子どもたちの「やってみたい」「好き」のサインを大人が見逃さず、自由にチャレンジさせてあげること

1つのことを極めることが大切。
私が子供のときは、これが美学だと教えられてきました。

果たしてそれがすべてか。
この記事を読んで、子供の「楽しい」を極める。
その先にも可能性が見える気がします
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(子どもたちの「やってみたい」「好き」のサインを大人が見逃さず、自由にチャレンジさせてあげることリンク
より引用)

とにかく長時間サッカーをすること、一つのスポーツにひたすら打ち込むこと。

それが成長につながると信じている大人がたくさんいます。


でも、本当にそうだろうか。


先日、ある少年がそう思わせてくれました。

近所のバドミントンをしている小学生。


「始めて間もないのに、長くやっている子よりいい動きをするんだよね」

と保護者の間でとても評判です。

見ていると、その子は、シャトルが飛んでくるまでの一瞬の間に、相手の位置をみて、打つ場所を確認しているようです。
小学生くらいのバドミントンの選手は、シャトルの動きだけに目を奪われることがほとんどだそうです。そのため、周りを見ることができるその少年に他の保護者は驚いています。

なんでそんなことができるのかな、と思って話を聞くと、その子はバドミントンのほかにサッカーもしているとのこと。
「サッカーでボールを受ける前にパスする相手や敵の位置を確認するから、バドミントンでも自然とまわりを見るんだろう」
とバドミントンのコーチが話していました。

まだどちらのスポーツをメインに決めるかは迷っているそうですが、保護者もどちらかに強制することなく、したいことをすればいいと見守っているようです。

きっと、バドミントンでの経験がサッカーでも生き、サッカーの経験がバドミントンでも生かされ、どちらを選んだとしても素晴らしい選手になるんだろうな。

先日ご紹介した、為末大さんの著書「遊ぶが勝ち」にもこんなふうに書かれていました。

日本人のスポーツ選手は、大学までは順調に伸びていくけど、そこから成長が止まってしまうタイプが多い。その原因の一つは、それまで多彩な身体経験をしてこなかったからかもしれない。

早い時点で一つの競技に絞りこんで、それだけをやってきている選手が多いのも日本の特徴だ。たとえばアメリカの選手は、多種多様なスポーツを体験してきてアスリートになっていく。ロシアでは体操が基幹スポーツなのでみんなが経験するが、そこから枝葉があちこちに伸びていき、まったく違う競技に取り組んでいくパターンになっている。そういう自由度や広がりは、貴重な体験になっているだろう。

子どもたちの「やってみたい」「好き」のサインを大人が見逃さず、自由にチャレンジをさせてあげること。

色んなチャレンジをさせることを大人が恐れず、子どもの可能性と成長を信じてあげられれば、日本の子どもたちはもっと輝けるのかもしれないな、と思います。