兄弟の仲が悪くならないために、下の子がお腹にいるとき&生まれてきたときにできること

1人の子育てでも大変ですが、やっぱり弟・妹も・・・と考えて、ようやく命が宿った時に考えてあげたいことが書かれていたので紹介します。

リンク
****************

第2子の妊娠・出産では、上の子が赤ちゃん返りをしたり、「自分が一番」と考えてしまって、下の子に悪さをしたりする場合があります。
ママにとっては「困ったことになった」と感じるかもしれません。

でも、上の子にとっては「ママを取られる!」と強く感じ、不安に陥ってしまうくらいの事態なのです。
ですから、上の子の不安を取り除いてあげることが必要です。

〇兄弟仲を良くするために、「妊娠中」にできることは?
・上の子を優先する
ママの妊娠で、上の子は「ママが取られる」と無意識のうちに感じ取ってしまうことがあるようです。この時期は、お腹の赤ちゃんも大事ですが、上の子を第一に見てあげてください。そうすれば、自然と気持ちが安定してきます。

・赤ちゃんのことをポジティブに伝える
安定してきたら、お腹にいる赤ちゃんからのメッセージであるかのように、言葉を伝えてあげましょう。わかりやすい言葉で話すことで、上の子も理解しやすいはずです。

たとえば、次のように語りかけるのもいいですね。
「赤ちゃんが ”早くお兄ちゃん(お姉ちゃん)と遊びたい” って言ってるよ」
「お兄ちゃん(お姉ちゃん)に会いたがっているよ」
「赤ちゃんと一緒に○○できるようになると楽しいね」 など

一方、NGなのは、叱るときに赤ちゃんのことを持ち出すことです。
赤ちゃんはまだ産まれていないのですから、上の子がしたことだけを叱るようにしましょう。

〇兄弟仲を良くするために、「出産後」にできることは?
出産した後、上の子の目には、赤ちゃんが実際に触れることのできる存在として映るため、嫉妬や寂しさから「赤ちゃん返り」をしてしまう場合があります。そんなときも、上の子を第一として構ってあげることが大切です。

自分が愛されて大切にされていると感じて理解できると、人にも優しくなれます。小さくても、その思いは同じです。

次のような声かけをしてあげましょう。

「お兄ちゃん(お姉ちゃん)になってかっこよくなったね」
「やっぱり頼りになるなぁ。ありがとう!」
「○○(赤ちゃん)は、お兄ちゃん(お姉ちゃん)といるとうれしそうだね」 など

こんなふうに言われると、自分は役に立っているという気持ちが大きくなります。ママのため、赤ちゃんのためにと、動ける子になるでしょう。

できたら、とにかく大げさにほめてあげるがポイントです。ほめてあげられるということは、「その子のことをしっかり見ているよ」というサインでもあります。
それを上の子がしっかりキャッチできることが大切です。


上の子に、絶対言ってはいけない言葉はこれ!
どんなにほめてあげても、この一言を言うと台無しになってしまいます。
(続きはリンクから)

 

(じゃがじゃがじゃーが)