子どもの能力を育てるには「外遊び」が一番!ママは何もする必要なし!

子どもの可能性を信じて、あれこれと詰め込もうとする母親がたくさんいます。
そして、自分のモノサシで「できる、できない」を判断し、勝手に悩んでいる母親もたくさんいます。

しかし、そんな悩みを超簡単に脱することができます。
それが、「外遊び」です。
運動神経はもちろん、友だちと外で遊ぶことで、さまざまな工夫を凝らします。
その経験が結果的に、能力の高い人間へと成長させるのです。
子どもは勝手に成長します。母親は、それを見守り、イキイキと働く姿を見せることが重要な役割だと思います。

(以下、リンクより引用)

◆1.子どもの運動神経は遊びで向上する!
子どもの運動神経が一番伸びる方法は、遊ぶことです。
ぶっちゃけ、早期教育や幼少期からの習い事より、体力の限り遊ばせた方が、運動神経が良くなります。
なぜ子どもは遊ばせた方が良いのかと言うと、遊びは、

楽しいから
力の限り動くから
何の制限もなく動けるから
です。

早期教育や習い事をさせることも、運動神経が良くなる方法ではありますが、制限が多くて子どもの身体を十分には使っていません。
何の制限もなく、子どもの身体を隅々まで鍛えるためには、制限のない遊びが効果的です。
何の制限のない遊びを、小さい時からとことん遊ばせるのがコツです。
なぜ、小さい時からがいいかと言うと、ゴールデンエイジを意識していたから!

◆2.子どもの運動神経を遊びで伸ばす鍵は「ゴールデンエイジ」!
子どもの運動神経を伸ばすためには、小さい時からとことん遊ばせることが重要です。
小さい時からというのは何歳くらいからかと言うと、なるべく小さい時からです。
我が子では、だいたい歩けるようになった1歳の時くらいから公園で遊ばせていました。
なぜ、小さい時からが良いのかと言うと、ゴールデンエイジを意識したからです。
ゴールデンエイジとは子どもの運動能力が大きく発達する時期です。

具体的には4〜12歳。

我が子のように1歳から遊ばせなくても良いですが、幼稚園に入園するころまでには、遊ばせておきたいです。
ゴールデンエイジに遊ばせていた子どもは、その動きを見ただけで、すぐに再現できたりして、運動能力が高くなります。
この時期にしっかり運動をして運動神経を良くしておけば、大人になっても若い頃と同じ動きが出来たり、大きなメリットをもたらします。
では、具体的には、どのようにして、遊びで子どもの運動神経を良くしていくのでしょうか。

◆3.子どもの運動神経を伸ばす3つの方法
子どもの運動神経を伸ばすためには、遊びが重要です。
ゴールデンエイジの期間に、どのような遊びをすれば良いのかと言うと、次の3つです。

その1:公園遊び
子どもの運動神経を伸ばすためには、公園遊びが一番効果的です。
本格的にスポーツを始めさせるには早い小さな子どもには公園遊びをたくさんさせましょう。
公園で遊ぶときには色々な動作をします。
例えば階段を登ったり、網を登ったり、ブランコをしたりします。
こうした動きを通して様々な運動の能力をつけることができます。

その2:鬼ごっこ
走ることは基本的な運動の1つです。走る力をつけるなら鬼ごっこがおすすめです。
ごっこでは鬼になって友達を追いかけたり、逆に鬼から逃げたりとゲームを通して楽しみながら瞬発力や持久力など色々な力がつけることができます。(略)

その3:色々なスポーツをする
(略)特定のスポーツに専念するのも良いのですが、運動神経を伸ばしたいなら、1つだけでなくいくつかのスポーツに触れさせるのがおすすめです。
スポーツを通して様々な動きをすることで運動神経が研ぎ澄まされます。
もちろん、スポーツクラブをいくつも掛け持つのは不可能だと思うので、遊び程度で触れるようにするのがおすすめです。

◆4.子どもの運動神経を遊びで伸ばすための3つのポイントとは?
子どもの運動神経を伸ばすには先ほど紹介したように遊びで伸ばすのがおすすめです。
さらに工夫をすればもっと能力を伸ばすことができます。
そこで最後に子どもの運動神経を伸ばすためのポイントを3つご紹介しましょう。

コツ1:プレ・ゴールデンエイジに様々な動きをさせる
ゴールデンエイジの前にはプレ・ゴールデンエイジという時期があります。この時期には神経系が著しく発達するという特徴があります。
そのため、この時期に様々な動きに触れて運動神経を高めておくことでゴールデンエイジに一気に運動能力を伸ばす準備ができます。
子どもの運動神経を良くしたいなら、プレ・ゴールデンエイジから準備を始めましょう。

コツ2:楽しませる
子どもの運動神経を伸ばしたいからといって子どもの気持ちを無視して強制的に遊ばせたり、スポーツをさせたりすると子どもは運動が嫌いになってしまいます。これでは全くの逆効果になってしまいます。
運動神経を伸ばしたいなら子どもが楽しみながら運動出来るような機会を用意しましょう。

コツ3:褒める
遊具で上手く遊べたときやスポーツの試合で良い結果が出たときは子どもをたくさん褒めてあげましょう。
親に褒められると子どもは嬉しくて練習をもっと頑張ろうと思うようになり、能力がどんどん伸びていきます。
またそういった経験を通して体を動かすことが好きになるでしょう。
子どもの能力を伸ばすには親のこうした些細なサポートが有効です。

◆5.まとめ:子どもの運動神経は遊びで解決!ママは何もする必要なし
現代の子どもは昔に比べて発育が良く、平均身長も親の世代よりも高くなっています。
その一方で、ハンドボール投げの記録が下がっていたり、50m走の記録が遅くなっていたりと運動能力は低下しています。
その1番の理由は、は昔の人に比べて外で遊ぶ機会が減っているからです。
外で遊ばせておけば、ママは特に何をする必要はありません。
小さい時から遊ばせている子どもは、他の子ども以上に運動が得意になることは間違いありません。
子どもの運動能力は5〜12歳ごろのゴールデンエイジに一気に伸びます。
この時期に公園遊びやスポーツをして体を動かすことで運動神経を発達させることができます。
ぜひ、子育ての中に遊びを取り入れ、子どもの運動神経を伸ばせてあげましょう。

(引用終わり)

 

 

 

志葉楽