子育てひと段落で喪失感?「空の巣症候群」

子育てひと段落で喪失感?「空の巣症候群」になりやすい人と治療法を解説リンク

以下引用

 

______________________

「長い子育てを終えて、やっとひとりの時間ができる」

「子育て中はできなかったことを、たくさん楽しもう!」

そんな風に、子育てを終えた解放感を味わう方もいるでしょう。ですがその反面、強い喪失感や虚無感に苦しむ方も存在します。

自分の手から、子どもが外の世界に巣立つ。子どもの自立を考えると喜ばしいことなのですが、「自分の役割がなくなってしまった」と強い寂しさを感じる場合があるのです。

空の巣症候群(からのすしょうこうぐん)とも呼ばれる、子育て終了後の心身の不調。

今回は、空の巣症候群になりやすい方の特徴、また予防法と治療法を解説します。

「空の巣症候群」とは?

空の巣症候群のよくある原因と特徴をイラストにしました。

「空の巣症候群(からのすしょうこうぐん)」とは、子どもの自立によって「自分の役割が喪失した」と感じ、空虚感や喪失感が強まっている状態のことです。

空の巣症候群は、「エンプティネスト・シンドローム(Empty nest syndrome)」とも呼ばれています。

主に子育てを終えた40代~50代の母親に多くみられる状態で、適応障害の一種であることが多いです。

環境変化にうまく適応できず、そのストレスが心身の不調にあらわれてきます。更年期障害とも重なることで、症状はさらに重くなることも少なくありません。

このような状況が続く中で、そのままうつ病を発症してしまう方も存在します。

空の巣症候群にならないためには、先を見据えて予防策をとっておくことが大切です。具体的な予防策については、記事の後半で詳しく解説します。

「空の巣症候群」を引き起こすきっかけ

「空の巣」とは、ひなが巣から旅立っていくさまを表しています。つまり、「巣が空っぽになる」ということですね。

子どもの進学、就職、結婚など、子どもが自立するタイミングで心身の不調を感じる方に対して、この名前が付けられました。

手塩にかけて育てた子どもが、自分の手から離れて外の世界に巣立っていく。

長い子育ての中でその瞬間を心待ちにしていた方でも、いざ子どもが自立すると、胸にぽっかりと穴が開いたように感じてしまうのでしょう。

また、子ども中心の生活が、子どもの自立により夫婦中心の生活になれば、ライフスタイルは大きく変わります。

その環境の変化が、心身の不調のきっかけとなる可能性もあります。

 

______________________

以下省略

 

(光大)