真似ぶことが成果につながる!

自分にこだわればこだわるほど.jpgこんばんは :m208: さあさ :m194: です。 明日は、なんで屋さん@大阪教育大学の 大学祭に、お手伝いに行くのでとってもうきうきしてます :m027: :m029: どんな学生さんたちと出会えるのか期待をふくらませ、元気に行ってこようと思ってま~す :wink: さてさて、なんで屋さんでお手伝いをしてくれている大学生の子が、露店でうまく成果を出せたきっかけがるいネットの記事にありました。 今日はその紹介です :m192: 課題をうまく成功させる秘訣 :m034: みなさんも知りたいと思いませんか? まずは応援クリックお願いしますね~ :m001: :m023: ↓↓ランキングに参加してます :m001: ↓↓ぽちっとヨロシクお願いしま~す :m072:

>露店に手伝いに来てくれるM君は、塾講師のバイトもしており、しゃべりが上手く、お題をやらせてもそれなりに答えるのだが、しゃべりで誤魔化そうとしてしまう傾向があり、どうもスッキリ感がなかった。 >「もう一回店主の答えを聞いて、素直に真似してみたら?」 とアドバイスすると、「それがなかなか難しいんですよね」という。 「ん?難しい?なんで??」 :roll: >お客さんの期待にスッキリ応えることは、そんなに簡単なことではない。答えを構造化し、前後のつながりを考えてトークを組み立てなければならない。しかし、それを自分一人でゼロから始めたら、いつになるか判らない。だから店主の真似をすることが、一番簡単な充足への近道だ。 >M君は、“自分なりの”答え方やパフォーマンスがしたいだけであって、お客さんの期待に応える、という本来の目的を見失ってしまっていたのだ。 >しかし、最近になってそのM君に店主や師匠の真似をしながら吸収していくという“学ぶ姿勢”が出てきた。ノートやカンペまで用意して、答えや認識を構造的に理解しようという意識が感じられるようになった。 >また、真似ることを意識すると、カード売りの場面でも成果が現れ始めた。むしろM君はカードを勧めるのが上手く、ついたお客さんの殆どが買ってくれた本人曰く「皆さんの真似をしているだけです」とのことだが、逆にこちらが真似すべきコツもありそうだ。 >覚えたお題やカード売りのコツを、ネットに投稿するように伝えた。それがみんなの役に立つということだし、何となく無意識にやっていることでも、あらためて文章にして固定化することにより肉体化されていくのだ。 今後の成長に期待していきたい。 :D ~真似をすることが充足への近道より~ まさになんでやさんのカードにあるように、自分にこだわればこだわるほど、みんな(お客さんや師匠店主たち)との距離は遠くなってしまう んです。:m002: でも、”自分なり”をとっぱらって成功している店主や師匠を真似して、学んで、同化することによってうまくいったんですね :m101: まずは成功してる人の真似をすることがKey! 学生時代のこと思い出して下さい。部活やサークルでスポーツを習うときでも、楽器を習うときでも、まずは上手な先輩の真似をしてましたよね? アルバイトでも仕事でも、仕事をうまくこなしたいとき、仕事を覚えたいときって「できるな~。仕事うまくいおってるなあ」って人を見よう見真似で、それこそ真似してませんか? つまり、成功への近道はやっぱり真似することにあるわけです! 「自分だけうまくいかない :m112: 」って焦ったりいじけたりしないで、まずは周りのうまくいってる人の真似してみて下さいね ! 私も明日、露店お手伝いで早速、真似して同化してやってみようと思ってます :m043: その露店報告はまた次回しますね~! 長くなりましたが、読んでくれてありがとう:m024: 課題をうまく成功させる秘訣まで学べるなんでやさんに、皆さんもぜひ遊びに来てくださいね!