部下に対して問う言葉☆

 仕事がうまくいく条件.jpg ども :m034: あこりんです :m030: 新作カード☆いかがですか :m052: 絵にこめられた想いがすっごく伝わってくる、勢いのあるカードですよね~ :m023: 絵の作者であるサケン店主も言われてますが、チームで仕事をやっていて、 『最終突破方針! 』が確定できたとき、そしてそんな課題に向かっているときって、 ホント活力湧きますよね。 そうやって、チームが一つになれるのも、現実に根ざした状況をきちん認識して、 構造化して突破方針を出している=課題化できているからなのです。 そんなチームのリーダーが、部下に対して接するときに、心がけている言葉があります :m022: それって、どんな言葉?? :roll: :m023: ↓↓ランキングに参加してます :m001: ↓↓ぽちっとヨロシクお願いしま~す :m072:

:m215:  :m216:   :m217:   :m215:   :m216:   :m217:   :m215:  :m216:   :m217:   :m215:   :m216:   :m217:   :m215:   :m216:   :m217: 現実、仕事はチーム(集団)でないと達成できません。これは、人類が外圧に適応する際に、個体の能力に頼るより、集団で適応するほうに可能性を見出したという自然の摂理です。 そして、適応のためには、単に個体の寄せ集めではなく、それぞれが役割を担い、統合されていること が必要です。                      :m147: :m147: :m147: リーダーの役割とは、部下が役割(彼の課題)を鮮明にとらえているか?成果に向かう思考になっているのか?その際の、判断軸が彼の頭の中に像を結んできているのか?を注視すること。 そして、そうなってない場合の、状況認識や判断軸などの不足ポイントを注入してあげることです。                      :m147: :m147: :m147: リーダーが出す答えの生命部分は、このように彼が自ら考えることのできる、状況認識や構造認識を提示することです。だから、部下に対して、 『何でそう考えたのか?』 を問うのです。                      (『チームやリーダーは何のために存在するのかを考えることから』 より抜粋) :m215:  :m216:   :m217:   :m215:   :m216:   :m217:   :m215:  :m216:   :m217:   :m215:   :m216:   :m217:   :m215:   :m216:  

リーダーは、チームの成員が “役割を鮮明に捉えることができているか?” “成果に向かう思考になっているのか?”  “ 判断軸が像を結んでいるかどうか?” を注視しているんですね :m049: そして、捉えることができていなかったら、きちんとした思考に向かうように、 『何でそう考えたのか?』 を問い直してくれるんです :m051: カードに描かれた馬の中の、リーダーの目がとっても優しい :m034: というのも、こうやってチーム一人一人をそして全体を見守ってくれているからなんだと思います。 そんな思いのつまった新作カード :m208: オススメです :m023: