なぜ人見知りをするのか…?

人見知りが激しい子と、そうでない子がいます。人それぞれではありますが、新しい場所に行くと、人見知りをすることが増えますよね…。
場所の変化と言えばそうなのですが、なぜ人見知りをするのでしょうか…。


リンクより以下

>>2歳を過ぎると、認識力や記憶力がさらに育まれていくため、例えば、安心できると思っていた場所に知らない人がいたりすると、今まで感じたことのないような違和感やストレスを抱えることに。それが、号泣や目をそらす、といった行動に出てくると考えられています。<<
という事例はよく聞きますね。

>>慣れない人や知らない場所だから怖いと慎重に思う一方、「どんな人なんだろう?」「ここは安心して過ごせる場所かな?」と好奇心も旺盛になっています。お子さまが自分にとって、心を許せる人・場所であるかどうか、様子を見ているとも言われています。<<という事例も!

全て、「人見知り」で済ませるのではなく、どういう場所なのか?を判断する時間でもあるということ!
人見知り=慣れていないからか…と思っていましたが、状況を見て判断している最中!というところにビックリ!

子どもたちの人見知りにはいろんな理由があるからこそ、「大丈夫!」と思えるまで、ゆっくり見守ることが大事ということですね!

***

 

(匿名希望)