後輩に楽しく仕事を教えるには・・(*^^*)??

こんにちは、やまずんです :m027: 最近、大阪は暑いくらいのいいお天気 :m005: で、嬉しい限りです :nihi: でも、なんだか春を越えて、夏!?みたいな感じもしますが… :m004: さて、今日は、新入社員も入ってきて、指導役になった方もおられることと思います :m001: その時のヒント :m208: として活かせそうな投稿のご紹介です :m034: これを知ってたら、かなり違います:love: とっておきのヒントです :m021: 続きを読む前に・・ :m034: (ありがとうございます :m095: )

先日、課題を目の前にし、どうしようと悩んだときがあった。 信頼する女の先輩に相談してみた。 そうすると、方針が見えた(半答えをもらえた)ことで、安心したのと同時に、ものすごく活力が出てきた。 この体験を上司に話して、 「なんで、彼女(その先輩)と話すと、あんなに活力がでるんですかね?」 と聞いてみると、 「先ず、不感症ではない。相手を(みんなを)常に感じている。(むしろ感じすぎているくらい・・・。←スゴイ!)そして、『高見に立っていない』。 例えば、期待する時にテストで30点の人が40点に上がったとする。誉めると同時に、次に45点、50点にする為にはどうしたらいいか考える。つまり、これが、課題設定で、相手への期待だよね。そして、彼女はそのあと、決して『でも、まだ100点じゃないけどね』といった言葉は発しない。」 これを聞いて、かなりピンときました。 いままで、誰かと話すとき、どこか 「なんで、この人できないんだろう?」 「何回言ってもかわらない」 といった否定視と同時に 「こんな、簡単なことじゃん。自分はできている。」 と、いつのまにか高見に立った姿勢でいたことに気が付いた。 相手への期待。いい女へのヒントをまた一つもらえた。 先輩へ、上司へ、みんなへ感謝です。 :love: :love: :love: :love: :love: :love: :love: :love: :love: :love: :love: 高見に立たない姿勢 :m051: :m051: :m051: なるほど :m030: 確かに、いい女の先輩を見ていると、 たくさんたくさん教えてくれたにも関わらず、 「ありがとうー :m021: 」ととびきりの笑顔で喜んでくれたり、 「応える謙虚な姿勢に、学ばせてもらってるよ :m028: 」なんて言ってくれたりする :m051: また、ある先輩は、仕事を教える(引き継ぐ)時は、いつも「こんな楽しい仕事あるんだけど、やってみる?」ってスタンスでいるって言ってたなぁ。しかも、その先輩は、実際、常に課題を楽しんでる。 「あたし、こんな楽しい仕事してる :m024: 」って、自慢に想ってるんだぁって・・ :m021: すごい :love: 期待をするときに、こんな充足イメージが湧けば、 期待された方もうれしなっちゃうし、「できる」って思える。 そして、そう思えたら、大概のことは成功できちゃいますもんね :m146: もし、後輩がうまくできなくっても、自らが楽しめた経験から、 「ポイントは、ここだよっ :m030: 」「こうしたら、楽しいんだよ :m021: 」って、明るく教えられちゃう :m044: できたら、「ねっ :m030: 楽しいでしょお~ :m143: 」って、共感できる :m034: こういったいい女の先輩の行動は、とっても勉強になります :m036: みなさんも、ぜひご参考に・・ :m072: