イジメをなくそうっていう発想ではイジメはなくならない!

今日はやまずんのお誕生日でした :m030: (おめでとぉ~ :m001: ) お昼休みにプレゼント :m176: とケーキ :m272: を買いに梅田へ :m083: 行ってきましたみねこです。 梅田はたくさんの人で溢れ返っていました :m107: :m107: さてさて今日は :m151: や :m174: でも話題のいじめの話をしようかなぁと思います。 :m146:   :m148:    :m147:    :m149:    :m146:   :m148: 私の学生時代(現在25歳)のイジメは、 輪番制でした。 昨日まで仲が良かったのに、次の日になったらハミゴ :m031: その順番はグループ内で回っていました。 人によって、長さ(1週間とか1ヶ月とか)は違っていましたが、いつか回ってくるかも… ってドキドキしたものでした。 (みんなひたすら静か :m004: に耐えていました… :m200: ) 会社に入って話すと、先輩方はびっくり :shock: イジメられる子は特定の子だったそうです! 年代によっていじめの形態 :m252: が違うって結構衝撃でした :m008: :m008: (ちなみに皆さんの年代はどんな感じでしたか?!) しかし、(時代として)イジメがなかった!!っていうのは聞いたことがありません… どうしたらイジメはなくなるんだろうなぁ~ :m050: と思いながらネット :m174: 探索をしていると… イジメをなくそうっていう発想ではイジメはなくならない!という記事を発見! どういうこと :m050: :m050: って思った方続きをどうぞ☆ :m023: ↓↓ランキングに参加してます :m001: ↓↓ぽちっとヨロシクお願いしま~す :m072:

クリック :m092: 協力ありがとうございました :m001: :m001: 私が発見した記事 :m136: :m186: はこちら↓   :m215:    :m216:   :m217:   :m218:    :m219: 福岡の「いじめ自殺問題」を契機に、“いじめ”がまたクローズアップされている。相変わらず大人たちからは“いじめをなくそう”という発想しか出てこない。 私権意識(他者不信や敵視)を前提とした大人たちの価値観からは、これが限界なのかもしれない。 しかし、脱私権・仲間収束という現実に立てばまったく異なる答えが見えてくる。つまり仲間で共有できる課題が必要なのだ、ということが・・・ 問題解決の糸口は“いじめをなくそう”というスローガンではなく、“いじめに変わる課題”をいかに提示できるか、にあるのだと思う。  :m215:    :m216:   :m217:   :m218:    :m219: 確かに…いじめが起こりやすい時って小学校の5・6年生とか、中学1・2年生だった。 不思議と文化祭 :m063: や歌声祭 :m069: があるときには下火 :m002: になっていた…。 そして、中3になるといつの間にかいじめがなくなっていた… みんなの絆を深めるような課題がほしくってとっかえひっかえ対象を変えていたんだ :shock: イジメって自分達で作り上げた課題! みんな、夢中になれる課題が欲しい :m106: これが本心 :m021: それだったら、いくらでも答えはある :m027:まずは探すことを課題にすることも出来る。 イジメをなくそうっていう発想ではイジメはなくならない!” みんなに伝えて :m186: いきたいです :m044: