褒め方☆あれこれ

あなたがいるから☆.jpg どうも :m034: あこりんです :m030: みなさん、褒められたらウレシイですよね :m023: でも、全員が全員そうかというと、そうでもないのです。 :m162:  :m164:   :m162:  :m164:  :m162:  :m164:   :m162:   :m164:  :m162:  :m164:   >最近の後輩は、自信が無い。 いい資料をつくったとき、 「よくできているよ~」 いい文章を書いたとき 「すごく良かったよ~」 と、言っても、嬉しくないわけではないとおもうが、 「いえいえ・・・まだまだです・・・。 :m004: 」 「そんな、全然ダメなんです・・・。 :m002: 」と、つれない返事・・・・。 :m161:   :m163:  :m161:   :m163:   :m161:  :m163:  :m161:   :m163:  :m161:   :m163:   :m161:  :m163:  :m161:    こんなとき、あなただったらどうしますか :m052: こんなとき、とってもいい方法があるのです :m051: :shock: :m023: ↓↓ランキングに参加してます :m001: ↓↓ぽちっとヨロシクお願いしま~す :m072:

   :m037:   :m037:   :m020:   :m037:  :m037:   :m020:   :m037:  :m037:   :m020:   :m037:  :m037: 今の若者はみんな自分からみんなに、転換している。 だから、 「自分の成果」では充足できないし、 成功体験として実感しにくいのかも。 (そもそも、「自分の成果」という感覚さえ無いだろうし・・ :roll: 。) だから、後輩自身の成果を評価するよりも、 その後輩の成果によって、 チームや周りが成果をあげた(活力あげた)ことを評価してあげるほうが、成功体験を肉体化できるのかも :m051: また、そのためにも、どんどんチームやみんなの中に 役割をつくってあげたほうがいい :m051: 「今日の君の発言で、会議が活性化してたね~ :m034: 」 「あなたが面倒見てあげてる新入社員、すごくいい顔しているね :m030: 」 「あのプロジェクトは成功したよ!おつかれさま~ :m021: 」 などなど。 みんなの成果が、自身の成功体験と直結している新世代 :m208: どんどん期待していこう!とおもいました。 ( 『「みんなの成果」が、「自身の成功体験」となる若者達☆に期待大♪』 より )    :m037:   :m037:   :m020:   :m037:  :m037:   :m020:   :m037:  :m037:   :m020:   :m037:  :m037:

その人自身の成果を褒めるより、 チームや周りが活力あげたことを褒めるほうが、 その人の成功体験に繋がることも多いのです :m208: 相手やチームが一番活力上がる方法で、評価したいですね :m023: 期待されたらウレシイよね☆.jpg