充足の感度をUPさせるコツ♪♪

みなさん、こんにちは~ :m030: 少し暑さが緩んできたような気がする今日この頃。 学生さんも、あと1週間で夏休みが終わりますね :m005: たくさんの夏の思い出 :m267: 、作れましたか?? 楽しかったこと :m034: うれしかったこと :m001: 喜んでもらえたこと :m029: それら(=充足)が、私たちの活力の基盤になっていると思います :m173: 61.jpg 今日は、それらの充足の感度を :m135: :m135: :m135: させるヒント :m208: を教えちゃいます :m030: 続きを読む前に、応援クリックお願いします :m141: :m141:

るいネット定義集の「共認機能」にある、 >正確には、相手の期待に応えて相手の反応を得ること(つまり、期待と応合のやり取り)によって充足を得る機能。 リンク という一文。 これを読み返して、はっとしました*1 「相手の期待に応える」だけでは、足らないんだ・・・。 「相手の期待に応え、相手の反応を得て」初めて充足が得られる。 良く考えると、当たり前のことですね。 相手の反応をみなければ、相手の期待に応えたかなんてわからない! (もしかしたら、期待に応えたと思っているのは自分だけ・・・。) 相手の反応を見ていなければ、喜んでくれたっていう実感も沸かない!! (せっかく喜んでもらってるのに、しらんぷりしちゃってる?!) これを意識すれば、充足の感度、さらにアップするかも~~♪ (充足の感度、さらにアップ↑♪より)       :love:    :nihi:    :wink:    :love:    :nihi:    :wink:    :love:    :nihi:    :wink: 充足のコツは、「相手の反応」をちゃ~んと感じること :m021: 一緒に喜ぶとき、相手の表情をちゃんと見ること。 自分がしたことが本当に役に立っているのか、成果を確認すること。 これって、意外とすっぽ抜けちゃうことあるんです :cry: ものごとの結果(相手の反応、成果)を確認して、 上手くいったことを喜んで、次にも、活かす。 (ちなみに、結果が×だったことも、次回へ活かせます) そうすることで、充足を感じるチャンスも、 相手に喜んでもらえる頻度も :m135: :m135: :m135: していきますよ~ :m106: :m034:

*1:= ̄□ ̄=;