幼児の行動の変化で見られる発達状況

建築は子供の成長にも影響を与えることがある。
子どもにとっていい建築、環境を創る上でも、子供の成長を知ることは重要。

リンク

幼児の成長の過程で見られる行動の変化

幼児期の子どもは、乳児期に比べ興味・関心の対象や生活範囲がグッと広がります。親・兄弟など身近な人とのふれあいや身の回りのものとの関わりをとおして、愛着の形成や認識力・社会性の発達を促します。そのなかで、食事やひとりでトイレに行くこと、決まった時間に眠ることといった生活習慣が身につくのです。

また、公園や保育園・幼稚園など、生活範囲が広がることで、ほかの子どもと遊ぶことも増えていきます。さまざまな遊びをとおし、想像力やひらめき、自分を表現すること、他人を受け入れることなどが育まれます。

言葉を上手く話せない幼児期は、行動の変化で発達状況を確認できます。泣くことで表現する乳児期から、つかまり立ちや伝い歩きができるようになるころには、簡単なものを掴んだり、身近な人の行動をまねしたりするようになります。

やがて単語を発するようになり、成長とともに二語文、三語文を話すようになり、自己表現の幅が広がっていくのです。

0~1歳で見られる行動

まずは0〜1歳で主に見られる行動について見ていきましょう。

赤ちゃんが「泣く」のは不快や不安を知らせるサイン

赤ちゃんはお腹が空いていたり、おむつが濡れて気持ちが悪かったり、眠いのに眠れなかったり、不快なことがあると泣くことで表現をします。また、体に痛みや痒みがあるときや発熱する前兆など、病気のときにも泣いて知らせます。いつもと違う泣き方をしていたり、長時間泣き止まなかったりしたときには注意が必要です。

さらに、0~3ヵ月の赤ちゃんはお母様の胎内と胎外の環境の変化で泣くこともあります。そのようなときは、赤ちゃんが胎内にいたときのように、優しく包むように抱っこしてゆっくり揺り動かしてみましょう。

1回の睡眠時間が長くなり、昼と夜の区別がついて生活リズムが整う

生後2ヶ月頃までの赤ちゃんは、授乳やミルクが終わるたびに眠り、だいたい2時間~4時間ごとに目を覚まします。眠りが浅く、昼夜の区別もまだついていません。

生後3ヵ月~4ヵ月頃からは徐々に昼夜の区別がついて、昼間起きている時間が長くなり、少しずつ夜まとまって眠るようになってきます。

生後6ヵ月~12ヵ月頃になると、日中は体を動かして遊ぶなど、活動が活発になってくる時期でもあります。運動をして、規則正しいお昼寝をすることにより、夜間に長時間連続で眠ることが多くなり、生活リズムが身についてきます。

人見知りは身近な人との信頼関係が築けている成長の証

生後6ヵ月頃になると、お母様やお父様、いつもお世話をしてくれる人や見慣れた人を認識し記憶できるようになります。

記憶することで知らない人を見分け、知らない人や見慣れない人が近づくと、怖がったり、恥ずかしがったり、泣いたり、一番安心できるお母様にしがみついたりする人見知りが始まります。また、人見知りをする赤ちゃんは好奇心が旺盛な傾向もあります。知らない人に興味を持ち、近づきたいけれど怖いという葛藤から泣いてしまうことがあるからです。

このように、人見知りは成長過程で、記憶する脳が育ってきた証拠でもあり、身近な人との信頼関係が築けている証でもあります。

1歳~2歳の発達状況や行動

1歳〜2歳になってくると、行動のまねや物を転がすなど、様々な行動をとるようになっていきます。どのような行動をとるか、具体的に見ていきましょう。

身近な人の行動をまねすることで生活に必要な行動を身につける

1歳前後にはつかまり立ちや伝い歩きもできるようになり、歩き始めるようになります。この時期は運動機能の発達がめざましく、行動の範囲も広くなります。これまでに培われた安心できる関係や環境を基盤に、身近な人や身の回りにあるものに対して自発的に働きかけていきます。

なんでも自分でやりたいという自我も芽生え、身近な人の興味ある行動をまねし、物をつまむ、紙をめくる、なぐり書きをする、物を転がす、スプーンを使う、コップを持つなど生きていくうえで必要な数多くの行動を身につけます。大人のすることをよく見ていて同じようにしたがり、一緒に洗濯物を畳むなどのお手伝いや、積み木を車に見立てて遊ぶような見立て遊びが盛んになります。こうした行動をすることによって、お子様は自分にもできるという自信を持ち、自発性を高めていきます。

できることが増えてきたら、そっと援助しながら自立に向けての意欲を育てます。できたときには「できたね」とその姿を認め、満足感や達成感が味わえるようにしてあげましょう。また、お子様の行動範囲や遊びの広がり、動線などを考慮して、ケガをしないように家具や遊具などを安全に配置し、十分に体を動かせる環境を整えてあげるようにしましょう。

自分の思いを伝えるために、言葉や指さしや身ぶりなどで表す

1歳前後で「マンマ(ご飯)」「ブーブ(車)」など意味のある単語を発するようになります。

2歳前後になると「ワンワン イルヨ」など、2つの言葉をつなげた二語文を話すようになり、同時に自分の思いを伝えたいという欲求も高くなってきます。日常生活に必要な言葉もわかるようになることで、自分のしたいこと、してほしいことを言葉や指さしなどで表そうとします。

行動範囲も広がり、他の子どもとの関わりも少しずつ求めるようになります。自分が感じた喜びや感動を、自分に共感してくれる大人や友達に伝えようとしたり、一緒に体験したりしたいと望むようになります。

 

伊達政宗