あなたはいくつの『どうする?』を見つけられますか?

こんにちは~ :m030: 85.jpg :m268: ネットで買えるなんでやカード :m268: 私たちは、日々、 「もっとよくなりそうだな~ :m208: 」 「なんかうまくいかないな~ :m050: 」ってことを、 うまくいかせていくことで、進化=適応 :m034: しています。 それが、「生きる」ってことだと思うのですが、 大きな壁にぶつかった時、どうしたらいいかわからなくなって :m053: 、 「あいつのせいで・・ :m252: 」 「自分がダメだから・・ :m273: 」 なんて、思ってしまうことありませんか :cry: ? 気付かないうちに、 「あ~、ダメだぁ :m097: 」なんて現実を否定ばかりしてしまったりして・・ :m252: :m252: そんなときに、先輩に教えてもらって、視界がパッ :m208: と開けた言葉を紹介します :m062: 続きを読む前に応援クリックお願いします :m072: (ありがとうございます)

あなたはいくつの『どうする?』を見つけられますか? 今日はネットサロンで、実現論を使わずに、共認機能と自我回路の獲得過程の勉強会をしました♪ やり方は、その当時の逆境や状況をイメージし、「じゃあ、そんなときどうする?」と猿になりきって考えるというもの。 例えば、自我回路の発生のところでは、以下のように問いを立ててみんなで考えます。 『本能不全を乗り越えた猿たちは、共認機能をどんどん進化させて、知能を発達させていきました。でも、課題共認や役割共認や規範共認がうまくいったときは、みんな充足を得ることができますが、うまくいかないときもあります。その場合、いったいどうなったのでしょうか?』 すると、パッと思いつくだけでもこんなにたくさん出てきました(@o@) ●もっと頑張る ●ふてくされる ●やる気失くす ●モヤモヤする ●途方に暮れる ●気分転換する ●やり方を変える ●八つ当たりする ●集団がバラバラになる ●怒る ●人のせいにする ●落ち込む ●諦める ●誤魔化す ●逃げる 逆に言うと、この数だけ、変化のパターンはあるということ。 で、それで適応できたら進化したことになるし、適応できなかったら滅亡してしまう。 この繰り返し。 だったら、なるべくいっぱい思いついた方が、いいんじゃないかな。 だって、比較検討して最も可能性のありそうな方向を選べるし。 一つダメでも、別の方向に切り替えられるし。 デキル人っていうのは、「この状況ならこの中で一番有効そうなのはこっち、状況がこう変わったらあっち」「それがダメならこれ、これでもダメならあれ」っていう風に、次々と『どうする?』に対する切り口が出てくる。だから不可能視したり不安になったりする必要がないのかぁ!! (ただし、思いつくだけで、結局どこにも向かわないとか、試したのに可能性判断保留にするとかは、意味ないですけど。。)       :m161:     :m161:     :m161:     :m161:     :m162:     :m162:     :m162:     :m162: 手持ちのたった1つの方法が上手くいかなかったとしても、 「この方法では、上手くいかなかった」、ただそれだけなんです :m051: 落ち込んだり、自分(や相手)はダメだなんて思う必要ありません。 単に、別の方法でやってみればいいだけ :m030: そう考えてみると、 「とことん色んな方法試したらいいや」って、目の前がパアッ :m034: と明るくなりますよね :m102: 「ダメだぁ~ :m004: 」ってなった時は、別の方法をとことん探して実践してみる :m030: みなさんも、やって見て下さい :love: