みんな「いい女」になりたいんだ★

こんにちわ:m034: るいです:m022: 最近カード工房は学園祭の話で盛り上がっているので、ここは私も一つ書きたいと思います:m044: 11月3・4日の連休は、とってもお天気がよくて気持ちよかったですね:m005: この連休は、なんで屋露店@学園祭の中でも一番の盛り上がるとき(なんたって、2日間で6回の出店:m051: )だったので、晴れてくれて本当によかったです:m029: なんで屋の露店主たちも盛況ぶりをブログに報告してくれていますので、ぜひ見てみて下さい:m021: ここからどうぞ :m117: 路上で世直し なんで屋【関西】 私自身も、4日に大阪教育大学で出店したなんで屋にお手伝いとして行ってきました:m083: もうわんさか人が来てたいへ~ん:m022::m004: …という状況ではなかったのですが(笑)、思い返してみると、つねにお題が出続けているという状態で、たくさんの人に「なんで?」を聞いていってもらえた露店になりました。 今回は、この露店でわたしが気づいた:m208:ことを書こうと思います:m051: 応援クリック ぽちっ とお願いします :m021:

それは何かと言いますと~:m193: みんな…「いい女ってなに?」ってことに、すごく興味があるんだっ:m051: ってことに気づいたんです:m051: 45.jpg なんで気づいたのか?っていうと、お客さんをなんで屋さんに呼び込むために、歩いている人たちに「こんなのやってるんで来てくださ~い」って声かけをしに行ったんです。 その時に、 「なんで屋さんのお題の例としてはね、『いい女ってなに?』ってお題があるんだよ」 って声をかけると、声をかけたほとんどの女の子(主に中学生・高校生)が、 「へ~マジで!?」とか 「あ~コレあんた聞いとかなあかんちゃうん!?」って食いつく子もいれば、 「きゃ~え~?どうする~?」みたいにちょっと照れる反応をしました。 でも、「へ~…(あ、そう)」みたいな反応をする(=無関心な)人は一人もいなかったんです。 そう、反応は人によって違うんだけど、みんな、絶対反応するんです:m051: 反応するってことは、みんな興味はある=なりたい!って思ってるんだろうなって感じました。 でもきっと、「どうやったらなれるのか?」とか、なろうとしている中身・お題そのままですが、「いい女ってなに?」ってとこがわからないだと思います。 しかも、そのことを追求していく場もないのが現状だと思います。 でも、みんな潜在的には「どうしたらなれるんだろう?」って探している:m051: 考えていく場を求めている:m034: その期待に応えていくのが、なんで屋さんの役目なんだなって感じました :m051: