「女子というだけで不利」「私立なんだからよくない?」中学受験の男女差にモヤモヤ

リンク

共学の私立中学の中には、受験の際に男女で募集人数や合格最低点が違う学校がある。

多くの場合、女子の方が男子に比べ募集人数が少なく、合格最低点も高いなど不利な立場に置かれている。

この問題をどのように考えるべきなのか? 中学受験の学習塾「スタジオキャンパス」代表、矢野耕平さんに話を聞いた。


■■男女人数比、入試の偏り…「どっちを取るか。モヤモヤする問題」
「共学校とうたうのであれば、男女の人数は偏りをなくすべきなのかもしれません。難しいのは、偏りなく人数を確保しようとすると入試が偏る。入試の偏りをなくそうとすれば、男女の構成比が大きく偏るんです」

中学受験に長く携わってきた矢野さんはこう語る。

「どっちを取るかという話で、難しいです。正解があるかといえば、ないのかもしれません。モヤモヤする問題です」

以下の表を見るとわかるように、首都圏の主な私立の共学校では、女子より男子の募集人数が少なく、合格最低点は女子の方が高くなっている。

矢野さんは言う。

「共学校に入りたいと望む子どもにとっては、女の子であるというだけで、若干不利になってしまう学校がある。だからそれはどうなのかな、とは思います」

「一方で、学校の運営を考えたときに、やはり共学の学校側としては、男女比を半々にしたいのだと思います。学校側の立場もわかるので、とても難しい問題です」

また矢野さんによると、女子が不利になっている学校に比べて数は少ないものの、男子の方が募集人数が少ない学校や、合格最低点が高く設定される学校もあるという。

女子の合格点最低点を高く設定している学校が、仮に男女で合格ラインをそろえた場合、どんな影響があるだろうか。

「とある学校の教員にヒアリングしたところ、女子が7割を超えてしまうと言っている学校もあるようです」

「そうすると男女の人数のバランスが悪くなります。たとえば部活動も組み直さないといけないし、お手洗いなど女子用の施設の数を増やすといった課題も出てくると思います」

 

 

 

匿名希望