指導上手の秘訣☆

111.jpg るいネットを読んでいて、 なるほどなぁ :m021: と思う投稿がありました。 :m161: :m164: :m162: :m163: :m161: :m164: :m162: :m163: :m161:  同化ってすごい♪  先日、初めて露店でお題をさせてもらいました :m023: 店主さんたちが日頃されているお題のように・・・ なんて、まだまだですが :m004: 、とても楽しく行うことができました :D そして、聞いてくれていた方々もとても素敵な笑顔をしていて、スッキリされているようでした。 「どうして、あんなに充足できたのかな?」と振り返ってみると… 最近きづきをたくさん発信してくださり、そのきづきがみんなの気づきになるという とてもいい循環を作り出してくれているふぇりさんの投稿です :m024: 続きをどうぞ :m034:

みんなが同化していて、お題という課題を共認しようという思いがあったからなのかな と思いました。 もしかして、お題をするときにも同化能力ってとっても大切? お題(=コミュニケーション)をするには、発信者もしくは受信者のみでは行えない。 発信者と受信者がともに存在して成立するものであるし、 それぞれが一方通行であれば、どんなに素晴らしいことを発していても何も伝わらない。  そうではなくて、  発信者・受信者ともに、 相手が考えていることや感じていることを 受け取り感じ合い、 「その期待に応えたい」と思うからこそ、 そのために何が必要なのか を考えて行うことができる。 そのやり取りが積み重なるから、充足 :m020: =スッキリ :m027: ・楽しい :m034: になるのかな? そして、今日。仕事をしていて感じたこと。 「教育・指導でも、相手に同化することが必要なんだ!!」 露店でのお題や教育・指導の場って似てるなと思いました。 それぞれが、店主・指導者、お客さん・後輩や生徒であり。 そう思うと、今までは指導することって苦手だと思っていたけれど、すごく楽しくなってきました。 同化って、すごいですね♪ :m161: :m164: :m162: :m163: :m161: :m164: :m162: :m163: :m161: 相手が理解して始めて“伝わった!”ということ。 だから伝える側も“相手はどうしたら理解しやすいかなぁ :m050: ”と想いながら伝えるし、 聞く側も“相手は何を伝えようとしてくれているんだろう :m050: ”って想うことで、 分かり合えるんですよね。 これは仕事の場面でも、人間関係でも、一緒ですね☆