仲間意識を持った人々がとてつもなく開花する


1つの成功が10年後の新たな成功を生むパターンリンク

 

***

「自分には語学の才能がないから」「ウチの子は数学向きの頭をしていない」「スポーツにはそもそも向いていない」……などと言って、自分や他人の可能性を諦めてしまった経験はないでしょうか。


2003年に2人のアメリカ人心理学者、グレッグ・ウォルトンとジェフリー・コーエンが興味深い実験を考案した。イェール大学学部生の一団に、解くことができない数学の問題を与えたのだ。だが、しかけが1つ施してあった。前もって学生たちには、かつてイェール大学で数学を学んだネイサン・ジャクソンという人物が書いたレポートを読むように言っておいたのだ。表向きは数学科について若干の予備知識を与えるという口実だったが、じつはこれが研究者2人の策略だった。

じつはジャクソンというのは架空の学生で、実際にレポートを書いたのはウォルトンとコーエンだった。「ジャクソン」はレポートの中で、どんな仕事に就くべきかわからずに大学に来て、数学に興味を持ち、現在ではある大学で数学を教えているという経緯を語っていた。レポートのなかほどには、ジャクソンの個人情報を一部記したコマがあった。年齢、出身地、学歴、誕生日。

さて、うまいのはここからだ。半分の学生については、ジャクソンの誕生日はその学生自身と同じに変えてあった。残りの半分の学生には変えていないものがわたされていた。「数学に長けた人間と誕生日が同じ、というなんの関係もないことが、動機を刺激するかどうか調べてみたかったのです」と、ウォルトン。学生たちはそのレポートを読んだうえで難問を解くよう求められたのだ。
ウォルトンとコーエンが驚いたことに、ジャクソンと同じ誕生日の学生たちの動機水準は少々上がったり、はね上がったりしたどころではない。激増したのだ。誕生日が同じ学生たちは、そうでない学生たちに比べて65パーセントも長く、解けない難問に取り組み続けた。また、数学に対してもかなり積極的な態度を見せ、自身の能力をより楽観的にとらえていた。はっきりさせておくと、学生たちはジャクソンのレポートを読むまで、数学に取り組む姿勢はみな同じだった。

「学生たちは1人ひとり部屋に閉じこめられてテストを受けました」と、ウォルトンはジャーナリスト、ダニエル・コイルの取材に語っている。「ドアは閉められ、学生たちは社会的に隔離されていました。それでも(誕生日のつながりは)意味を持ったのです。彼らは一人きりじゃなかった。数学への愛と関心が彼らの一部になったのです。理由は本人たちにもわかりませんでした。ふいに、やっているのは自分一人じゃなくて、自分たちになったのです。

こういったできごとが強い効果を持つのは、これらがささやかで間接的だからではないかと我々は考えています。同じ情報を彼らに話していれば、彼らが気づいていれば、効果は小さかったでしょう。戦略的にやることじゃない。考えてみもしないから、有効だと思わない。無意識なのです」。

ここで機能しているものは「関連づけによる動機」と呼べるかもしれない。潜在意識に深く焼きついて、動機反応の火つけ役になる、ほとんど気づかれないささやかなつながりだ。イェール大学の学生たちの場合、そのつながりは誕生日で、こんなぐあいに強い揺さぶりをかけたのだ。

「この男とは似たところがある。彼は数学で本当にすばらしい成果をおさめた。自分もそうありたい!」。

コーエンはこう語っている。「属したい、つながりを持ちたいというのは人間にとってもっとも重要な意欲の一つです。こういったつながりを維持したいという基本的動機が人間にあらかじめそなわっているのは、ほぼまちがいないことです」。

■傑出した才能が生まれるまでの時間
どの例でも、最初のうちは比較的緩やかに花開き、(トップ100の)選手が10人以上に達するには5年か6年を要する。最初は刺激が弱くて、そのあとしだいに強くなったせいではない。これにはもっと根本的な理由がある。深みのある練習には時間がかかる(最高のバイオリニストたちは、20歳になる前に平均1万時間の練習を積んでいた)。才能は、タンポポが郊外の地面を広がるのと同じパターンで、この集団の中に広がる。1つの綿毛がやがていくつもの花を咲かせるように。

視野を広げれば、このパターン(力強い意欲の火花に続いて、10年かそこらで花開く)が何度となく姿をあらわす。1962年にスウェーデンのハンス・アルセアが卓球のヨーロッパ選手権で優勝した。当時、この予想外の勝利は国中を魅了した。その9年後、幼い頃アルセアの成功に目を見張ったステラン・ベンクソンが世界選手権で優勝し、20年間にわたりスウェーデンの非常に高水準な成功を牽引した。

このパターンは筆者のふるさと、レディングが1980年代に卓球で驚くべき成功をとげたことにも見られる。1970年に地元の少年サイモン・ヒープスが、国際ジュニア卓球選手権よりもはるかに大規模でもっとも有名な競技会、ヨーロッパユース選手権で優勝したのだ。

この勝利が注目されたのは、レディングにはとくに卓球の歴史も伝統もなかったからだ。
 

***

 

(匿名希望)