スマホの利用時間が成績低下だとは限らない

よく、親にスマホの触りすぎを注意され、成績が下がるとスマホ没収と言われたなどの話を自分自身、妹やその友達(高校生)から聞くことがある。

成績が下がる=スマホの触りすぎ と捉えがちだが、これがイコールならばスマホがない時代は成績が下がる子供はいない!そんなはずはない。おかしい!

これについての記事があったので、以下に引用リンク

===

一日何時間といった一定のルールは作りますが、成績が下がったら没収というように、成績をからめないようにします。

その際のポイントとしては、一方的に強要しても反発されるだけなので、なぜルールを決めるのか、親は子どもに理由を明確に伝えましょう。

伝えるとよいのは、「無制限な使用は生活習慣リズムの乱れにつながる」ということです。実際、子どもによっては時間制限をかけないと生活面に影響が出ることがあります。「成績が下がるから」「勉強しなくなるから」ではなく、あくまでも生活リズムの問題として伝えます。

 


コミュニケーションの中で、子ども側から、進路や成績の話を切り出してくことがあります。そのときは真剣に将来の話を受け止めてほしいのですが、親はアドバイスするよりも、「どうしたらいいだろうか?」と一緒に考えるスタンスをとるのがいいと思います。

以上、スマホルールに関する2種類の提案とコミュニケーションに関するあり方についてご紹介しました。これを機会に、子どもとの対話を重視し、これまでどう子どもに関与してきたのか、振り返って棚卸ししてみてください。子どもの様子に変化が出るまでには多少の時間がかかりますが、徐々に変わっていくはずです。

===

 

(匿名希望)