「仕事が楽しくなった」は、上司の活力UPにも☆

先日、会社 :m257: に 先輩営業マン :m238: に連れられて新入社員 :m254: の子がやってきました :m001: 先輩の話しに“はいっ :m096: :x ” って答えていて とっても初々しかったです :m147: 私の職場にも新入社員 :m254: が何人かいるのですが、、 みんな会社 :m257: にもなれて、力も抜けて :m103: 、仕事にも慣れてきて :m105: 、 とっても助かっています :m101: そんな1年生たちに伝えたいお話を紹介します。 続きを読む前に、応援クリックをお願いします :m023:

上司はね、 「仕事が楽しくなった。」 といってもらえることは、 指導する側の活力 って思っているのです :m001: :m257: :m034: :m257: :m034: :m257: :m034: 仕事の部下への指導場面でも いかに実現するのか、よけいな説明をせず、 この実現経路⇒構造認識をトレースしていくことく:m027: が可能性の気づき :m034: を与えられるのではないかと感じた :m096: いまだ、その途上にあり、その一端でも伝えられれば、気づいてもらえればと思う。 つまり、序列関係ではなく、 協働関係で仕事(課題)に向き合えるようにするにはどうすればいいのか。 これが、これからの指導⇒育成なのだと思う。 「そして、仕事が楽しくなった。」といってもらえることは、指導する側の活力なのである :tikara:  期限つきの課題だからこそ、 各々の課題の可能性を語らずして、 そして気づかずには、成果はあがらない :m051: :m257: :m034: :m257: :m034: :m257: :m034: もう1つお勧め投稿⇒ いい女の先輩たちの活力源☆  知らないこと、わからないことの連続の1年目 :m022: 出来なかった~~ :-( :m004: って落ち込むんじゃなくて、 また新しいこと知れた~ :nihi: :m030: ぐらいの勢いで、 新しい課題にどんどん向かっていってほしいなぁ :m001: