子どもの五感を刺激する泥んこ遊び!

最近では公園でも砂場は囲われており、都市の中で土があるところは非常に限られている。土遊び、泥遊びが本来の人の機能をとりもどす上で重要な外遊びじゃないか。

リンク

泥んこ遊びが子どもに与える効果とは?
泥だらけで遊んでいる我が子を見ると、つい手間のかかる洗濯のことや、泥で汚れる家のことを考えてしまうかもしれません。ドロ汚れは確かに落としにくいし、床は砂や泥でざらざらになるし、最近は、泥の中に住んでいる菌が心配になるママも多いでしょう。でも、子どもの泥んこ遊びには、子どもの成長に欠かせない効果がたくさんあることがわかっています。ここでは、親が知っておきたい泥遊びの効果をまとめてみました。

・心を豊かにする 泥の感覚は、そのときどきで変化します。寒い日は冷たく、時にざらざらしたり、雨のあとはとろとろしたり。泥遊びは、子どもの五感をたくさん刺激してくれます。実際、幼稚園や保育園では泥遊びは「感覚遊び」と言われているほどで、それは健全な心の発達をも促してくれる効果があるようです。水を混ぜれば柔らかくなり、乾けば固くなるその特性を子どもたちは自然と学び、いろいろな形を作って遊ぶことが出来ます。おままごとではお団子やおにぎり、夏になれば水遊びと組み合わせて、水を足してお味噌汁やチョコレートなどなど、子ども達の想像力は尽きません。山を作ってトンネルを掘って、ダムを作って・・・。泥んこ遊びはこうした自由な発想を手助けし、子どもの想像力を豊かにしてくれるのです。



・社会性が身につく 泥遊びができる場所、いわゆるお砂場は都内では特に減少していますが、代わりにプレーパークと言って泥遊びができる場所を作る自治体やNPOもあり、異年齢の子どもたちが自由にどろんこ遊びができる場所となっています。そこは子どもたちにとっての小さな社会。山を作る子どもたち、泥で作った食べ物を並べてレストランを開く子どもたち、ときにスコップやバケツなどを貸し借りしたり、取り合いをしてケンカになったり。一緒に協力して大きな川を作ることも出来ますし、また時には小さい子が悪気なくそれを壊してしまって揉めたりもします。でも、そういったこと全てが子どもたちの社会性を育むのです。

・創造力や集中力がつく 泥遊びに熱中している子どもを見ていると、その瞬間にどっぷり浸かっているのが見て取れます。それは、その子の中で集中力が養われているという証拠。なるべく邪魔をせずに、心ゆくまで楽しませてあげましょう。集中していると、おのずと創造力も生まれます。

・リラックスしストレス解消になる 泥や砂を触ることで、脳内にセロトニンというリラックスホルモンが分泌されます。セロトニンは、感情や気分のコントロール、精神の安定に深く関わっているホルモン。セロトニンが不足すると、心のバランスを保つことが難しくなるそうです。泥んこ遊びは、意外にもストレス障害やうつの予防をし、心のバランスを保つことに一役かうのですね。

・免疫力が高まる 土の中にはたくさんの雑菌が住んでいます。ですが、幼少期に多くの菌に触れておくことは、その後の免疫力に良い影響を及ぼすことにもなります。土に触れることでそれらの雑菌に対する抵抗力を養うことができるそうで、どろんこ遊びは子どもの免疫力を高めるためには絶好のチャンスなのです。また、泥遊びとなると、必然的に外で遊ぶことになります。夏は暑く、冬は寒い屋外でも元気に遊ぶことで、丈夫な体を作ることにつながるのですね。

 

 

おぬこ