習い事の詰め込みで、イキイキした子供が激減中?!

現代は“時間があったら習い事”という家庭が増えていて、同じ日に2つの習い事に通うのは当たり前。
中には、土日にも詰め込んで週30個も習い事をしている子までいるほど、子供たちは習い事に追われています。

習い事の最初のきっかけは「子供が夢中になれるもの探し」や「周りの子がやっているから」他にも「子供がやりたいと言い出したから」というご家庭が多いと思いますが・・・
いつの間にか“一回やると言い始めたことは切りのいいところまで!”とか“練習をやらないならお金がもったいないから辞めなさい!”と脅しのように発破かけてしまっているような状況に、心当たりのあるご家庭が多いのではないでしょうか?

そもそも何のための習い事なのでしょうか。
子供の将来を考えたときに本当に必要なことは何なのでしょうか?

類子屋・類塾でたくさんの子供たちと触れ合い、話を聞く中で感じる子供たちの本音は...
続きはこちら>>>リンク

 

 
類グループ社員ブログ