夏のフィンランドの保育園で気づいた”多様性”について

「ねぇ!ねぇ!ねぇ!あの人だれ!?なんでいるの?名前は!?」
ある日私が出勤すると目をキラキラさせた女子3人が走ってきた。
フィンランド保育経験者の方が感じた、日本との違いについて。
私の服や腕を引っ張り、部屋の隅へ連れて行き、目をキラキラさせて
ヒソヒソと興奮する声を一生懸命抑えながら見つめる先にいるのは、
見慣れない20歳前後の男の人だった。

ここは中学校でもオフィスでもないフィンランドの幼稚園。
フィンランドの夏の保育園は、急にクラスにイケメンが現れたり、園庭にピエロが現れたり、不思議な場所だった。

と語る筆者フィンランド保育経験者の方が感じた、日本との違いについて。

以下リンク

***

フィンランドの夏休み、フィンランドの幼稚園は6月には夏休みに入る
ほとんどの園は、修了式兼卒園式のようなイベントを終えると8月の頭まで
約2ヶ月の長い夏休みに入るのだ。

こんなに長い夏休みを共働きが基本の保護者たちはどうやりくりしているのか?と、聞いてみると
大体親も1ヶ月くらい休みがあるので、ずらして休みを取ったり実家に頼ったり周りの子育て家庭と協力しあったりして、過ごしているそうだ。

それでも都合がつかない家庭も、もちろんあるので私が住んでいた町では
地域で一番大きな保育園だけ開けて、そこに地域の他の保育園も集結させる。合同保育園を開いていた。

私は夏休み期間中、その合同保育園に勤務することになったのだ。
日本でもお盆時期や年末年始に、こうした合同保育をする場所もあるそうだが、私は経験したことがなかったのでこの空気感が初めてだった。

とにかく不思議な空間なのだ。

先生たちもこの期間に交代で夏休みを取るので、休暇でいなくなる人。休暇明けで初めましての人。毎週月曜日は大人も子どもも、半分くらいのメンバーが入れ替わっていた。
子ども同士でも、一緒に遊んでいた子が、休みに入ったら、また別の友達と遊ぶし夏休み明けに、急に保育園に来ても誰か友達を見つけて普通に遊び始める。

自分のいつも通っている、保育園ではないのに仲良しの子がいるとは、限らないのに不安そうにする子どもがいないことに驚いた。
泣く子もいなかった。

園庭では、色々な園の先生が集まって、子どもを見ながら世間話をしたり
情報交換をしていた。私も園庭にいると子どもと遊ぶより先生たちと話すことが多かった。

もちろん、子どもに誘われたら遊んだりするが、基本的に大人と遊ぶことより子ども同士で遊ぶことを学ぶ場所という意識が強いのでほぼ見守りなのだ。

いい季節だよね。
うちの庭でベリー取れたのよ。
あ! 食べる? 
明日持ってこようか?
と、庭で採れたベリーをくれたり、ケーキの美味しいカフェを教えてくれたり、地域の情報も色々教えてくれた。

お礼に家で折り紙を折って持って行くと、もう休暇に入っていていないなんてことも多かった。まさに一期一会の場だった。

とにかく、みんながその場にいることを受け入れていて、のんびり、穏やかに過ごしている。保育園なのに、私の知っている保育園のイメージとは違った。

「色々な人がいる保育園」

そんなある週明けの月曜日所属の保育室に入ると、いつもののんびりとした雰囲気とは違った。
「ねぇ!!! あの人誰!?」
とキャッキャした女子が、腕や服を引っ張り突撃してきた。浮き足立っている。そんな雰囲気だ。

その視線の先には優しそうな雰囲気の、20歳前後の男の人がいたちょっとイケメン。少し小さな子ども用の椅子に座って、男の子たちとレゴをしていたのだ。

「え? 誰だろ? 私も知らない」
「今日このクラスにいるのかな?」
「いつまでいるのかな? 
 ごはん食べるのかな?」
「自分で聞いてこれば?」
「恥ずかしい!!! 聞いてきてよ!」
「じゃあ一緒に聞きに行く?」
「ムリムリー!!」


なにこのやりとり。懐かしー。


日本の保育園で働いていた時も、若い男の保育実習生がやってくると
同じようにおませ女子たちがキラキラした空気を出すのだ。

フィンランドで暮らす彼女たちもしゃべる言語は違っても一緒だなー!と思わず笑ってしまった。

彼はボランティアとして園に来ていたのだ。

どんなボランティアなのか聞いてみると、フィンランドでは
18歳以上の男性には兵役義務がある。

しかし、何らかの理由で兵役免除を受けたい人は、図書館や高齢者施設
また、こうした保育園などで奉仕活動をするそうだ。
彼はその奉仕活動として保育園にやってきた人だという。

保育園には色々な大人がいて、子どもたちも色々な友達と遊んで大人も色々な人と交流する。

子どもに多様であることを教えるよりこうやって色々な人がいることが
当たり前の環境で色々な人と自然とコミュニケーションをとっていける。

用意された機会だけでなく、自然にそんな機会がたくさんあれば
いいなと思った。

”多様性”と言われるとなんだか難しく考えてしまうけど、、

みんながそこにいることを受け入れて受け入れられて、みんなが安心していられる。この夏のフィンランドの保育園のような場所が”多様”と言われるものなのかもしれない。

***

 

(ビッグチキン)