについて話してみたくなりました。

いつも通り、ヒアリングから始めました。

「次女ちゃんは、長女ちゃんが褒められてると嫌な気持ちになる?」

次女はちょっと考えてから、

「んー、べつに、いやな気持ちってほどじゃないんだけどー」

と答えました。

「自分が褒められないの嫌だなあ、褒めて欲しいなって気にはなる?」

「うん…」

「けど、長女ちゃんがすごいって言われても、次女ちゃんがすごくないってことにはならないよね」

「そうだけど、なんか、自分だけすごくないって言われてるような気になるの」

大体想定通りです。

こんな話をしてみました。

「あのさ、今、次女ちゃんがそういう風に感じてしまうのは仕方ないと思う。けど、いつか次女ちゃんが、誰か他の人が褒められるのが平気になったり、誰かを褒められるようになったら、それはとーっても凄いと思う」

「どうして?」

「誰か他の人が褒められても平気っていうのは、自分に自信がないと出来ないことだから。誰かに言われなくても自分は凄いってわかってたら、他の誰かが褒められても、「けど私も凄いもんね」って思ってられるから平気だろ?」

「…うん」

「凄い、っていうのも色々あって、次女ちゃんにも凄いところがあるし、長女ちゃんにも全然別の凄いところがある。そういう、自分と違う、人の凄いところが見つけられる、認められる人ってとっても少ない」

「そうなの?」

「そうだよー。パパの会社にだってそんなにいない。だから、いつか次女ちゃんが、そういう人になれたら凄いよなーって思ったんだよ」

一応、その時は納得したようだったので、話はそこでおしまいにしました。


***


あれからひと月くらい経ちました。二人で宿題をしている時に、次女がふとこう言ったのです。

「長女ちゃんは、算数よく出来て凄いね」

と。

長女は「うん?」といっただけで特段反応しませんでしたが、横で聞いていた私は結構感動しました。

すぐに、「次女ちゃん、褒めてあげられるなんてすごいなー」と言いました。

次女は「えへへ」と笑いました。


****

 

 

是安知和