会話はキャッチボール☆.。.:*・°

どうも :m034: あこりんです :m030: 路上で人気の なんで屋カード :m023: 作成を始めた約2年半前から現在までで、 どれくらいの数のカードが販売されていると思います :roll: :m052: なんと、その数 :m208: 19万枚 :m208: なんです :m049: :m049: (参照:リンク ) そんな中でも、もっとも人気のカードは、 想うって相手の心と書く.jpg 『“想う”って、相手の心と書く、大切なのは相手の気持ちをわかるということ』の、チワワバージョンです :m049: :m049: そこで、今日は、この『想うって』カードの紹介をします :m030: :m023: ↓↓ランキングに参加してます :m001: ↓↓ぽちっとヨロシクお願いしま~す :m072:

:m215:  :m216:   :m217:   :m215:   :m216:   :m217:   :m215:  :m216:   :m217:   :m215:   :m216:   :m217:   :m215:   :m216:   :m217: 『会話は、キャッチボール☆』 会話は、よくキャッチボールに例えられますよね♪ では、キャッチボールする時のこと、想像してみて下さい。 ボールを投げる前、何をしますか?? 相手の様子を見ますよね? ~ちゃんと、こっちを見てるか?構えてるか?~ 確認してから、ボールを投げますよね♪ 「この辺に投げたら、捕りやすいかな?」とか、 「慣れてきたから、ちょっと速度をあげても捕ってくれそう!」とか、 相手の様子をみて、それにあわせてボールを投げる。 だから、キャッチボール=会話が成立する! 想い(思い?)が伝わらない時、こんな状況になってませんか? 相手の様子を全く見ずに、相手が構えてないかもしれないのに、自分の投げたいように投げたらどうなる??きっと、捕れないですよね。。 会話も一緒です♪ 相手は、どんな状況に置かれてる?どうしたら伝わりやすい?これを考える=相手を見ることで、想いは伝わります☆ ( ’想う’って・・デモ事例 『会話は、キャッチボール☆』より) :m215:  :m216:   :m217:   :m215:   :m216:   :m217:   :m215:  :m216:   :m217:   :m215:   :m216:   :m217:   :m215:   :m216:

この『想うってカード』は、  “思いが思いどおりに伝わらないのはなんで?” のお題に答える中から生まれた言葉を、カードにしたものです :m034: 『“想う”って、相手の心と書く、大切なのは相手の気持ちをわかるということ』 想いを相手に伝えるときには、 相手がきちんと受け止めることができる状況にあるのか? そして、どうやったら相手に伝わるのか? 相手の気持ちを考えてみてください。 そうすれば、必ず相手に想いは伝わります :m023: