食の作り手が見えない子どもたち

おはようございます :m005: やまずんです :m044: 176.jpg :m230: ネットで買えるなんで屋カード :m230: みなさん、朝ごはんは何を食べましたか~ :m239: :m052: 食べてないなんて人も結構多いのではないでしょうか :m108: :m050: かくいう私も、一人暮らし&料理苦手 :m104: なので、 コンビニおにぎりやパン(ひどい時には、お菓子 :m272: だったり)・・ ヤバイ:m004: 今日、みなさんにオススメする投稿はこれ :m118: 食の作り手が見えない子どもたち 最近の子供たちのご飯事情 :m271: です。 続きが気になる方は・・ :m001: ぽちっ :m008: とヨロシクお願いしま~す :m043:

私が子どもの頃は、朝起きると朝ごはんができていて、夜、部活から帰ると晩ごはんができていた。その当時はその有り難さに気づかなかったが、大学で一人暮らしを始めた時に、家に帰るとご飯ができている有り難さ、母親の苦労に感謝したくなった。 今の子ども達は、親が食事を作ってくれる有り難さを知る機会がなくなってきている。朝食を食べない子どもが増えているのは、親が自分の都合で朝食を作らないのが一つの原因になっている。 >「子どもは朝自分でカップ麺を出してきた。食べないよりマシかと思い要望通り食べさせた」(39歳) >「日曜日の昼食は作るのも面倒くさいので、ハンバーガーショップでも『ま、いいか』と思った」(40歳) >「今週は忙しくて食事の支度に時間がかけられなかった」という主婦(38歳)の多忙の理由は、週3回午前中にしていたテニス。 リンク 呆れるほど自分勝手な言い訳である。面倒だからと言って、ファーストフードや惣菜などを食事に出す。あるいは、作らない。子どもはこれが当たり前と感じ、例え、手料理が出てきたとしても、ファーストフードと同じ感覚で食べてしまう危険がある。 誰が作ってくれているのかを、しっかりと見ることがないまま、誰に感謝するのかを知らぬまま育ってしまう。 このような環境で育った子どもたちが社会に出ると思うとぞっとしてしまう。 (食の作り手が見えない子どもたち せんべい汁さん)         :m147:    :m148:    :m233:    :m232:    :m149:    :m146: 確かに・・・ :m002: 都会の子供に鶏の絵 :m233: を書かしたら、足が4本だったりする :shock: っていうのは有名な話・・ :m109: ご飯がどうやって、どんなに苦労して作られてるかってなかなか知る機会がない :m110: そういえば、昔私も「これ、まずい~ :x 」なんて言って、農家育ちの両親に「そんなこという奴は、メシ喰うな :m051: 」って怒られたけど、作ってくれた人の苦労って、なかなかピン :m051: とこなかったな・・:m004: そう考えると、自然の恵み :m146: 、作る人への感謝の気持ち :m023: を体感するためにも、 突破口は、農村に全寮制の学校を作ること は、かなり有効な答えになりそう :love: