呼吸を合わせる☆

相手を想う☆ どうも :m034: あこりんです :m030: 最近、同じネットサロンのメンバーにすすめられて作法の本を読みはじめました。 作法って聞くとなんだか堅苦しく感じますが、そこには常に『常に相手を想う心』や、 『無駄のない効率的な動き』など、理にかなったとても美しい心があることに気づかされます。 その中でも、今日はお辞儀についての作法をるいネットから紹介します。 ここに気をつけるだけで、とっても気持ちのよいお辞儀ができるのです :m023: 続きを読む前に、応援クリックをお願いします :m023:

:m037:   :m020:   :m037:   :m020:   :m037:  :m020:  :m037:   :m020:  :m037:  :m020:   :m037:   :m020:  :m037:  :m020: 最近、作法の本を読みました。 きっかけは、職場で「座る姿勢が悪いよ」と言われたことだったのですが、読み進めていくと、作法の背後に流れる理や、相手やモノに対する想いの深さ に感動してしまいました。 少し紹介してみたいと思います。 ~~引用~~ 書籍:小笠原流礼法で強くなる 日本人の身体 より (中略) ●お辞儀の作法 >礼をするときは、ゆっくり息を吸いながらお辞儀をし、吐く息だけその姿勢でとどまり、また、息を吸いながら起き上がってみてください。 呼吸は誰でも一定ですから、わざわざ時間を数えたりしなくても、呼吸に合わせてお辞儀をすれば、状態を倒す時間と起こす時間は同じになります。おのずと、ゆったりとしてスムーズな礼になる のです。なめらかで、かつ美しい動作をする秘密は、動作に呼吸を合わせるのではなく、呼吸に動作を合わせるのです。 >相手の「呼吸に合わせること」は相手と「心が通うこと」に通じるのです。日本語には「息が合う」「息を合わせる」という言葉があるように、相手に呼吸を合わせられれば、「この人とは気が合うな」という好印象を持ってもらえます。 ( 『日本の作法ってすごい! ~充足規範に貫かれている。』 より) :m037:   :m020:   :m037:   :m020:   :m037:  :m020:  :m037:   :m020:  :m037:  :m020:   :m037:   :m020:  :m037:  :m020:

呼吸に気をつければ、相手をお見送りするときなども、心地よく送ることができそうですよね。加えて、初対面の相手と会話をするときなどは、『呼吸』に気をくばる と、より相手に安心してもらえそうです。 文中にもあるように作法とは、堅苦しいものではなく、こうしたら相手が気持ちよく過ごしてくれる。モノが痛まず、長持ちする。健康でいられる。などといった、日本人が長い年月をかけて培った、充足規範です。 他にもあるので、また紹介していきます :m034: