人は1%も脳を使っていない!?

みんなの期待に☆ どうも :m034: あこりんです :m030: タイトルの『人は1%も脳を使っていない』についてですが、要するにほとんど使ってない そうなのです、これって驚きじゃぁないですか :shock: :m052: だけど、その現状がわかったら、 『どうする?』も見えてきそうですよね :m023: 今日は、「苫米地英人」氏の本を読み解いた、るいネットの投稿から紹介します :m051: 続きを読む前に、応援クリックをお願いします :m023:

:m037:   :m020:   :m037:   :m020:   :m037:  :m020:  :m037:   :m020:  :m037:  :m020:   :m037:   :m020:  :m037:  :m020: ●人は1%も脳を使っていない=怠惰な脳 >人間の脳で使われるのは全体の1%くらいだとよく言われていますが、実際は1%も使っていません。その数百分の一程度しか使われていないのです。(中略)脳はフル活動しようとしても、エネルギーが足りないのです。だから、脳は手抜きが「超得意」なのです。 ●盲点=スコトーマに気付け >私たちの認識は、自分が見たような気になっていても、じつは何も見ていません。これも脳の手抜きの結果です。たとえば、「自分の家の玄関の絵を描いてください」と言っても、誰も正確に描くことができません。 >人間は見ているつもりになるのがうまいため、「もう見たよ」と記憶に入ってしまいます。でも、正確には入っていません。細かいところまで知っている気になっているだけなのです。これを「スコトーマ」(盲点)と言います。要するに、人間は重要なところしか認識しないということです。 ●そのためにはゴール=目的は高く持て つまり人の脳はものすごい力を持っているのに、活力が足らないが故に常に怠惰なのです。 では、手抜きが超得意になってしまった脳をもっと活用するには、どうすればいいのか? どうすれば、スコトーマ(盲点)に気づけるのか? その鍵を握るのが、「ゴール」(目的意識)です。 >自分でゴールを設定すると、ゴールの達成のしかたが見えてきます。そのゴールが本当にリアルになったとき、自分にとって重要なものが決まります。それによって、いままで見えなかったもの、つまりゴール達成の方法が見えてくるのです。 目的意識を持つことが、『実現脳』を手に入れるための一条件と言えそうです。 参考(引用元):苫米地英人『「1日10分」で脳が生まれ変わる』 ( 『苫米地英人「実現脳」論1~人は1%も脳を使っていない』 より) :m037:   :m020:   :m037:   :m020:   :m037:  :m020:  :m037:   :m020:  :m037:  :m020:   :m037:   :m020:  :m037:  :m020:

>人の脳はものすごい力を持っているのに、活力が足らないが故に常に怠惰 なんとも、そのとおりな気がします。 その活力を保つためにも、目標を立てることが大事だということですが、『営業成績を○○まで上げる』とか、『○○の資格をとる』とか言ったところで、その目標が達成されてしまえば、活力は衰弱してしまいます。 >>●目的意識の再生はみんな期待に応えることからはじまる >>目的意識とはどのようにして形成されるのでしょうか? >>目的意識(≒主体の内側に形成される内圧=活力を明確に言語化したもの)は主体が置かれた環境(≒外圧)に適応するべく形成されるものです(外圧=内圧の原理)。そして時代の外圧は貧困の消滅によって、私権圧力から共認原理へと転換しています。ですから新しい目的意識は、外圧=まわりの共認圧力(期待や評価)を内圧(=期待への応望)に転化することによって構築されるものなのです。 外圧状況によって、目的は変わってきます☆ 「目的意識の再生はみんな期待に応えることからはじまる」 みんなの期待をしっかりとつかんで頑張っていきましょう☆.。.:*・°