もう充分に充たされているという感覚☆

周りをよく見てごらん☆.jpg どうも :m034: あこりんです :m030: みなさん、 「何か充足しない」っていうとき、 どうしますか :roll: :m052: 例えば、体の調子が悪いとき、 「あれが不足しているのかも」 「これが足りないのかも?」っと、何かを補う方法にはしりがち。 それと一緒で、 「何か充足しないとき」 「もっと期待してよ」「評価してよ」 「寂しいからそばにいてよ」と、 要求する思考にはしりがちじゃないですか? でも、それでは解決しないのです :shock: :m051: :m023: ↓↓ランキングに参加してます :m001: ↓↓ぽちっとヨロシクお願いしま~す :m072:

例えば、体の調子が悪いとき、それは、何かが不足しているのではなく、 往々にして、摂取しすぎが原因ってことが多いのです。 (参考:るいネット 『食べれば食べるほど疲れる』 ) それは、体の話ですが、心も一緒 :m021: いっつも、 “自分”のことだけ考えていても充たされるわけなんかないのです。 だけど、視点を周りに向けるだけで、 こんなにも充たされていたんだってことに気づくことができます。

:m037:   :m037:  :m020:   :m037:   :m037:   :m020:  :m037:  :m037:   :m020:  :m037:   :m037: 心とか気持ちは、初めから器の大きさが決まってて それをどれだけ割り振るかっていうものじゃないと思うんです。 そんな風には感じない。 むしろ、充たされている時ほど、寛容になっているのが分かる。 人の いいトコばっかが見えてくるし、ドンとこいって感じで、 色んな物事が素直に受け入れられる。 逆に不満がある時、ほんと、心の狭いヤナ奴になる。 心という器は、充たされるほど拡がって充たされないほど閉じてしまっているもの、 そういう流動的なもので、物理的な容器なんかじゃない。 だから私は、単純に、幸せな関係も連鎖してゆくって思います。 ( 『心の器』 より) :m037:   :m037:  :m020:   :m037:   :m037:   :m020:  :m037:  :m037:   :m020:  :m037:   :m037:

何かが足りないんじゃなくて、もう充分、充たされている。 そして、その充足感があれば、もっとも~っと、 『心の器』は拡がっていく :m034: 『心の器』 “いつも”広くありたいですね。 心の器☆充たされれば充たされるほど.jpg