子どもの発達段階を知ろう。親が意識すべき世代別子どもの重要成長ポイント!

これは子どもの「できてる」「できていない」をチェックするものではありません!
大人とは比べ物にならないペースで成長・進化してゆく子どもたち。
彼らに対して大人の私たちがどう関わっているか。
子どもの可能性を邪魔していないか><親の私たち、ぜひ読んで意識していきたいですね!

リンク

 

エリクソンの「発達段階」を知ろう。年齢別「発達課題」はクリアできてる?

エリクソンが提唱した論は、「心理社会的発達理論(psychosocial development)」と呼ばれています。人間の心理は、周囲の人々との相互作用を通して成長していくという考えです。心理社会的発達理論の特徴は以下のとおり。
1.人間の発達段階を8つに分けている
2.各発達段階に「心理社会的危機(psychosocial crisis)」がある
3.人間は、心理社会的危機を乗り越えることで「力(virtue)」を獲得できる

 
「発達課題(development task)」と呼ばれることもある心理社会的危機は、「〇〇対△△」というかたちで表されます。たとえば、18~40歳にあたる「初期成人期(young adult)」の心理社会的危機は「親密対孤立(intimacy vs. isolation)」。初期成人期において、多くの人は、家族以外の他者と長期的で親密な関係を形成しようとします。うまくいけば、「力」として「愛情(love)」を獲得できるでしょう。

愛は人生を豊かにします。結婚生活にも欠かせないでしょう。しかし、他者との関わりを避けたりコミュニーションを適切にとれなかったりすれば、心理社会的危機を乗り越えて愛を得ることができず、「孤立」してしまう、ということなのです。

では、心理社会的発達理論における8つの段階を順に見ていきましょう。

エリクソンの発達段階1:乳児期

「乳児期(infancy)」という発達段階は、およそ0歳~1歳半にあたります。乳児期に直面する心理社会的危機は「信頼感対不信感(trust vs. mistrust)」です。

人間の赤ちゃんは無力で、ひとりでは生きられません。泣いて助けを求め、母親をはじめとする周囲の人から世話されることで育ちます。周囲から適切なケアを受けられれば、赤ちゃんのなかで世界への信頼感が構築されるでしょう。「みんなは自分を助けてくれる」という気持ちです。うまくいけば、「期待(hope)」という力を得られます。

しかし、泣いても誰が来てくれるわけでもなく、世話してもらえないとしたら? 赤ちゃんは世界に対する不信感を抱き、「誰も自分を助けてくれない」と思うようになります。そのため、赤ちゃんに適切なケアが行なわれないと、その子の人生観が大きな悪影響を受けてしまうと考えられているのです。

エリクソンの発達段階2:幼児前期

「幼児前期(early childhood)」は、およそ1歳半~3歳にあたります。直面する心理社会的危機は、「自主性対羞恥心(autonomy vs. shame)」。

幼児前期の子どもは、歩いたりしゃべったりするようになります。とても活発な子もいて、親の手を振りほどいて走り出したり、何に対しても「イヤ」と言ったり……などは、よく聞かれる話ですね。

赤ちゃんの頃は、排せつや着替えに周囲の手を借りていましたが、積極的な挑戦や親のしつけによって徐々に自分でできるようになっていきます。親がチャレンジの機会を与え、適切なタイミングで手伝ってあげれば、子どもは自信をつけて、さらにいろいろやってみようという気持ちになれるでしょう。その結果、「意欲(will)」という力を獲得します。

しかし、親が先回りしてなんでもしてあげたり、挑戦して失敗した子どもを過度に叱ったりすればどうでしょう? 子どもの自主性は育たず、むしろ羞恥心を覚えてしまい、新しいことに挑戦しようという意欲は生まれづらくなります。

エリクソンの発達段階3:遊戯期

3~5歳頃は「遊戯期(play age)」。「自発性対罪悪感(initiative vs. guilt)」が心理社会的危機です。

保育園や幼稚園で、友だちと活発に遊ぶ時期ですね。世界に対して強い興味をもち、「どうして○○なの?」という質問を連発したり、ごっこ遊びをしたりします。エネルギーがあり余っている状態です。このような子どもらしい様子に対し、親がうっとうしがる態度を見せたり、過度に厳しいしつけを施したりすると、子どもは罪悪感を覚えてしまいます。

もちろん、公共の場所での適切な振る舞いを教えるなど、適度なしつけは大切です。自発性と罪悪感のバランスがうまくとれれば、子どもは心理社会的危機を克服し、「目的意識(purpose)」という力を獲得できます。

***

 

(晴葉)