“男”のすごさ、“女”のすごさを感じた時・・・♪

みなさん、こんにちは~ :m034: 気持ちのいいお天気ですね :m005: 今日は、とってもいい女の先輩の気付き :m208: をご紹介します :m030: 32.jpg31.jpg :m021: ネットで買えるなんでやカード :m021: “男”のすごさ、“女”のすごさを感じた時 :love:のお話です :m030: 続きを読む前に… :m208: (ありがとうございます :nihi: )

職場で男の人たちが未明課題のプロジェクトを仕上げていた時のこと。 課題も終わり、もう帰るだけだった私はその様子がとてもステキだったので、お手伝いすることにしました。 試行錯誤し、無事完成☆  達成感いっぱいの帰り道♪ 今日はありがとう!という感謝と未明課題の追求に女がいてくれた、その存在がありがたかった!と伝えてくれたんです☆ とっても嬉しかった~(^^) そういえば、未明課題など難しい課題に立ち向かう男の人ほど“男”と“女”の役割分担なしに、課題は上手くいかないと感じている。 答えを出せる男の人ほど、女の存在の偉大さを感じてくださっている! 確かに、生物が雌雄分化したのも、高い外圧がかかり、それに適応するため。 それは現代でも一緒。 外圧が高くなればなるほど、男と女の役割分化が必要になる。 そして、課題を達成するのに不可欠な相手の存在にありがたさを感じる♪ (外圧を感じるほど “男”のすごさ、“女”のすごさを感じる)     :m215:     :m216:     :m217:     :m218:     :m219:     :m218:     :m217:     :m216:     :m215: な :m053: るほどっ :m003: 学生の頃より、社会人になってからの方が、 「男」「女」としての戦力度が問われてくるなぁと思っていたのですが、 それは、当然その分外圧が高いからなんですよね :m022: そして、その方がよりずっと成果度も充足度も大きい :m261: これからは、どこの企業も厳しくなっていきますが、 「男女役割分担」がより進み、もっと成果度充足度が :m135: するんだろうなって思います :m030: そのためには、集団(企業)としても、磨き合う仲間の存在が欠かせませんね :m143: みなさんの周りから、作って広げていきましょ :love: